2019年11月からの強制分割払い

コサイス変更

分割支払い、またはVATでの分割支払いのメカニズムは、2018年7月1日にポーランドの税制に導入されました。今年の秋、財務省は、SPMと国内貿易の逆請求メカニズムおよび連帯責任の制度を組み合わせた変更を準備しました。すべての行動は、脱税を制限するために本質的に予防的です。

変更前の分割払い

まず第一に、分割支払いメカニズムは任意でした。銀行に会社口座を持っている起業家は、機械からVAT決済のための別の口座を受け取りました。過払いのVATの回収を含む多くのインセンティブと簡素化は、起業家に大きな影響を与えませんでした。少数の人々がこの形式の支払い決済を使用しました。

2019年11月1日からの変更後の分割払い

分割支払い、つまりVATでの分割支払いには、特に、付録11、13、および14の商品とサービスが含まれます。修正後、上記の規定は廃止され、新しい規定が適用されます。以前は分割支払いメカニズムでカバーされていた従来の商品に加えて、新しい付属書15には、石炭および炭素製品、自動車用の部品​​および付属品、オートバイ、機械および電気機器用の部品および付属品などの商品が含まれます。

すべての取引が義務的な分割支払いの対象となるわけではありません。

まず、取引金額について。附属書15の商品またはサービスの取引が、VATを含めて15,000 PLN以上の場合は、2019年11月1日から分割払いを適用する必要があります。 PLN 15,000未満では、分割支払いメカニズムは引き続き任意です。規則の変更後、単一の経済取引に関する規定も適用されなくなり、廃止されます。このような取引は、一般的な条件での義務的な分割支払いの対象となります。