VATに基づく売掛金の取引

サービス税

未払いの売掛金は、各企業の経済状況に悪影響を及ぼします。このため、企業は、他の事業体から購入した債務だけでなく、自社の債務も売却することを決定することがよくあります。債務回転率は、それらを適切に分類して課税しようとするときに多くの疑問を提起する問題です。次の記事は、VAT法の規定に基づく債務取引を説明する最も重要な問題を示しています。

債務取引とは何ですか?

売掛金の取引は、会社の財務流動性を改善するために売掛金を処分することとして理解されるべきです。売掛金の取引は、民法の規定により規制されています。アートに準拠。民法第353条第1項では、債権者が債務者に利益を要求する可能性があり、債務者がその利益を履行する必要があるという事実に義務があります。アートに準拠。民法第509-516条では、債権者は、債務者の同意なしに、法の規定、契約上の留保、または義務。

契約上の規定に反して締結された債務譲渡契約は、自動的に無効になるわけではありませんが、その有効性は債務者の行動に依存します。債務者が譲渡に同意した場合、締結された契約は有効かつ有効です。債務者がそのような同意を表明しない場合、譲渡契約は彼に対して有効ではなく、請求ベンダーの債務者のままです-2012年10月25日の判決でカトヴィツェの控訴裁判所は述べました(ファイル参照番号V ACz 810/12 )。

クレームは財産権であり、取引される場合があります。債務取引の基本的な形態は、債務譲渡契約です。これは、債権者が債務の売り手(譲渡人)とその買い手(譲受人)との間で締結された契約に基づいて、債務者の同意なしに現在の債権者の資産から第三者に債務を譲渡することで構成されます。債務とともに、それに関連するすべての権利、特に延滞利息の請求は、買い手に渡されます。他方、債務者は、相殺の請求を含め、譲渡に気付いた時点で譲渡人に対して持っていた請求の買い手に対するすべての申し立てを受ける権利があります。

売掛金の処分-サービスまたは配達

商品やサービスに課税される活動は、アートで指定されています。付加価値税法の5および8。アートの文言に従います。 5秒上記の1行為は課税の対象となります:

  1. 国の領域内での検討のための商品の配達および検討のためのサービスの提供。
  2. 商品の輸出;
  3. 国の領土への商品の輸入;
  4. 国の領域内で検討するための商品のコミュニティ内取得。
  5. 商品のコミュニティ内供給。

さらに、商品とその部品、およびあらゆる形態のエネルギーは、アートから生じる商品と見なされるべきです。 VAT法の2ポイント6。立法者は、アートで言及されている活動を検討しました。 VAT法の8。アートの規定に照らして。 8秒VAT法の1では、サービスの提供は、自然人、法人、または法的な人格のない組織単位に対するサービスとして理解されており、アートの意味での商品の供給を構成するものではありません。 7、含む:

  1. 法的取引が行われた形式に関係なく、無形資産への権利の譲渡。
  2. アクションの実行を控える義務、またはアクションや状況を容認する義務。
  3. 公的機関またはその代理として行動する団体の命令または法律から生じる命令に従ったサービスの提供。

上記の規定を分析する際、債権の譲渡は無形財産権であり、商品としての認識に該当しないことを指摘しておく必要があります。したがって、付加価値税法の規定に基づく債権の売却はサービスを構成します。

上記の論文の正しさは、7人の裁判官で構成される最高行政裁判所の判決で確認されています。 I FPS 5/11、2012年3月19日:
有料サービスを扱っているかどうかを判断するには、債権の売買とは別に、サービスが債権の買い手から売り手に直接報酬として提供されたかどうかを判断する必要があることを強調しておく必要があります。重要なのは、購入者が受け取ったことです。議論された状況では、債務の代金の支払いしかない場合、そのようなサービスの提供が行われていると結論付けることは困難です。したがって、問題のある債務のリスクを伴う、名目価格よりも低い価格での購入取引は、アートの意味の範囲内で債務の購入者によって提供されるサービスとして分類されない可能性があると結論付けなければなりません。 5秒法の1ポイント1”.

売掛金の取引に対する課税

法学では、債務を扱っているかどうかによって、売掛金の取引に対する課税に違いがあります。

  • 自分の納税者、
  • 別のエンティティから取得しました。

納税者が自分の売掛金を販売する状況では、その取引は商品やサービスに対する売掛金の課税の対象ではないと見なされます。この声明に対する議論は、2013年5月10日にカトヴィツェの税務署長によって発行された税法規定の個別の解釈に記載されています。 IBPP2 / 443-74 / 13 / WN、これは明確に次のことを示しています。
責任はアートの範囲に含まれない財産権であるため、自己の債権の販売からなる訴訟は商品の配達とは見なされません。付加価値税法の2ポイント6。商品の概念の下で、商品およびサービスに対する課税の目的で何を理解すべきかを定義します。売掛金の売却は、別のタイトル(商品の引渡しまたはサービスの提供)から生じる売掛金に関連する所有権の行使の明示にすぎないため、サービスの提供を構成するものでもありません。結果として、売掛金の売却を対象とする取引は、商品およびサービスに対する課税の対象外のままです。”.

同様の見解は、例えば、2011年10月4日の最高行政裁判所の判決において提示されています。 I FSK537 / 11。

他の事業体から購入した債権を取引する場合は、課税対象のサービスとみなされます。アートに準拠。 43秒VAT法の1ポイント40、現金預金、現金口座の維持、あらゆる種類の支払い取引、マネーオーダーと送金、債務、小切手と為替手形、およびこれらのサービスの提供における仲介サービスの分野でのサービスは次のとおりです。 VATを免除されます。

ポズナンの税務署長は、2012年11月12日の個別判決で示されています。 ILPP1 / 443-286 / 09 / 12-S / NS(判断はまだ有効):
[...]元の債権者から以前に購入した延滞債権の販売からなる当社が行う活動は、アートに基づく商品およびサービスに対する免税の恩恵を受ける金融仲介サービスを構成します。 43秒法の1ポイント1当面の場合、債権回収サービスではなく、典型的な債務譲渡契約を扱っています。”.

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

売掛金のファクタリングと取引

このタイプの活動は、ファクタリング会社が以下の活動のうち少なくとも2つを提供する、専門的な形態の債務取引と見なされます。

  1. 議論の余地のない未成熟の債権に資金を提供し、
  2. 受信者のアカウントのレポートと請求を継続し、
  3. 売掛金を回収するための活動を行っている、
  4. 受信者の支払能力のリスクを引き継ぎます。

[...]原則として、ファクタリングは、ファクターが債権をファクターに転送するという事実にあり、ファクターは、ファクターの報酬を考慮して、割引を差し引いた名目値をファクターに支払い、追加のサービスを提供することを約束します。要因。当局は、ファクタリング契約の効果は債権者の変更であると強調した"-2016年7月26日の個別解釈でポズナンの税務署長が採択した解釈に従い、参照番号。 ILPP2 / 4512-1-350 / 16-2 / MW。

アートに準拠したファクタリングサービス。 43秒VAT法の15ポイント1は、VAT免税の恩恵を受けません。アートを念頭に置いて。 29a段落。 VAT法の1では、ファクタリングサービスの提供は、基本税率(23%)で商品およびサービスに課税されます。つまり、提供されたサービスに関連して請負業者から受け取った報酬全体(両方の手数料額を含む)が課税されます。 、料金と金額の割合。