昼食と宿泊-モバイルワーカーの税収

サービス

今日の市況では、モバイルワーカーはますます大規模な専門家グループを構成しています。彼らはしばしば市場での会社の位置とその競争上の優位性に責任があります。モバイルワーカーの場合、適切なツールと、多くの場合、追加のメリットを提供することが非常に重要です。この場合、従業員の税収を決定する方法は?

従業員の税収

アートに従ってそれを思い出してみましょう。個人所得税に関する1991年7月26日の法律(以下、VAT法という)の第1節第1項、収入源は、事業関係、協同組合雇用関係を含む雇用関係、農業生産への加入である。農業生産、宿題、退職または障害年金に従事する協同組合またはその他の協同組合。

アートに従って、個人所得税法で言及されている雇用関係からの収入が考慮されます。 PIT法の12(1)、すべての種類の現金支払いおよび現物または同等の給付の金銭的価値、特にこれらの支払いおよび給付の資金源に関係なく、特に基本給、残業代、さまざまな種類ボーナス、報酬、未使用の休暇に相当する金額、およびその他の金額。金額が事前に決定されているかどうかに関係なく、さらに、従業員に支払われる現金給付、およびその他の未払い給付または部分的に支払われた給付の価値。

上記で使用されている「特に」という表現は、上記の収入のカテゴリーが例としてのみ示されていることを意味します。したがって、雇用関係および関連関係からの収入は、雇用関係または従業員と雇用者の間の関連関係から生じる、納税者の​​金銭的利益の創出をもたらすあらゆる種類の支払いおよび利益です。

上記を考慮して、宿泊と食事は他の無料の福利厚生、つまり従業員の収入に含まれるべきであると考えるべきです。ただし、上記が従業員の金銭的利益をもたらすかどうかに注意する必要があります。

アートに基づく支払人の義務。 PIT法の31は、サービス関係、雇用関係、宿題または協同組合雇用関係からこれらの事業所から収入を受け取る人からの年間の所得税の前払い、事業所によって支払われる社会保険からの現金給付を計算して収集することです。と労働協同組合で-残りの余剰への参加のための支払い。

従業員の税収として一晩

モバイルワーカーとして雇用されている従業員は、旅行中に宿泊施設を使用する必要があります。仕事は国のさまざまな地域で行われ、多くの場合海外でも行われます。

例1。

ヒートポンプを製造する雇用主は、サービス技術者のグループを雇用しています。ポンプが損傷した場合、移動作業員は保証期間中に機器を修理する必要があります。メンテナンスサービスは、ポンプが設置されている場所、つまりお客様の施設で行われます。雇用主は、修理中にサービスワーカーに宿泊施設を提供します。雇用主は、宿泊施設の提供は、雇用関係から従業員の側に収入を生み出さないと考えています。

雇用主によると、従業員の収入について話すことができるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 最初の条件-従業員は、雇用主側の義務なしに、自発的に宿泊施設を使用する必要があります。
  • 2番目の条件は、資産を増やす、または彼が負担しなければならない費用を回避するという形で従業員に利益をもたらすことです。
  • 3番目の条件-このメリットは測定可能であり、従業員に個別に割り当てられます。
  • 4番目の条件-譲渡された福利厚生は、雇用主ではなく、従業員の利益にならなければなりません。この場合、雇用主によると、ホテルサービスの購入は従業員に経済的利益をもたらさない-宿泊施設を提供することは委託された仕事の適切な遂行を可能にし、これは雇用主の利益になる。特定の場所で公的な活動(保証修理)を行う必要がなければ、従業員は宿泊サービスを利用する必要はありません。したがって、従業員が自分でこれらのサービスを購入することはないため、従業員の宿泊サービスの購入は収入ではありません。これらのサービスの購入は、委託されたタスクに関連しており、従業員に利益をもたらすものではありません。

この場合、雇用主は正しいです。宿泊サービスの購入は、従業員に経済的利益を与えるものではなく、雇用主の最善の利益になります。宿泊施設の提供は、委託されたタスクの適切な実行を可能にします。上記のタスクを実行する必要がなければ、従業員は宿泊サービスを購入しませんでした。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

従業員の職務を遂行しながら昼食を購入する

最初に、2014年7月8日の憲法裁判所の画期的な判決K7 / 13を思い出してみましょう。 12秒アートに関連して1。 11秒1とアート。 12秒アートに関連して3。 11秒ポーランド共和国憲法の遵守のプリズムによる個人所得税法の2–2b。判決において、裁判所は、雇用者の所与の無償の利益が雇用関係からの収入を構成するかどうかを決定する際に適用されるべき基本的な基準は、有形の金銭的利益を取得する形であるかどうかにかかわらず、従業員の貢献であると述べました。測定可能な節約の形。費用。憲法裁判所は、従業員の税収には次のような給付が含まれる可能性があるとの判決を下しました。

  • 従業員の同意を得て会った(彼はそれらを完全に自発的に使用した);

  • 彼らは彼の利益のために(そして彼の雇用主の利益のためではなく)成就し、彼の資産を増やすか、彼が負担しなければならない費用を回避するという利益を彼にもたらしました。

  • このメリットは測定可能であり、個々の従業員に起因します(通常、すべてのエンティティが利用できるわけではありません)。

例2。

ヒートポンプを製造する雇用主は、サービス技術者のグループを雇用しています。ポンプが損傷した場合、移動作業員は保証期間中の機器の修理に責任を負います。メンテナンスサービスは、ポンプが設置されている場所、つまりお客様の施設で行われます。修理中、雇用主はサービスワーカーに昼食を提供します。雇用主は、昼食(ハーフボード)の提供は、従業員の利益のために、雇用関係から従業員の収入を生み出さないと考えています。

この場合、モバイルワーカーの食事のために雇用主が負担した費用の価値は、この従業員にとって無償の利益となり、雇用関係からの収入になります。公務を税収として遂行している間、従業員のための食糧の資金調達を考慮しないことの合理的な正当化はここにはありません。従業員が受け取るこの種の利益は、それが提供された目的や状況に関係なく、彼にとって個人的なものです。従業員が行う職務の性質は、居住地外での仕事の遂行に関連しており、雇用主が彼のために食事をカバーする(資金を提供する)義務があることを意味するものではありません。従業員は、職務を遂行する場所に関係なく、常に食費を負担します。したがって、宿泊サービスの購入とは対照的に、従業員のための食料の購入は、従業員の税収を構成します。

上記は、2019年7月31日の国家税務情報局長0112-KDIL3-1.4011.176.2019.1.ANの個別の解釈によって確認されており、税務当局は、作業中に納税者のために食品を購入することを確認しました。出張の場合、税控除の対象となる費用は含まれません。