契約における補償責任

サービス

各契約は、当事者がそれが適切に実行されることを確実にするために、損害賠償責任に関する条項を含む必要があります。民法では、法律によって否定的に評価された行動の結果として損害が発生した場合、損害賠償責任が発生する可能性があります。これらの動作は、次の2つの原因から発生する可能性があります。

  1. 一般的に適用される法律または社会的共存の原則に反する行動-この状況では、それはいわゆる不法行為責任(不法行為責任);

  2. 損害は、その人が同意したものとは反対の行動の結果として発生します(例えば、契約で)-これはいわゆる契約上の責任(法定責任の結果として生じた義務の不履行または不適切な履行)。

この記事では、契約上または契約上の責任について説明します。

損害賠償責任-一般規定

義務の不履行または不適切な履行に対する責任に関する規定の正しい表現は、契約履行の段階で発生する可能性のある将来の紛争の観点から重要です。当事者が損害賠償責任などの重要な問題を契約で指定しない場合、債務者は一般原則に責任を負います。

民法第361条から第362条には、不法行為(民法第415条以降)と契約(民法第471条以降)の両方で補償する義務に関する基本的な規則が含まれています。

アート361§1。 補償の責任を負う者は、損害が生じた作為または不作為の通常の結果に対してのみ責任を負います。

§ 2. 上記の制限内で、行為または契約の別の規定がない場合、損害の補償は、被害者が被った損失と、被害がなかった場合に達成できたであろう利益をカバーします。

アート362。 被害者が損害の発生または増加に寄与した場合、状況に応じて、特に両当事者の過失の程度に応じて、損害を修復する義務を適切に軽減するものとします。

したがって、以下の条件が満たされた場合、補償金の支払い義務が発生します。

  1. 関係者の規定(その者の作為または不作為)に拘束される事由があります。

  2. 損害が発生する:物的損害(損失および逸失利益-逸失利益は可能性が高い必要があり、損害の可能性は補償の対象ではありません、つまり、得られる利益の機会を失う)または非金銭的損害(損害-原則として契約上の責任から除外されます)、

  3. イベントと損傷の間には因果関係があります(特定の一連のイベントが発生したときに常にまたは非常に発生する可能性が高い影響)。

金銭的損害は、損害を引き起こした事件後の負傷者の財産の状態を、事件が発生しなかった場合に存在していたであろう負傷者の仮想的な財産状態と比較することによって計算されます。

損害賠償責任は変更される場合があります。冗談で。 361§2したがって、義務の当事者はそうする権利を有します(別の(...)契約条項がない場合)。したがって、契約の当事者が別段の定めをしない場合、損害の補償は損失と逸失利益をカバーします。これが完全補償の原則です。契約において、当事者が是正する損害の範囲を変更した場合(たとえば、損失した利益を除く、発生した損失に対する責任を制限することにより)、および損害額の計算方法(債務者が責任を負う金額を制限することにより)、損傷の修理は、契約で規定されたもののみをカバーします。

損害賠償に対する債務者の責任、またはむしろその制限は、行為自体、例えばアートから生じる可能性があります。民法第362条は、被害者が損害の発生または増加に貢献した場合、債務者の責任はより小さくなると規定しています。

補償責任としての契約責任

契約上の責任はアートで規制されています。 471以降の民法典。

アート471。 債務者は、債務者が責任を負わない状況の結果である場合を除き、義務の不履行または不適切な履行に起因する損害を修復する義務があります。

この規定から、債務者は、彼の過失行為だけでなく、他の状況によって引き起こされた損害を補償する義務があります。動作は、パフォーマンスの低下または不適切なパフォーマンスに関連している必要があります。債務者が合意された履行をまったく履行しなかった場合、契約上の義務は履行されなかったものとして扱われるべきです。債務の不適切な履行とは、債務者が債務を履行することを意図し、適切な措置を講じたが、債務者が達成した結果が、契約で指定された履行または適用される規制で指定された要件に対応しなかった場合です。不適切に履行された義務の例は、契約で指定された期限に間に合わなかった場合、または想定よりも質の低い契約対象の履行である場合です。

補償義務はより厳格または緩和される可能性があります-決定は契約の当事者に委ねられます。これは、以下の規制によるものです。ただし、損害に対する契約上の責任を契約から完全に排除することはできないことを忘れてはなりません。

アート472。 法律の特定の規定または法的行為から他に何も生じない場合、債務者はデューデリジェンスを行使しなかった責任があります。

アート473§1。 債務者は、契約により、法の下で責任を負わない特定の状況に起因する義務の不履行または不適切な履行に対する責任を受け入れることができます。

§ 2. 債権者に故意に生じた損害について債務者が責任を負わないという規定は無効です。

 

アート355§1。 債務者は、特定のタイプの関係において一般的に必要とされる勤勉を実行する義務があります(デューデリジェンス)。

§ 2. 債務者の経済活動の範囲におけるデューデリジェンスは、この活動の専門的性質を考慮して決定されます。

だからそれはアートの結果です。民法第472条では、当事者は(契約の自由の原則に従って)契約において、法律の規定の欠如または適切な契約条項により、債務者は十分な注意を払わなかった場合の責任を負います。

デューデリジェンスはアートで定義されています。民法の355。演技者が全力を尽くしたことを示す行為です。デューデリジェンスは、その人が現在(仕事または私生活で)何をしているかに応じて、ケースバイケースで評価されます。引用された記事のパラグラフ2から生じるように、事業活動を行う債務者の場合、行われる活動の範囲におけるデューデリジェンスは、この活動の専門的性質を考慮して評価されます。

例1。

靴職人に靴の修理を依頼する際、注文の履行に欠陥があった場合、靴職人が専門的に靴の修理を行うことを念頭に置いて、靴職人のデューデリジェンスが評価されます。日常的に靴の修理を行わない人に靴の修理を外注していて、それが損傷につながる場合、この人のデューデリジェンスの評価は、靴職人の場合とはまったく異なる基準に基づいて行われます。人はそれとそれほど大したことを持っていないので、制限的です。前述の靴屋のような経験。

したがって、異なる契約条項または法律の条項がない場合、債務者は、意図的および非意図的の両方のあらゆる形態および程度の過失に対して責任を負います。民法第472条は契約の変更を認めており、当事者は故意の違法行為の原則に基づいて、または重大な過失と故意の違法行為に対してのみ契約責任を導入することができ、これにより損害賠償責任を完全に排除することができます。故意に生じた損害に対する責任は、重大な過失に対する債務者の責任を除外します。しかし、債務者の責任を減らすことには限界があり、それがアートです。民法の473§2。この規定は、故意に生じた損害に対する責任を除いた予約は無効であると述べています。この観点から、他の基準に分類された損害に対する責任の制限は関係ありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例2。

契約は、債務者が債権者の逸失利益に対して責任を負わないことを規定しています(民法第361条第2項)。アートに従い、この決定は無効になります。 473§2、債権者によって達成されなかった利益に関連して、債務者の故意の、責任のある行動の結果としてそれらが失われた場合。第473条§2は、債務者が故意に生じた損害に対して責任を負うことを明確に示していますが、民法によると、損害には実際の損失と可能な利益の両方が含まれています。

民法第473条第1項は、損害賠償責任を強化することを認めています。契約により、債務者は、法律の下で責任を負わない状況に起因する義務の不履行または不適切な履行に対して責任を負う場合があります。損害に対する債務者の責任は、厳格責任として構成されている場合があります。そのような規定が有効であるためには、債務者の責任を悪化させる状況を正確に定義する必要があります。契約は、厳密に定義された偶発的な状況による義務の不履行または不適切な履行に対して債務者が責任を負うことを示している場合がありますが、不可抗力であっても、それらをマークせずに完全な責任の一般的な声明は不十分です( 2002年11月29日の最高裁判所、第。、IV CKN 1553/00)。

不法行為責任の契約上の除外

同じ出来事が、不法行為によって引き起こされた損害の補償の請求(不法行為責任)と、義務の不履行または不適切な履行に起因する損害の補償の請求(契約上の責任)を引き起こすことがよくあります。

例3。

医療サービス契約を締結した医師による医療処置の不備に関連する傷害(不法行為責任-身体的傷害;契約上の責任-契約の不適切な履行、身体的傷害につながる)。

民法第443条は、不法行為責任は以前に契約から除外され、将来の請求の根拠として契約制度のみを認めることができると規定しています。

第443条損害の原因となった作為または不作為が既存の義務の不履行または不適切な履行であったという事実は、既存の内容がない限り、不法行為による損害の補償の請求を除外しないものとする。義務は別の方法で規定します。

この規定の例外は、民法第437条であり、これは、アートで指定された責任の除外および制限を禁止しています。 435および436(自然の力によって動き始めた自営業の会社または工場の責任と、自然の力によって動かされたコミュニケーション手段の自発的な所有者の責任)。同様に、損害が意図的に引き起こされた場合、不法行為責任を制限することはできません(民法の473§2)。人身傷害に対する責任の制限も、社会的共存の原則に反すると見なされます(したがって無効です)。

契約上の責任の免責事項

民法第471条に従い、債務者は、責任を負わない状況の結果である場合、義務の不履行または不適切な履行に対して責任を負わないものとします。どのような状況でしょうか?まず第一に、債務者が影響を及ぼさないものについて。

例4。

債務者が一定期間内に海外から持ち込むことを約束した物品は、誤って税関に拘留された。

また、不可抗力によるいかなる事情もあります。不可抗力は、偶発的または自然現象の原因であり、制御不能であり、制御できないために避けられません。例としては、洪水、ハリケーン、地震、吹雪、暴風雨、火災(債務者が原因でない限り)があります。不可抗力は、原則として責任を軽減しますが、現象の性質を知っているために防止できる状況は含まれません。

例5。

債権者に可燃性物質を配達する義務を負った債務者は、時折タバコを吸う倉庫にそれらを保管しました。十分な注意を払わなかったため、地面に投げられたたばこの吸い殻が火事になり、倉庫全体が焼失しました。この場合、債務者は債務不履行の責任を負います。

債務者はまた、彼がそれについて知らない限り、履行の不可能性について責任を負わないでしょう。

アート387§1サービスの提供に関する契約は無効です。

§2。契約の締結時に履行の不可能性を認識し、相手方が誤りを訂正しなかった当事者は、契約を締結することにより、相手方が被った損害を補償する義務があります。パフォーマンスの不可能性を知らずに。

パフォーマンスの不可能性は、プライマリー(契約締結時にサービスが無効であった)またはセカンダリー(サービスがしばらくして初めて実行できなくなった)の可能性があります。債務者が不可能な履行を義務付けられた場合、債権者は、債務者間で締結された契約が無効になるため、彼に損害賠償を請求することはできません。いずれかの当事者が不可能を知っていて、それでも相手方に通知しなかった場合は、結果として生じた損害を相手方に補償する必要があります。

もう1つの問題は、法律と矛盾する、または法律を回避することを目的としたサービス契約(例:医薬品供給契約)の当事者による締結です。アートによると、そのような合意。民法の58§1は無効になり、義務の不履行または不適切な履行に対する責任はありません。

損害賠償責任としての契約上の罰則

アート483§1。 契約では、非金銭的義務の不履行または不適切な履行に起因する損害は、特定の金額を支払うことによって修復されることが規定されている場合があります(契約上のペナルティ)。

§2。債務者は、債権者の同意なしに、契約上の罰金を支払うことによって義務から自分自身を解放することはできません。

第484条§1義務の不履行または不適切な履行の場合、契約上の罰則は、被った損害の額に関係なく、この事件のために留保された金額の債権者に支払われる。当事者が別段の合意をしない限り、留保されたペナルティの金額を超える損害賠償を請求することは許可されていません。

§2。義務が大部分実行された場合、債務者は契約上のペナルティの削減を要求することができます。契約上のペナルティが著しく過大な場合も同様です。

契約上のペナルティは、義務の不履行または不適切な履行に対する補償の代替手段です。それはしばしば契約上の損害賠償と呼ばれます。その人気は、それが債権者の立場を強化し、債務者を懲戒し、契約の不履行または不適切な履行による補償を得るはるかに簡単で迅速な方法を可能にするという事実によるものです(債権者は証明する必要はありません損傷の存在またはその量)。これは、補償の請求が困難で時間がかかることが多いためです。

ただし、債権者のリスクは、契約上のペナルティの金額の決定です。契約上の罰金が実際に被った損害よりも少なく、債権者が契約上、契約上の罰金の額を超える損害賠償を請求する権利を留保していない場合、債権者はそのような補償を要求することはできません。

債務者が責任を負わない状況が原因で義務の不履行または不適切な履行が発生した場合、契約上のペナルティは発生しません。 2013年1月16日の最高裁判所の判決(II CSK 331/12)によると、 契約上の罰則は、原則として、補償責任制度に含まれているため、義務の不履行(不適切な履行)に対する一時的な補償を構成し、契約上の責任の前提から分離されるべきではありません。債務者は、債務不履行が彼が責任を負わない状況の結果であったことを証明することにより、それを支払う義務から自分自身を解放することができます。.

重要!

契約上のペナルティは、非金銭的義務の履行または不履行にのみ適用される場合があります。さらに、債務者は契約上のペナルティを支払うことによって義務の履行から自分自身を解放することはできません-彼は債権者の同意を得る必要があることを覚えておく必要があります。契約上のペナルティは補償機能を実行するものであり、代替のパフォーマンスではありません。

債務者は、次の2つの場合に契約上のペナルティの削減を要求することができます。

  1. 彼が重要な部分で彼の義務を果たしたとき、

  2. 契約上のペナルティが非常に高い場合。

契約の終了および損害賠償責任

最も一般的な契約の1つは、マンデートの契約またはサービスの提供に関する契約であり、マンデートの規定が適用されます。これらの契約の場合、正当な理由なく終了した場合、補償金を支払う必要が生じる場合があります。

原則として、契約終了時の補償は、次の2つの状況で発生する可能性があります。

  1. 契約の終了が損害の結果である場合-この場合の補償は契約自体の終了に関連するのではなく、その不履行または不適切な履行に関連します-これは上記の記事で説明した状況です。

  2. 契約の終了が損害の原因である場合-いずれかの当事者が通知なしに、または契約が締結された期間の満了前に契約を終了した場合。法的な関係の反対側に損害を与える可能性があります。

例6。

パーティーAは、サイドBに1年間木材を供給することを約束します。したがって、パーティBは、以下を含むすべての準備を行いました。この木材が保管される倉庫を1年間リースしました。当事者Aは、正当な理由なしに6か月後に契約を終了しました。サイドBは損失を被りました。まず、自分の注文を実行するために必要な木材の受け取りを停止しました。さらに、サイドAの決定の結果、6か月間空のままになる倉庫を借りるためにお金を失いました。 。

そのような状況では、アート。民法の746§2。

アート746§1本人はいつでもそれを終了することができます。ただし、注文を適切に履行するために行った費用は、受理者に払い戻す必要があります。有料注文の場合、彼は以前の活動に対応する報酬の受諾注文部分を支払う義務があり、正当な理由なしに終了が発生した場合は、損傷も修復する必要があります。

§2。受注者はいつでもそれを終了することができます。ただし、注文が支払われ、正当な理由なく終了した場合は、注文者が損害賠償責任を負います。

§3。正当な理由により、契約を終了する権利が事前に放棄されない場合があります。

重要な理由を理由に注文を終了した人は、契約の相手方にそれらを示す必要があります。重要な理由は、例えば、病気や請負業者への信頼の喪失である可能性があります。契約の当事者が注文を終了する権利を除外しようとした場合でも、注文の終了を正当化するものとします。重要な理由で注文を終了する権利は、契約によって除外されない場合があります(民法第746条第3項)。正当な理由で契約が終了した場合、補償はありません。

一方、解約に正当な理由がなく、注文が支払われた場合、元本と請負業者の両方が補償を支払う必要があります。法的関係は失効し、終了は有効になりますが、正当な理由なしに契約を解除した当事者は、契約の終了に起因する損失に対するその他の補償を支払う義務があります(最高裁の判断を参照) 2002年9月11日の裁判所、ファイル番号V CKN 1152)./ 2000)。請負業者が実行された注文に対する報酬を受け取る資格がなかった場合、請負業者が正当な理由なしに契約を終了した場合、請負業者は損害賠償請求を行うことも、元本を求めることもできません。

損害賠償を請求する人は誰でも、被った損失または失われた利益を証明しなければなりません。失われた利益は、請負業者が得る報酬の欠如である可能性があります。たとえば、委任契約の翌月に得られます。

当事者は、契約の自由の原則に従って、委任の契約に関するコード規定を変更する場合があることを覚えておく必要があります。したがって、重要な理由で契約の終了期間を指定するなど、重要な理由でさえ契約を終了する可能性を制限する権利があります。かなり一般的な慣行(特に有期契約の場合)は、契約を終了できる期間を決定することでもあり、その後、契約の終了には、契約上のペナルティの支払いが含まれます。一定量。