電子サービスの場合の契約からの撤退-あなた自身を守る方法は?

サービス

撤退の権利は、消費者が構外の義務を負ったときに持つ主な権利の1つです。問題は、電子サービスの場合、そのような法律が売り手の利益に深刻な害を及ぼす可能性があることです。では、そのような場合に契約からの撤退から自分自身を効果的に保護するにはどうすればよいでしょうか?

契約からの撤退

契約の締結は、それが当事者を永久に拘束しなければならないことを意味するものではありません。法律は、義務は指定された期間のみ行うことができることを示しています。契約の期間に関係なく、契約に適切な条項が含まれている場合、立法者は各当事者が契約から効果的に撤退することを許可します。

契約からの撤退は、過去に、つまり過去に、即時の効果で義務を破る形です。この場合、与えられた契約がまったく締結されていないことが認識され、その当事者はこれまでに提供したすべてのものを互いに返還する必要があります。契約から脱退する権利は、2014年5月30日の法律-消費者の権利で特に強調されています。その芸術によると。 27、距離契約または構外契約を締結した消費者は、14日以内に、理由を説明することなく、また原則として費用を負担することなく、契約を解除することができます。

遠隔契約からの撤退(インターネットや電話など)は、そのような義務の内容にこの権利に関する情報が含まれているかどうかに依存しないことが非常に重要です。言い換えれば、距離契約に撤回の権利に関する情報が含まれていない場合、または権利が除外されている場合でも、消費者は効果的に契約から撤退することができます。

2018年3月29日のビャウィストクでのSAの判断(ファイル参照番号I Aga 32/18)

撤回は、契約上の義務の永続性の原則の例外であり、したがって、契約の規定、この法制度を管理する規定、およびそれらに基づいて行われる当事者の宣言は、厳密に解釈されるべきです。そのような一方的な意思表示は、他の人に対して行われると、彼らの財産関係に影響を及ぼします。そのような宣言の有効性の範囲が知られていないので、条件の留保は彼女の利益の法的保護を奪うことになります。義務的関係の当事者は、その法的状況について直ちに確認する必要があります。

電子サービスから脱退する権利

距離契約から脱退する権利は、すべての消費者が利用でき、2021年1月1日からは、義務が彼のビジネスに直接関係しない限り、起業家にも利用できます。問題は、販売されるサービスや商品の種類によっては、そのような資格が売り手にとって不利になる可能性があることです。

トレーダーがオンラインでサービスを提供し、それらを正しく実行し、消費者の命令に従って行う場合、14日以内に契約から脱退する権利は彼のビジネスに損害を与える可能性があります。そのような契約からの撤退の可能性は、売り手が消費者によって使用されるというかなりのリスクを伴います-買い手は電子サービスを使用し、彼のニーズを満たし、そして法律によって要求される時間内に契約から撤退します。この場合、サービスプロバイダーは消費者に全額を払い戻す必要がありますが、消費者はトランザクション全体から無料で利益を得ることができます。

立法者はこの問題に気づき、距離契約から脱退する権利に例外を導入したことが判明しました。アートの内容によると。 38消費者の権利、事業所の外で、または遠隔地で締結された契約から脱退する権利は、契約に関連して消費者が利用することはできません。

  • サービスの提供については、サービスの開始前に、起業家がサービスを履行した後、契約を解除する権利を失うことを通知された消費者の明示的な同意を得て、起業家がサービスを完全に実行した場合;

  • 価格または報酬は、起業家が制御できない金融市場の変動に依存し、契約からの撤退期限前に発生する可能性があります。

  • サービスの対象が、消費者の仕様に従って製造された、または消費者の個々のニーズを満たすために役立つ、プレハブではないアイテムである場合。

  • サービスの対象が、急速に劣化するアイテム、または保管寿命が短いアイテムである場合。

  • サービスの対象が密封されたパッケージで配達されたアイテムであり、配達後にパッケージが開封された場合、健康保護または衛生上の理由により、パッケージを開封した後に返品することはできません。

  • サービスの対象は、配達後、その性質上、他のアイテムと不可分に関連しているアイテムです。

  • サービスの対象が酒類であり、売買契約の締結により価格が合意され、その配達は30日後にのみ可能であり、その価値は市場の変動に依存します。起業家にはコントロールがありません。

  • 消費者は、起業家が緊急の修理またはメンテナンスを行うために彼のところに来ることを明確に要求しました。起業家が消費者の要求以外の追加サービスを提供する場合、または修理または保守に必要なスペアパーツ以外のアイテムを提供する場合、消費者は追加のサービスまたはアイテムに関して契約を解除する権利を有します。

  • サービスの対象が、パッケージが配達後に開封されている場合、封印されたパッケージで配達される音声または視覚的な録音またはコンピューターソフトウェアである場合。

  • 購読契約を除く、新聞、定期刊行物、または雑誌の配達。

  • 公売を通じて締結。

  • 契約がサービス提供の日または期間を示している場合、居住目的以外の宿泊サービスの提供、商品の輸送、レンタカー、ケータリング、レジャー、エンターテインメント、スポーツまたは文化的イベントに関連するサービス。

  • 有形媒体に記録されていないデジタルコンテンツの配信について、契約からの脱退の期限前、および契約からの脱退の権利の喪失について起業家に通知した後、消費者の明示的な同意を得てパフォーマンスが開始された場合。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

契約からの撤退に対する保護

立法者は、売り手が自分の利益を保護し、電子サービスを対象とする距離契約から脱退する消費者の権利を効果的に阻止することを許可します。ただし、起業家は、履行前に義務を撤回できないことを購入者に通知する必要があります。消費者は、この種の取引においてそのような権利を得る資格がないことを知っている必要があります。遅くともサービスプロバイダーがそのパフォーマンスを開始したときに、特定のサービスを購入すると権利を失います。

電子サービスを対象とする契約からの脱退の権利の除外に関する情報は、起業家のメインWebサイト、特定のサービスの提供、および最終契約で提供される場合があります。電話で締結された契約の場合、サービスプロバイダーは、この場合、契約から撤退する可能性がないことを明確かつ明確な方法で購入者に通知することが重要です。消費者は、そのような宣言の内容を理解していることを確認し、特定の契約を締結する場合は明示的に同意する必要があります。これは、特定のサービスの購入宣言を提出する前に行う必要があります。

上記のことから、以下の条件が共同で満たされた場合、消費者は距離契約から脱退する権利を失うことになります。

  • 当事者はサービス契約を締結します。

  • 起業家によるサービスの開始前に、消費者は、注文されたサービスを履行した後、契約から脱退する権利を失うことになると通知されています。

  • 消費者は、起業家による公演の開始に事前に明示的な同意を与えました。

  • 起業家は注文されたサービスを完全に完了しました。

撤回の権利をブロックする可能性は、実際には、リモートで注文できるすべてのサービスに適用されます(したがって、電子的なサービスだけではありません)。ただし、そのような契約から脱退する権利の喪失に関する情報は、売り手またはその従業員によって買い手に提供されなければならないことに注意してください。消費者がインターネット、友人、または法律の規定からそのような資格を失う可能性について知っているが、契約の締結前に起業家からそのことを知らされていない場合、撤回が使用される場合があります。

したがって、電子サービスの遠隔契約からクライアントを撤回しないように起業家を保護する最良の形態は、多段階の購入者検証です。

  • 電話の場合、あなたは買い手から撤退の権利の喪失を理解し同意するという明確な保証を受け取らなければなりません。

  • オンライン取引の場合、販売者のホームページ、サービスの提供、および消費者が署名する契約の最終的な内容において、撤回の権利の喪失に関する明確な情報を提供する必要があります。サービスの最終注文の前であっても、契約から脱退する権利の喪失に関する情報を購入者に表示するのが一般的な方法です。その後、消費者が応答する必要のあるプロンプトが表示されます(例:「サービスの注文にはあなたがそのような契約の締結に同意するかどうかにかかわらず、この契約から脱退する権利の喪失? ")。

概要

起業家は、距離契約から脱退する権利をブロックするオプションがあり、その対象は任意のサービス(電子サービスを含む)です。ただし、この目的のために、彼はそのような権利の喪失について消費者に明確に通知し、その後、撤回する権利なしに契約を締結することに同意する必要があります。これらのアクティビティは、契約全体が完了する前、つまり特定のサービスを購入する前に実行する必要があります。起業家は、消費者にそのことを通知する方法と、契約から脱退する権利を辞任することに同意する方法を選択できます。ほとんどの場合、これは、購入者との電話での会話の録音または情報の表示だけで行われます。契約の締結前(または販売のために提供されるサービスの説明に存在する)。