納税者に対する義務的な分割支払いと追加の制裁

サービス税

2019年11月1日をもって、商品・サービス税法(VAT法)において、いわゆる規定はなくなりました。逆の電荷。第17条の最初の段落では、納税者が付属書11に記載されている商品(鉄鋼製品、廃棄物など)の購入者または付属書14に記載されているサービス(建設など)の購入者であるという条件で、ポイント7および8は廃止されました。動作します)。)。
現在の法的状態では、以前はいわゆる逆負担は他と同様の方法で課税されます。これは、商品やサービスの売り手が適切な税率でVATを追加することを意味します。
上記は、以前の税制が自由化されたことを意味するものではありません。立法者は、特に「逆請求」の対象となった商品およびサービスに対して、分割支払いメカニズムの義務的な適用を導入しました。変更に適応できないと、経済的に非常に苦痛になる可能性があります。したがって、この記事を読んで、義務的な分割支払いが何であるかを確認する価値があります。

義務的な分割支払いとは何ですか?また、どのような商品やサービスが含まれていますか?

はじめに、分割払いの本質、いわゆる分割支払い。これは定義上任意でしたが、修正された規定は原則として納税者にそれをより広く適用するように「強制」します。分割払いによる支払いは、請負業者の決済口座への正味額の支払いと、自由に処分できない別のVAT口座への税額の支払いにすぎません。これは自動化された方法で行われます。転送フォームで分割支払い方法を選択し、VAT額に関する注釈を含めるだけで十分です。このソリューションの本質は、VAT決済の分野での詐欺から州予算の利益を保護することです。これは重要な賛辞であり、したがって、この税を引き締めるためにさらなる措置が講じられています。

商品やサービスに対する税金の分野での「逆請求」の撤廃は、同様のタスクを実行するメカニズム、つまり乱用の範囲を制限するメカニズムの導入に関連しています。立法者は、以前は「逆請求」の対象であった商品とサービスである付属書11と14、およびいわゆる「逆請求」を対象とする付属書13を統合しました。 1つの附属書第15号のデリケートな商品。 2019年11月1日から、新しい付属書No.15がVAT法に適用され、義務的な分割払いが適用されます。この附属書には、とりわけ、特定の金属製品および廃棄物(旧附属書第11号)、電子機器および燃料(旧附属書第13号)、および建設工事(旧附属書第14号)。付録No.15には、新しいアイテムもあります。乗用車およびオートバイ用の部品および付属品。 11月1日から、VAT法の付属書15に記載されている商品やサービスの支払いには、必須の分割支払いメカニズムを使用する必要があります。

「請求書に記載されており、未払い額の合計はアートで言及されている金額です。法の19ポイント2-起業家法(VAT法の第108a条(1a))。上記の金額は15,000ズウォティです。

上記の規制は、例えば「以上の金額を構成する」ではなく「金額を構成する」という用語を使用しているため、非常に不正確であるように思われます。これは総額15,000PLN以上の取引であり、税務当局はこの規制をこの口調で解釈する可能性が高いと想定する必要があります。

売り手側の新しい規則への違反に対する制裁

VAT法の付属書15に記載されている商品に関する規制の変更には、供給者と受領者の両方の側で注意が必要です。これらの問題を理解しないと、以下に説明する制裁が課される可能性があります。

附属書15からの商品および/またはサービスの配達を文書化した請求書を発行する場合、取引額がPLN 15,000を超える場合、サプライヤーは「分割支払いメカニズム」というフレーズを義務的に含める必要があります。さらに、彼はこのフォームでの支払いを受け入れる義務があります。上記の注釈がない場合、税務署長または税関長が物品供給税額の30%に相当する追加の納税義務を負う可能性があります。または、この請求書に記載されている、法律の付属書15に記載されているサービスの提供。財政犯罪または財政犯罪に対して同じ行為の責任を負う自然人に関しては、追加の納税義務は確立されていません。 税務当局は、請求書が「分割支払いメカニズム」という注釈は含まれていません! 請求書に注釈がないことに対する上記の制裁は、技術的および形式的な誤りが実際に深刻な結果をもたらす可能性があるという事実を考慮すると、非常に厳しいように思われます。ただし、注釈がないにもかかわらず、請負業者が分割払いで責任を解決する場合(または少なくとも部分的に付録15で提供される商品/サービスの提供に関連する場合)、上記の追加の納税義務は発生しません。確立される。

すべての請求書にMPP注釈を含める-より安全な解決策?

したがって、起業家は、上記の追加の納税義務の形での結果を回避するために、各売上請求書に「分割支払いメカニズム」という注釈を付けるというアイデアを思い付く可能性があります。

もちろん、そのような行動は問題の制裁を回避するのに役立ちますが、請求書/請求書の誤った発行は財政刑法で罰せられる行為であることに留意する必要があります。アートに準拠。前文で言及された法律の62§1
「義務に反して、請求書や請求書を発行しない、欠陥のある方法で発行する、または発行を拒否する人は、1日あたり最大180の罰金が科せられます。」
必須の分割払いの詳細については、以下をご覧ください。
-必須の分割支払いとリバースチャージ
-必須の分割支払い-どのように機能し、誰に適用されますか?
-建設サービスでの必須の分割支払い-それはどのように見えますか?
-分割払いの変更

購入者側の新しい規則への違反に対する制裁

総計15,000PLN以上の取引の一部として、付属書15に記載されている商品またはサービスの分割支払いなしで支払いを行う購入者に対する制裁措置もあります。

アートに含まれる新しい規制によると。 108a段落。 VAT法第7条では、規定が分割支払いメカニズムを使用する義務を課しており、責任が分割支払いなしで解決された場合、追加の納税義務が納税者(責任を誤って解決した)に課される可能性があります。法の付属書15に記載されている購入した商品またはサービスの税額の30%に相当する金額で、支払いに関連する請求書に示されています(財政犯罪または同じ行為の責任を負う自然人に関連して)財政違反の場合、追加の納税義務は設定されません)。

ただし、分割支払いメカニズムを使用せずに支払われた請求書の全額をサプライヤーが決済(税務署に支払った)した場合、そのような義務が存在するにもかかわらず、当局は制裁を確立しません。追加の納税義務の形式。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

買い手はまた、15,000PLN未満の取引に対して連帯して責任を負う場合があります。

新しい税法に照らして制裁について議論する場合、特定の状況では、付属書15の商品の購入者(サービスではありません!)も15,000PLN未満の取引で経済的影響を受ける可能性があることに注意してください。アートで。 105a、いわゆる購入者が配達時に配達の税金の全額またはその一部を知っている、または信じる合理的な理由がある場合、特定の配達に関連する納税義務についての商品の供給者との連帯責任税務署の口座には支払われません。

ただし、買い手が付属書15の商品の支払い時に分割支払いメカニズムを適用する場合、買い手は、サプライヤーの納税義務に対する連帯責任の可能性を回避します。

15,000ズウォティ以上の取引には分割払いが義務付けられていますが、実際には、上記の連帯責任により、起業家は15,000ズウォティ未満の取引にも分割払いメカニズムを使用します。