オンライン販売の領収書を顧客に提供する義務

Webサイト

商品が通信販売で配達され、売り手が買い手と直接接触しないオンライン販売の場合、いくつかの問題のある問題があります。たとえば、顧客に領収書を提供する義務があります。

オンライン販売の領収書を顧客に提供する義務

原則として、事業活動を行わない自然人や定額農民に販売する納税者は、レジを利用して売上高や納税額を記録しておく必要があります。

さらに、アートの結果として。 111秒3aポイントVAT法の1では、販売ごとに会計領収書または請求書を発行して購入者に発行する義務があります。

-紙または

-購入者の同意を得て、電子形式で、同意した方法でこのドキュメントを送信する

パーに準拠していることにも注意する必要があります。 6秒1点財政領収書を登録するレジに関する財務大臣令の1は、購入者の要求なしに発行されるべきである。

オンライン販売の領収書を顧客に提供する義務は、固定販売の場合と同じ規則に従います。顧客に領収書を発行する必要があり、売り手が買い手と直接接触していなくてもかまいません。

販売者は顧客に領収書を提供する責任があることに注意してください。領収書を発行しなかった場合、税務署は違反とみなし、罰金を科します。

この問題は、商品の配送前に支払いの全部または一部が受領された後、購入した商品と一緒に受領書が顧客に送信される可能性があるという状況が原因ではありません。

しかし、起業家にとっての問題は、顧客が配達時に支払う状況である可能性があります。このような状況では、納品時に納付する通販販売の場合、受取人への納品時に納税義務が発生するため、出荷時の領収書の受領は理論的には正しくありません。 。

領収書は、後で別の発送で顧客に届くはずです。ただし、実際には、レシートを別途送付するための追加費用が発生するため、出荷時に発行され、商品と一緒に1つのパッケージに添付されます。あるいは、買い手は取引をVAT請求書で文書化するように要求することもできます。この場合、売り手は追加の会計領収書を送信する必要はありません。販売者と一緒に保管されている請求書のコピーに添付する必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

オンライン販売の記録義務の免除

ただし、いわゆるの原則を満たす販売は注意する必要があります通信販売は、売上高に関係なく、レジの設置義務を免除される場合があります。これを行うには、特定の条件を満たす必要があります。

  • 商品の支払いは、銀行、郵便局、または協同組合の貯蓄と信用組合を介して売り手の銀行口座に行われます。

  • 売り手は支払いの記録を保持します。これは、どの特定の活動が関連していて、誰のために行われたかを明確に示します(住所を含む買い手のデータ)

上記の条件が満たされている場合、売り手はレジで販売を登録する必要がないため、顧客に会計領収書を送信する必要がありません。

ただし、お支払い方法に関係なく、レジの設置が必要な販売の種類がありますのでご注意ください。とりわけ、起業家が販売することについてですエンジン部品、ラジオおよび電気通信機器、写真機器、貴金属製品、記録および未記録のデジタルおよびアナログデータキャリア、タバコおよびアルコール製品。

したがって、納税者がそのような商品を販売し、購入者が自然人である場合、販売はレジに義務的に記録され、領収書は顧客に提供される必要があります。