テナントの特別料金-それは年次確定申告にどのように影響しますか?

サービス税

継続中の賃貸借契約の場合、当事者は、賃貸物件を自主的に離れることで和解を締結することにより、契約を早期に終了することを決定することができます。多くの場合、そのような和解には、契約の早期終了に対する補償という形でのテナントに対する補償が伴います。この記事では、年次確定申告で受け取った報酬に対する税金の会計処理方法について検討します。

税収として控除可能

家主と入居者の間で早期空室について締結された合意は、アートの意味での和解です。民法の917。この規定に従い、両当事者は、両当事者間に存在する法的関係の範囲内で相互に譲歩し、この関係から生じる請求に関する不確実性を取り除き、その執行を確保するか、既存または起こり得る紛争をキャンセルします。 。

和解の締結に関連して、追加の現金給付(テナントへの補償)が提供される場合、そのような収入源の正しい分類について疑問が生じます。アートにおけるPIT法に留意する必要があります。 10秒1はいくつかの異なる収入源を提供し、適切な税決済の文脈では適切な配分が重要です。

賃貸物件の自発的な退去に関連して得られる補償額は、当技術分野で言及されている他の収入源からの収入を構成します。 10秒法の1ポイント9。他のソースからの収入のカタログは公開されています。つまり、このカテゴリの収入には、他の規制に直接記載されていないすべての収入が含まれます。財産の増加、資産の増加をもたらす特定の実際の法的措置の結果として得られた収入は、課税の対象となります。ただし、補償金を受け取った結果、テナントの資産が増加することは間違いありません。

賃貸物件の自発的な退去に関連して受け取った補償料は、芸術で指定された他の収入源からの収入を構成します。 10秒PIT法の1ポイント9。

この資格取得方法は、税務当局によっても確認されています。たとえば、2018年11月5日の国税情報局長、No。0114-KDIP3-3.4011.470.2018.1.MSの解釈では、当局は次のように述べています。

「したがって、リースを終了し、問題の施設を離れるための料金は、他のソースからの収入です[…]。提示された将来の出来事と引用された法的規定を考慮して、申請者とその夫が受け取った報酬は金銭的利益を構成し、個人所得税の免税の条件を満たしていないため、課税の対象となることを述べておく必要があります」。

補償給付は税金を免除できますか?

アートに準拠。 21秒PIT法の1ポイント3、受け取った補償または救済は、それらの金額またはそれらを決定するための規則が、これらの行為に基づいて発行された別個の法律または執行規則の規定から直接生じた場合、免税されます。

したがって、受け取った手当の金額は、提供された免税の恩恵を受けることができますか?

この質問に答えるために、免税は補償または救済として受け取った金額にのみ適用されることを指摘しておく必要があります。ただし、和解の場合は、自主的な結論の要素があります。したがって、家主の違法行為やテナントへの損害や危害はありません。したがって、自主的な合意の結果として受け取った補償は、補償または救済の範囲に含まれません。これは、アートに記載されている免税を意味します。 21秒PIT法の1ポイント3は期限がありません。

この解釈は、2018年7月27日の書簡、No。0112-KDIL3-2.4011.263.2018.2.AKで国税情報局長によって承認されました。

受け取った利益の金額は、和解の当事者間で行われた取り決めからのみ生じ、純粋に契約上のものであり、その金額は両当事者の利益を考慮に入れています。したがって、問題の利益は別の補償ではないと結論付ける必要があります[...]。

アートで指定された客観的免除のカタログ。個人所得税法第21条には、申請者が受け取る補償額である免税が含まれていないため、この点で免税の可能性を排除する必要があります。

申請書に記載されている事実と引用されている法的規定を考慮すると、申請者が受け取った補償は財産の利益を構成し、個人所得税の免税の条件を満たしていないため、対象となることを明記する必要があります。課税へ」。 賃貸物件の自発的な退去に関連して受け取った補償料は、アートで指定された免税の恩恵を受けません。 21秒PIT法の1ポイント3。

入居者の補償金と確定申告

これまでの検討では、受け取った手当は他の源泉からの税収を構成し、免税の恩恵を受けないことを確立しました。それでは、受け取った利益に対する税の決済の問題に対処しましょう。

まず第一に、納税者が補償による税収をどの時点で認識すべきかを決定する必要があります。ここではアートを参照する必要があります。 11秒PIT法の1では、収入は暦年に納税者が受け取った、または利用できるようになった金銭と現金の価値、および現物で受け取った利益とその他の無料の利益の価値であると読みました。その結果、手数料収入は、テナントが現金を受け取った課税年度に発生します。ただし、契約締結日は重要ではありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例1。

2018年12月28日、家主とテナントは、賃貸物件の自主的な空室について合意しました。署名された和解は、補償額がこの口座で支払われることを示していました。テナントは2019年1月4日に補償料を受け取りました。したがって、納税者は今年現金を受け取ったため、2019年の確定申告でそれらを考慮する必要があります。

受け取った補償金の金額は、毎月の源泉徴収税を必要としません。つまり、全額を年次確定申告で決済する必要があります。納税者は、課税年度の翌年の4月30日までに年次納税申告書PIT-36を提出する義務があります。受け取った報酬の金額は、パートD.1の10行目に入力する必要があります。1〜9行目に記載されていないその他の情報源"。他の源泉からの収入は、特定の年に達成され、芸術で指定された税制に従って一般原則に基づいて課税される他の収入との集計の対象となります。 27秒PIT法の1。この収入をPIT-37フォームで報告することは適切ではありません。 賃貸物件を早期に退去するための補償料からの収入は、特定の年に納税者が稼いだ他の収入と一緒に、年次納税申告書PIT-36で決済する必要があります。

テナントはPIT-8Cを受け取る必要がありますか?

最後に、補償金を支払う事業体に課せられるもう1つの義務、つまり、家主が税金を決済するための基準となるPIT-8C情報をテナントに準備して送信する必要があるかどうかを検討する必要があります。

上記の質問に対する答えは、家主のステータスによって異なります。アートで読んだように。 42a段落。 1事業活動を行う自然人、法人とその組織単位、および他の源泉からの債権または利益の支払いを行う法人格のない組織単位であり、そこから税金の前払いまたは一時金の所得税を徴収する義務はありません。所得額に関するPIT情報-8Cを作成し、納税者と税務署に送付する義務があります。これにより、納税者の​​居住地に応じて管轄する税務署長がその任務を遂行します。

したがって、テナントが事業を営む自然人または法人である場合、支払人として、支払われた補償に関連してPIT-8C情報を準備してテナントに送信する義務があります。 事業を営んでいない自然人が早期退去の費用を負担する場合は、PIT-8C情報の作成は不要です。