建設サービスの納税義務-最も重要な情報

サービス税

建設および建設および組立サービスに対する納税義務は、特別な原則に基づいて発生します。さらに、2017年以降、リバースチャージの対象となる活動のカタログが拡大されたことを強調する必要があります。その結果、この手順は、VAT法の付属書14に記載されている建設サービスも対象としました。建設サービスの提供に納税義務がある場合を確認し、逆請求の請求書を発行する時期を確認します。

発生する納税義務-一般原則

アートに準拠。 VAT法の19aでは、商品が配達されたとき、またはサービスが提供されたときに納税義務が発生します。ただし、売却前に、起業家が請負業者から支払いの一部または全部を受け取る状況(前払いや前払いなど)では、資金を受け取ったときに納税義務が発生します。

重要!

起業家は、サービスが提供された月または商品が配達された月の翌月の15日までに請求書を発行する義務があります。規制により、30日前に請求書を発行することも可能になりました。

1)商品の配送またはサービスの実行。

2)商品の配達またはサービスの実行の前に、支払いの全部または一部を受け取る。

建設および建設および組立サービスに対する納税義務

すでに述べたように、建設および建設および組立サービスの場合の納税義務は特別な方法で発生します。

つまり、納税義務は請求書の発行時に発生しますが、発行期限の満了、つまりサービスの提供から30日以内に発生します。ただし、起業家がこの期間内に請求書を発行しなかった場合、または発行が遅れた場合は、発行期限の満了時、つまりサービスが提供された瞬間から30日目に納税義務が発生します。

重要!

アートに準拠。 3秒1994年7月7日の法律の7-建設法、建設工事は建設工事であり、建築物の再建、組み立て、改修または解体からなる工事です。

したがって、建設または建設改修サービスのパフォーマンスの瞬間を正しく決定することが重要です。この状況では、決定的な要因はサービスの実際のパフォーマンスであり、ハンドオーバープロトコルに基づくサービスの受け入れではありません。このようなプロトコルは、サービスが実行されたという事実を確認するだけです。

もちろん、例外的な状況は、起業家がサービスの前払いを受け取った場合です。納税者がサービスの実行前に支払いの全部または一部を(前払い、前払い、保証金などの形で)受け取った場合、受け取った金額に応じて納税義務が発生します。さらに、前払いの事前受領は請求書で確認する必要があります。前払金を受け取った翌月の15日までに発行する必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

個人向けの建設工事

アートに準拠。 106b段落。 VAT法の1では、納税者は、とりわけ、請求書を発行する義務があります。他の納税者、付加価値税、または同様の性質の税金、または非課税法人への商品の供給およびサービスの提供。したがって、事業活動を行っていない自然人の利益のために行われる建設サービスの場合、いつ納税義務が発生するかを考慮する必要があります。

引用された条項から、建設および建設および改修サービスの納税義務は、請求書に記載された販売に関して特別な条件で発生することがわかります(この規定により、建設サービスの納税義務は請求書の発行日に依存するため) 。言い換えれば、他社の利益のために行われる建設サービスの場合、特定の規定に従って納税義務の発生を指定する規定が適用されます。ただし、購入者が個人またはVAT納税者ではないその他の団体である場合、納税義務は一般原則に基づいて発生します。つまり、サービスが提供される場合です。

建設サービスを提供する際の逆請求

逆請求手続きは、VATを決済する義務を特定の商品またはサービスの売り手から買い手に移しています。したがって、売り手はVATを表示せず、買い手は取引のVATを決済する必要があります。

2017年以降、建設サービスも逆請求手続きの対象となっています。請求書を逆請求で発行しなければならない建設サービスの詳細なリストは、VAT法の付録14に含まれています。

ただし、逆請求手続きを建設サービスの提供に適用するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 購入の対象は、法律の付属書14に記載されているサービスでなければなりません。

  • サービスプロバイダーはアクティブなVAT納税者であり、その販売はArtに従って税金が免除されません。 113段落。下請け業者のステータスを持つ1と9、

  • サービスの受信者は、アクティブなVAT納税者として登録されているエンティティです。

逆請求が適用される建設サービスについて、売り手は、VAT-7 / VAT-7K宣言の、宣言のパートCで、「商品の供給および買い手が納税者であるサービスの提供」の項目の下に示します。美術。 17秒法の1ポイント7または8(サプライヤーが記入する)」。さらに、逆請求取引は、パートD「どのアートに提供されたサービスに関する情報」のVAT-27要約情報で報告されます。 17秒法の1ポイント8」。

また、法第14条に定める建設サービスを提供する場合、事業活動を行わない自然人にこのサービスを提供する場合は、逆請求手続きは適用されないことに留意する必要があります。上記のように、逆請求手続きを適用するための条件の1つは、顧客がアクティブなVAT納税者であるという事実です。