本当の受益者の中央登録簿に記入する義務-誰のために?

サービス

実質受益者の中央登録簿の設立は、マネーロンダリングまたはテロ資金供与のための金融システムの使用の防止に関する欧州議会および2015年5月20日の理事会の指令(EU)2015/849の規定を実施します(いわゆる第4回AML指令)。適用される規制を遵守するために、実際の受益者の中央登録に入る必要がある人をもっと調べてください!

欧州連合の規制により、加盟国は受益者に関する情報を中央登録簿に保存し、この情報を管轄当局とFIU、および義務付けられた事業体が(顧客のデューデリジェンス措置の一環として)利用できるようにすることが義務付けられています。

受益者の中央登録簿に記入する義務-ポーランドのCRBR

ポーランドでは、CRBRの運用は、第4回AML指令の規定を実施する、マネーロンダリングおよびテロ資金供与に対抗する法律(Journal of Laws 2019、項目1115、修正済み)に基づいています。実質的受益者の中央登録(CRBR)は、受益者、つまり会社を直接または間接的に管理している自然人に関する情報を収集して処理するシステムです。

誰が情報を報告する必要がありますか?

アートに準拠。マネーロンダリングとテロ資金供与に対抗するための法律の58

  1. 合名会社;
  2. リミテッドパートナーシップ;
  3. 限られた株式会社パートナーシップ。
  4. 有限責任会社;
  5. 2005年7月29日の公募法の意味における公開会社、組織化された取引への金融商品の導入を規定する条件、および公開会社を除く株式会社(Journal of Laws of 2019、item 623)。

実際には、次の点に注意してください。「上記法の規定の意味において、パートナー企業および公開企業が行う活動に実際に決定的な影響を与える自然人の身元を隠す可能性に関連するリスクが低いため、立法者はそれらを免除した。受益者に関する情報を登録簿に提出する義務」。

レジストリに報告されたデータ

以下の情報がレジスターに報告されることを示す必要があります。
1.会社の識別データ:

  1. 名前(会社)、
  2. 組織形態、
  3. 本部、
  4. 国家裁判所登録簿の番号、
  5. 税識別番号;

1.受益者および会社を代表する権限を与えられた団体またはパートナーのメンバーの識別データ:

  1. 苗字と名前、
  2. 市民権、
  3. 居住国、
  4. PESEL番号または生年月日-PESEL番号を持っていない人の場合、
  5. 実際の受益者の株式または権利の規模と性質に関する情報。

レジスターへの提出方法

登記簿への記入は、会社を代表する権限を与えられた人物によって行われます。アプリケーションは、電子通信手段を介して無料で作成されます。申請書は、公的財政担当大臣から提供されたテンプレートに従って、電子文書の形式で提出され、資格のある電子署名または信頼できるePUAPプロファイルによって確認された署名が提供され、提出者の宣言が含まれます。レジスターに報告された情報の正確性に関するレジスターへの申請。

登記簿への通知者の活動は、アートに記載されている会社の参入日から7日以内に行う必要があります。国家裁判所登録簿に58、および提供された情報に変更があった場合-変更から7日以内。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

レジストリのプロパティ

レジスターは公開されています。レジスターに入力されたデータは真であると推定されます。有益な所有者とその更新に関する情報を提出する人は、法定期限内に登録簿のエントリによってカバーされるデータとデータの変更を報告しないだけでなく、登録簿に虚偽のデータを報告することによって引き起こされた損害に対して責任を負うものとします。損害が強制的な威嚇によって、または単に負傷した人または人の過失によって引き起こされた場合を除きます。第3に、有益な所有者およびその更新に関する情報を通知する人は責任を負いません。

個人データの処理およびそのようなデータの自由な移動に関する個人の保護に関する2016年4月27日の欧州議会および理事会の規則(EU)2016/679の適用、および指令95 /の廃止について46 / EC、GDPRと呼ばれる、レジスターに含まれるデータの処理は、ある意味でこの法律から除外されています。これはArtによって示されます。法第65条によれば、登録簿に収集された受益者に関する情報の処理は、情報が関係する人物の知らないうちに行われる。

このトピックを要約すると、実質的受益者の中央登録簿の規定の発効日(2019年10月13日)より前に国家裁判所登録簿に登録された企業は、4月13日までに受益者に関する情報を報告する必要があることを強調する必要があります。 2020. 2019年10月13日以降に国家裁判所登録簿に登録された場合、彼らは、国内裁判所登録簿に登録された日から7日以内に受益者のデータを提出する必要があります。

法的根拠:

美術。マネーロンダリングおよびテロリズムの資金調達に対抗するための2018年3月1日の法律の58(Journal of Laws 2019.1115、すなわち)。