会社のロゴを注文するときに覚えておくべきことは何ですか?

サービス

会社のロゴを委託するときは、著作権に関連する事項に注意する必要があります。十分に準備された契約は、契約当局がロゴを可能な限り使用し、将来それを変更する可能性を与えることを可能にするはずです。

著作権で保護されている会社のロゴ

会社のロゴを注文するときは、著作権に関連する問題を規制することを忘れないでください。ブランドを識別するために使用されるロゴ、つまりグラフィックフォーム、シンボル、様式化された碑文は、ほとんどの場合、著作権法の意味の範囲内の作品です。個々のキャラクターの創造的な活動の現れであるだけで十分です。

ロゴが著作権の対象であるという事実は、その実装を注文し、彼のビジネスでそれを使用することを意図している起業家にとって重要な結果に関連しています。それでも、多くの起業家は、ロゴを注文するときに、自分たちの利益を適切に確保していません。たとえば、彼らはロゴの経済的著作権、つまり所有権と同等のものを取得することを気にしません。この問題を契約に含めないと、将来問題が発生する可能性があります。

会社のロゴを注文するときに何を注文しますか?

合意された報酬を受け取るロゴデザインを準備することをグラフィックデザイナーに同意するだけでは、間違いなく十分ではありません。暗いシナリオを想定すると、契約が著作権の問題に注意を払っていないため、このように注文されたプロジェクトを私たちのビジネスで使用できないことが判明することさえあります。

ロゴの作成を注文するときは、以下に関連する事項に注意する必要があります。

  • 個人の著作権-例:作品への署名を要求する権利を行使しないという作成者のコミットメント。

  • 所有権のある著作権-それらは契約当局に譲渡されますか、それとも単なるライセンスですか?それがライセンスである場合-どちらが排他的または非排他的で、一定期間または無期限ですか?

  • ロゴを変更する権利。

個人の著作権

作品を作成した作者は、その作品に道徳的および経済的な著作権を持っています。それらはどのように異なり、ロゴを注文する起業家にとってなぜ重要なのですか?

個人の著作権は常に作成者が保有します。他人に譲渡することはできません。それは「作品との創造者の絆」であり、特に以下の権利です。

  1. 作品の作者;
  2. 作品に自分の名前または仮名でマークを付けるか、匿名で利用できるようにします。
  3. 作品の内容と形式の不可侵性とそのフェアユース。
  4. 作品の最初の公開を決定する。
  5. 曲の使用に関する監督。

著者は、とりわけ、次の権利を有します。彼の作品に署名することを要求する。これは、会社のロゴを注文する目的とは相容れません。ロゴを注文した人のブランドを宣伝することであり、誰がロゴをデザインしたかを知らせることではありません。ロゴの内容と形式の整合性の問題も同様です。作成者の同意なしに、たとえば、ロゴの色を変更したり、将来的に変更したりすることはできません。

個人の著作権は「時間制限がない」ので、契約で身を守る方法はありますか?

実際には、この問題は、契約に条項を導入することによって解決されます。これによれば、著者は、受け取った報酬の一部として、著作者人格権に起因する権利を行使しないことを約束します。

契約の条項の例:

出演者は、作品の個人的な著作権を行使しないことを約束します。

請負業者は、発注者、その法的後継者、ライセンシー、および発注者がその代理として著作者人格権を行使するための著作者人格権を行使する権利を譲渡する事業体を承認します。.”

著者は、たとえ彼が作品の経済的著作権を他の人に譲渡したとしても、常に道徳的著作権を得る権利があります。

財産の著作権

ロゴを注文するときによくある間違いは、ロゴの所有権、つまり所有権に相当するものが注文者に確実に渡されないことです。

経済的著作権は、作品を使用および処分する独占的権利であり、契約で指定された使用分野での作品の使用に対する報酬です。

財産権の譲渡

注文者にとって最善の解決策は、作品(ロゴ)の経済的著作権が注文者に譲渡されることに同意することです。ほとんどの場合、契約では、報酬の支払い時に発生することが規定されています。その場合、問題は明確になります。契約当局はロゴの権利のみを有し、ロゴの使用方法を決定し、それを販売できるのは彼です。

ロゴを注文したクライアントに所有権の著作権が譲渡されたことが保証されていない場合はどうなりますか?ロゴがライセンスの下で使用できるかどうかを確認する必要があります。記事の後半でそれについて書きます。

重要!
所有権の譲渡に関する契約は書面で締結する必要があります。そうしないと無効になります。

ロゴを使用できる場所、つまり搾取の分野

著作権法は、作品が使用される使用分野を指定する契約を義務付けています。所有権の譲渡に関する契約は、明示的に言及されている搾取の分野のみを対象としているため、これは重要です。

契約書に使用分野が記載されていない場合、経済的著作権は譲渡されません。そのため、契約でそれらを省略しないことが非常に重要です。多くの場合、どの使用分野に入るのか疑問がある人は、著作権法に記載されているすべての使用分野を契約に含めます。これは間違いではありません。可能な限り著作権を譲渡することができます。

搾取の個別の分野には、特に次のものが含まれます。

  • 作品の記録と複製の分野-印刷、複写、磁気記録、デジタル技術などの特定の技術を使用して作品のコピーを作成する。

  • 作品が記録されたオリジナルまたはコピーの取引に関して-オリジナルまたはコピーのマーケティング、貸与またはレンタル。

  • 上記以外の方法で作品を配布する範囲で-公演、展示、展示、複製、放送および再放送、ならびに誰もがアクセスできる方法で作品を一般に公開する彼らが選んだ場所と時間でそれに。

ロゴを変更する権利

契約のロゴを変更する権利を提供することも価値があります。たとえば、小型化された「簡略化された」バージョン、他の色の使用が必要になる場合があります。数年後、起業家は、関連する既存の要素を維持しながら、ロゴを新しいトレンドに適応させて「更新」したいと思うかもしれません。ロゴへのそのような介入が契約で規定されていない場合、作者の同意なしにそれらを行うことはできません。

契約でこれから身を守る方法は?著者が派生著作権の行使に同意する条項を含める必要があります。

契約の条項の例:

請負業者は、アートの意味の範囲内で作品の作品を処分および使用する許可を発注者に付与します。 2節無期限の著作権および関連する権利法の2。請負業者は、発注者および発注者によって承認された人物が、請負業者に相談する義務を負うことなく、変更、変更、および改作を含む作業の変更を行うことに同意します。