社用車とVATのラッピング

サービス税

VAT納税者は、事業活動に自動車を使用します。原則として、VATは購入および運営費から差し引かれます。乗用車の場合、カウントダウンに制限を適用する必要があります。疑問は、VATの控除と社用車のラベル付けによって提起されます。理由を見てみましょう!

乗用車のラッピング

冗談で。 86秒VAT法の1は、納税者は、商品またはサービスが課税対象の活動を実行するために使用される範囲で、仮払消費税の額だけ納税額を減額する権利を有することを示しています。

原則として、事業用および私用の両方に使用される、許容総重量が3.5トンを超えない自動車の運転または使用に関連する商品およびサービスを購入する場合、納税者は投入物の50%を控除する権利があります。税額(VAT法第86a条(1)および(2)(3))。

冗談で。 86a段落3点1点灯。 a)VAT法では、自動車が納税者の事業活動のみに使用される場合、仮払消費税の控除の制限は発生しません。この場合、納税者は、取得時に仮払消費税の全額を控除することができます。美術。 86a段落VAT法の4ポイント1。彼は、納税者によるこれらの車両の使用方法、特に彼が確立した使用規則で指定され、さらにこれらの車両の納税者の走行距離記録によって確認された方法が、これらの車両の使用を妨げる場合に、そのような使用が行われると指摘します。経済活動に関連しています。

車両の走行距離の記録は、以下を使用する納税者が保持する必要はありません。

  1. 乗用車以外の、壁または恒久的な仕切りによって商品の輸送を目的とした部分から分離された、1列の座席を備えた自動車:

    • 道路交通規制に基づいて、次のサブタイプに分類されます:多目的、バン、または
    • 荷台部分を開いた状態。
  2. 乗用車以外の自動車で、1列の座席を備えた運転室と、車両の構造的に分離された要素として荷物を運ぶことを目的としたボディを備えています。

  3. 特殊車両。

ご覧のとおり、規制には、記録を保持し、テープで留められた車を乗用車に報告することの免除は含まれていません(完全にでも)。

したがって、そのような車には制限を適用する必要があります。このような立場は判例法によっても確認されており、その一例は2016年7月12日のグダニスクの地方行政裁判所の判決です。行為ISA / Gd 538/16、ここで私たちは読むことができます:

「(…)車両がビジネスにのみ使用されるという事実は、客観的な観点から検討する必要があります。 VATを完全に控除するには、2つの累積条件が満たされている必要があります。つまり、納税者がこれらの車両を使用する方法、特にその使用に関して、私的目的での使用を除外し、私的使用の除外を確認する必要があります。これらの車両走行距離記録の納税者。 (...)

(...)上記を考慮して、車両の取り付けの実際の状態がアートに基づく控除を可能にするという申立人の立場。アートを省略した86セクション1。 VAT法の86a(...)」。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

社用車のラッピング-完全なVAT控除の対象となるのはいつですか?

カーラッピングサービス自体からVATを全額差し引くことができます。これは、提供された説明で税務当局によって確認されています。その一例は、2015年2月16日のワルシャワの税務署長の個別の解釈である可能性があります。 IPPP1 / 443-1397 / 14-2 / JL、私たちはそれを読んでいます:

„(...) 当社が自動車のラッピングに要した費用は、国会議員がアートに記載した費用を構成するものではありません。 86a段落法第2点第3項、自動車の使用に関連する費用であり、芸術の規定の適用により決済の対象となります。 86a段落行為の1。会社のロゴとデータが付いた車にステッカーを貼っても、これらの車の操作と使用には影響しません。したがって、当社が購入したカーラッピングサービスは、アートで言及されている自動車に関連する費用の概念には含まれません。 86a段落見せかけの日々の1と2。

当局の見解では、購入したサービスは、申請者が実施する事業活動の一般的な費用を構成します。会社のロゴと連絡先の詳細が記載されたステッカーで車にラベルを付けることで、会社は会社に関する情報を簡単に提示でき、会社の広告の一形態を構成することもあります。これらの機能を実行することにより、購入したサービスは、当社が実施する課税事業活動および売上高の獲得に間接的に関連しています。

したがって、アートの規定を記載する必要があります。 VAT法の86aと、分析されたケースでの仮払消費税の控除に関する結果としての制限は適用されません。したがって、アートの規定に従います。法第86条に基づき、当社は、当該サービスの購入の請求書に課される仮払消費税の全額(法第86a条に起因する制限なし)を控除する権利を有します。 (...) "。

上記に関連して、自動車の広告費は、車両の操作または使用に関連しているとは見なされません。広告は、それが取り付けられている自動車ではなく、納税者によって行われる事業活動に関連しているためです。したがって、広告が課税対象の活動のみに関連していると仮定すると、広告車両ラッピングサービスの購入を文書化した請求書からVATを全額控除するのが正しいです。

例1。

納税者は、会社の宣伝目的でカーラッピングサービスを購入しました(会社のロゴ)。車両が課税対象の活動の目的で使用される場合、彼はサービスの請求書からVATを全額控除できます。