事業登録の義務を果たしたことのない自然人の破産宣言

サービス

実際に事業を営んでいるが、非公式に多くの借金を抱えており、未払いの義務を果たさない人はどうすればよいでしょうか。自然人は、実際の事業を登録したことがなくても破産を宣言できますか?

破産法の規定は、実際の経済活動が行われる状況を規定していますが、そのような人が関連する登録簿への登録申請を提出したことがないため、正式な性質のものではありません。そのような人が必要な債務を支払うことができない場合、破産を宣言することは可能ですが、満たされるべき時間条件がまだあります。

アートによると。破産法第9条では、債権者は、当該登記簿に報告する義務を果たさなかった場合でも、その日から1年以内であれば、実際に事業活動を行った自然人の破産を申し立てることができます。事業活動の停止の。

正式な事業活動の問題と1年の期限を明確にすることは特に重要です。事業活動の形式が適切な登録簿への記録に関連していることは明らかです。ただし、多くの場合、登録簿にアクティビティを入力する義務が実際には履行されていない場合がありますが、その保持は行われます。

経済活動に必要な属性

経済活動の定義は、第3条の起業家法に規定されており、経済活動は、自らのために継続的に実施される有益な活動として組織されています。これらの属性により、活動は経済活動として実行されます。

実際には、自然人が事業活動を行っていることを認識するために、関連する登録簿の登録ファイルは無関係であり、したがって、この義務を遵守しないことは、債権者の可能性の観点から完全に関連するわけではないという立場が浮上しています。破産申請書を提出すること。破産申告の条件および上記の1年の期限が満たされていることが重要です。

対象期間

年間の締め切りについては、変更されておらず、超過した場合、つまり元に戻すことはできませんのでご注意ください。民事訴訟法ですが、ここで適用される規定もアートに準拠しています。民事訴訟法第168条§1を使用すると、当事者が過失なく手続き上のアクションを実行しなかった場合に期限を復元できますが、この場合はそうではありません。いわゆるの規定実体法は回復しない可能性があるため、破産申請の提出を許可する1年の期限に間に合わなかった場合、そのような申請は重要な条件を満たしていないとして却下されるものとします。

例1。

Jan Kowalskiは正式にはどこにも雇用されておらず、公式の事業活動記録も保持していませんでした。それでも、地元の人々の間では、彼が優れた建築家であり、さまざまな投資の仕上げ作業を行っていることを誰もが知っていました。 Jan Kowalskiは、少なくとも10年間非公式に暮らしてきました。しかし、過去1年半の間、支払いの行き詰まりと顧客からの苦情により、彼は長い支払い期間で商品を販売した卸売業者の義務を解決しませんでした。さらに、彼はまた、彼が私的な目的のために契約したいくつかの貸し手の義務を完済することができませんでした。ついに、ヤン・コワルスキーが半年間、さまざまなプロンプトや支払い要求に応答しなくなったとき、彼も注文を実行しませんでした。友人は彼に50,000PLNの金額を貸してくれました。ズウォティは、ヤンコワルスキーの破産を申請することを決定しました。債権者は、さらに3か月間請願書を提出する意図で集まった後、破産の請願書を作成するための法的助言と指示を得るために事務所に行きました。彼は事件を委託せず、彼の債務者のために破産請願書を作成することを自分で決めました。最後に、1か月後、債権者は書留郵便で申請書を提出しました。申請書の提出期限は守られていますか?

例の事実は、債権者の年次破産期限がまだ実行されているいくつかの事実を示しています。これは、債権者自身が債務者との最後の話し合いを監視したり、手紙を交換したりするという事実、そして何よりも、彼が6か月間注文を受け入れなかったという情報と、その後の提出の準備によって裏付けられています。申請書、すなわち4か月、債権者は、最終的に債務者の破産を申請しました。したがって、ここでは、起業家としての債務者が10か月間活動していないことを示す簡単な請求書があり、債務者が事業活動を停止してから1年(12か月)が経過していません。

この時点で、書留郵便で破産申立てを裁判所に送ることの影響についても余談をする価値があります。適用法によると、特にアートを念頭に置いて。民事訴訟法の165§2-郵便法の意味の範囲内で指定された事業者のポーランドの郵便局または別のEU加盟国で普遍的な郵便サービスを提供する事業者の郵便局への手続き文書の提出はそれを法廷に持ち込むことに等しい。

書留郵便を送るとき、差出人は、特定の日付または時間に貨物が郵送されたことを郵便局が確認する特別なフォームに記入します。したがって、郵便局への書簡の掲示の確認は、原則として、手続行為の履行期限を遵守している証拠であると考えるべきである。間違いなく、立法者は、裁判所に訴状を提出する分野の訴訟の当事者のために、ここでいくらかの促進を行いました。指定事業者の郵便局が発行する確認書自体は、裁判所に訴状を送付した日付を確認する公式文書の権限を有しており、裁判所は、当事者が事件の手続行為の期限を遵守するかどうかを管理することができます。この点に関する疑念(2015年7月14日の最高裁判所の判決、番号。参照番号II UZ 10/15)。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

破産法の新たな可能性

上記の事業体に破産する能力を与える規定は必ずしも容認できるとは限らなかったが、現在の形では可能になっていることを指摘する価値がある。破産法はいわゆる破産の混合モデル。破産申請を提出した後の手続きは、消費者の破産に適用される規則に従って、つまり、事業活動を行わないが特定の修正を加えた自然人に対して行われます。それは、法律が特定の規制や特定の規定の適用を除外するような修正についてです。

要約すると、債権者が請願書を提出した後の破産宣言の手続きは、非公式に事業活動を行った者の場合、破産第3部のタイトルVの規定に従って行われることになっています。行為。さらに、人が正式なエントリなしで事業活動を行ったという事実は、そのようなエンティティが破産したと宣言する可能性を排除するものではないことを最後に強調する必要があります。立法者の意志に従い、中央登録簿および経済活動に関する情報に正式に登録していない自然人は、そのような活動をに報告する法定義務を遵守する人よりも優れた法的立場にあるべきではありません。関連するレジスタ。

法的根拠:

美術。 2003年2月28日の法律の9、破産法(Journal of Laws 2019.498、すなわち)
美術。 165§2、アート。 1964年11月17日の法律の168§1、民事訴訟法(Journal of Laws 2019.1460、すなわち)。