会計帳簿を保持する義務

Webサイト

起業家は、歳入と経費の税務台帳または会計帳簿の形で税務署と和解するために会計帳簿を保持する必要があります。完全な会計を維持することが義務付けられている場合、規則は詳細に指定します。

アートに準拠。 24a段落。 PIT法の1、自然人、相続企業、自然人の合名会社、自然人の合名会社、および事業活動を行うパートナーシップは、別の規則に従って、収支の税務台帳または会計帳簿を保持する必要があります。これらの別個の規定は、1994年9月29日の会計法です。

会計帳簿を保管することを規制で義務付けられているのは誰ですか?

会計法の規定は、以下に関して完全な会計を維持する義務を課しています。

  • ポイント2の対象となる商業会社(パートナーシップおよび資本会社、組織内のものを含む)および市民パートナーシップ、ならびに国庫およびポーランド国立銀行を除くその他の法人。
  • 自然人、自然人の市民パートナーシップ、自然人と企業の連続した市民パートナーシップ、自然人の一般的なパートナーシップ、自然人の企業の継承管理に関する法律に従って運営されているパートナーシップと企業、およびその他の関連施設前会計年度の商品、製品、および金融事業の販売からの純収入が少なくともポーランド通貨相当の2,000,000ユーロであった場合、企業の承継。
  • 銀行法に基づいて運営されている組織単位、証券取引に関する規定、投資ファンドおよび代替投資ファンドの管理に関する規定、保険および再保険活動に関する規定、協同貯蓄および信用組合に関する規定、または組織および運営に関する規定収入額に関係なく、年金基金。
  • コミューン、poviats、voivodshipsおよびそれらの関連、ならびに:
    • 州、コミューン、郡および県の予算単位、
    • 共同、郡および県の予算施設。
  • ポイント1および2で言及されている会社を除いて、法人格のない組織単位。
  • ポーランド共和国の領土での貿易における外国人起業家および他の外国人の参加の原則に関する規定の意味の範囲内での外国人起業家の支店および駐在員事務所。
  • 上記の点に記載されていないユニットは、州の予算、地方自治体のユニットの予算、または割り当てられたタスクの実行のための特別目的基金から補助金または補助金を受け取った場合、補助金または補助金があった会計年度の初めからそれらに付与されます。

会計帳簿を保持する義務は、前税年度の非農業事業活動からの収益がポーランド通貨で少なくとも指定された金額と同等である場合、自然人、自然人の民法パートナーシップ、およびパートナー企業に適用されます。会計規則のユーロ-NBPが発表し、課税年度の前年の10月の最初の営業日に適用される平均為替レートでポーランド通貨に換算されます(PIT法の第24a条(4)および(6)) 。

誰が会計帳簿を保持する必要がありませんか?

自然人、自然人の市民パートナーシップ、自然人と相続企業の市民パートナーシップ、自然人の一般的なパートナーシップ、自然人の企業の継承管理に関する法律に従って運営されているパートナーシップと継承企業、およびその他の施設の継承に関連する施設企業は、前会計年度の商品、製品、および金融業務の販売からの純収入がポーランドの通貨相当額であるEURを下回る場合、次の会計年度の初めから会計法で定義された規則会計を自主的に適用することができます。 2,000,000。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

重要なことに、指定された人は、CEIDGの規定に基づいて、この点に関する情報(通知)を提出することができます。これは、税務署長にこの問題に関する追加の個別の通知を提出する必要なしに、CEIDGへの入国申請によってこの義務を果たすことができることを意味します。

外国人は会計帳簿を保管する必要がありますか?

2014年9月4日、アートまで、外国人はますますポーランドで事業を立ち上げました。 2節会計法の1ポイント6は、収入の額に関係なく、外国人、支店、外国人起業家の駐在員事務所に会計帳簿を保管することを義務付けました。この法律の改正後、欧州連合以外の国の市民である自然人は、ポーランドで事業を開始するときに会計帳簿を保持する必要がありません。