燃料に対する物品税の削減は、企業にとって明らかなメリットです。

コサイス変更

2020年3月1日から12月31日まで、予算関連法の発効により、燃料に対する物品税が引き下げられました。物品税率の引き下げからなる変更は、企業にとって明らかな税制上のメリットにすぎません。これは、同時にインフラ大臣が燃油サーチャージの税率を引き上げたためです。これらの変更が起業家の納税に影響するかどうかを確認しましょう!

燃料に対する物品税の削減と燃油サーチャージの引き上げ-それはどういうことですか?

2020年2月25日のインフラ大臣の発表によると、2020年の燃油サーチャージの金額に関する通知を修正し、2020年3月1日から、燃油サーチャージは次のように増加します。

  • ガソリン1000リットルあたりPLN17、およびこれらのガソリンをバイオ成分とブレンドして作られた製品、
  • ディーゼル油1000リットルあたりPLN17、これらの油をバイオコンポーネントおよびアートで言及されている自己完結型燃料を構成するバイオコンポーネントと混合して作られた製品。パラグラフ1の37時間。高速道路と国道基金に関する法律の4つのポイント2と3、
  • 当技術分野で言及されているガスおよびその他の製品1000kgあたりのPLN17。パラグラフ1の37時間。高速道路と国道基金に関する法律の4つのポイント4と5。
PLN17による燃油サーチャージ率の引き上げはArtで紹介されました。 2020年の予算法(いわゆる予算関連法)の実施のための特別な解決策に関する2020年2月13日の法律の47。

予算関連法により、燃料に対する物品税が同額引き下げられました。草案の説明覚書は次のように述べています。「提案された変更のおかげで、燃油サーチャージからの収入が増加し、国道基金と鉄道基金のリソースが増加します。これにより、より多くの投資を行うことができます。同時に、燃油サーチャージ率を引き上げても燃料価格は上昇しません。同時に、燃料に対する物品税率が引き下げられるからです。」

1997年10月27日の有料高速道路と国道基金に関する法律、および2008年12月6日の物品税に関する法律の改正は、1000リットルおよび1000kgあたりのPLN17の税率を物品税から燃油サーチャージ。

間もなく、財務大臣は、2020年3月1日から12月31日まで適用される物品税率の引き下げに関する通知の公表を発表しました。

さらに、財務省のWebサイトでは、導入された規制は、燃料の生産者、輸入者、流通業者、および運転者の両方にとって、燃料価格に対して中立であると通知されています。したがって、燃料に対する物品税の引き下げと同時に燃油サーチャージの引き上げは、起業家にとって税制上の利点にはなりません。