商品の破壊に対する補償-VAT課税

サービス税

事業を営む際、納税者は一部の商品が破損する可能性があることを考慮に入れる必要があります。これは、納税者の​​不作為または他の人々の過失によって起こります。商品が破損した納税者は、商品を破損した人から損害賠償を請求することができます。 VATに基づいて商品の損傷に対する補償を決済する方法を確認してください!

VATの対象となるものは何ですか?

最初に、VATは以下の対象となることを覚えておく必要があります。

  • 国の領域内での検討のための商品の配達および検討のためのサービスの提供。
  • 商品の輸出;
  • 国の領土への商品の輸入;
  • 国の領域内で検討するための商品のコミュニティ内取得。
  • 商品のコミュニティ内供給。

アートに準拠。付加価値税法の2ポイント6-以下:VAT法-商品は物とその部品、そしてあらゆる形態のエネルギーです。商品の配送の定義はArtにあります。 7秒VAT法の1。この規制に照らして、配達は所有者として商品を処分する権利の移転として理解されます。一方、サービスの提供とは、自然人、法人、または法的な人格のない組織単位に提供されるサービスであり、商品の供給を構成するものではありません。さらに、サービスを提供することにより、次のことを意味します。

  • 法的取引が行われた形式に関係なく、無形資産への権利の譲渡。
  • アクションの実行を控える義務、またはアクションや状況を容認する義務。
  • 公的機関またはその代理として行動する団体の命令または法律から生じる命令に従ったサービスの提供。

したがって、サービスとは、商品の供給ではない活動の一部として納税者によって提供されるサービスであり、とりわけ、アクションの実行を控える、またはアクションや状況を容認する義務。

要約すると、特定の活動は、義務契約に基づいて実行された場合にのみ課税され、取引の当事者の1人がこの活動の直接の受益者と見なされる場合があります。同時に、受け取った支払いと支払い当事者への利益との関係は、このサービスの見返りに支払いが行われたことを述べることができるように、直接的かつ明確でなければなりません。

課税ベース

アートに準拠。 29a段落。付加価値税法の1、課税基準、段落の対象2-5、アート。 30a-30c、アート。 32、アート。 119とアート。 120段落4および5は、商品の供給者またはサービスプロバイダーが、購入者、受領者、または第三者から販売のために受け取った、または受け取る予定のすべての支払いであり、受け取った補助金、補助金、および同様の性質の他の支払いを含みます。納税者が提供する商品またはサービスの価格に直接影響を与える。

課税ベースには次のものが含まれます。

  • 税額を除き、同様の性質の税金、関税、手数料、およびその他の料金。
  • 手数料、梱包​​、輸送、保険などの付随費用。サプライヤーまたはサービスプロバイダーから購入者または受領者に請求されます。

補償の概念

補償とは、第三者に生じた損害に対する補償である一定の金額の支払いです。これは、それによって発生した損失を補償することを目的としています。補償に関する規則は民法に記載されています。アートに照らして。民法第361条第1項、「補償の責任を負う者は、損害が生じた作為または不作為の通常の結果に対してのみ責任を負います」。したがって、補償額を計算する際には、被害者が被った損失の価値と、被害者に危害が加えられなかった場合に得られたであろう利益を考慮に入れる必要があります。

負傷者が損害の発生または増加に寄与した状況では、それに応じて修理の義務が軽減されます。記事に基づく。民法第363条第1項では、被害者の選択により、以前の状態を回復するか、適切な金額を支払うことにより、損害の補償を行う必要があります。ただし、ほとんどの場合、決済は金銭の支払いに基づいています。 金銭の補償額は、原則として、補償決定日の価格に応じて決定する必要があります。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

商品の破壊に対する補償-VAT課税

すでに上で説明したように、商品は非常に頻繁に破損しています。ほとんどの場合、それは所有者が義務を果たさなかったことに関連しています。ただし、多くの場合、損傷はお客様の責任です。

例1。

納税者はオンライン取引に関与しています。彼は家電製品を販売しています。 7月に、彼はそれが損傷したと言った顧客から冷蔵庫を受け取りました。専門知識の結果として、納税者は、損傷は本質的に機械的であり、指示と矛盾する使用によって引き起こされたと結論付けました。彼は、商品の破壊に対する補償を彼に支払うことで顧客に同意しました。上記の補償はVATの対象になりますか?

この場合、破損品の代金の支払いは補償の一形態です。サービスの提供や商品の供給に相当するものではありません。したがって、VATの対象にはなりません。重要なのは、この場合、納税者は請求書を訂正する必要があるということです。このような状況では、請求額が減少しました。

例2。

商品は輸送中に破損しました。したがって、納税者は補償を受けました。とても高かったです。納税者は、VATの対象ではないことに同意しました。どちらの納税者もアクティブなVAT納税者であり、この場合、請求書を発行できるかどうか疑問に思っています。

上記を考慮すると、補償の支払いと受領はVATの対象ではないため、VAT請求書で文書化するべきではないことを認識しておく必要があります。イベントは、請求書以外の会計文書(デビットノートなど)で文書化する必要があります。

結論として、原則として、損傷した商品の補償はVATの対象ではありません。したがって、これらの活動はVAT請求書で文書化しないでください。