EORI番号-誰が持っている必要がありますか? NS。 1

Webサイト

ポーランドの納税者は、欧州連合外の請負業者から商品を購入することが増えています。さらに、ポーランド企業による商品の輸出の増加のダイナミクスの指標は、依然として上昇傾向を示しています。輸出入、ひいては欧州共同体外からの請負業者向けの商品の売買を行うには、多くの手続きを完了する必要があります。最も重要なものの1つは、税関システムでEORI番号を申請することです。

EORI番号とは何ですか?それは何が重要ですか

EORIは、物品の移動の税関目的での経済事業者の登録と識別のためのEUシステムの略です。このシステムは、その名前が示すように、欧州連合のすべての加盟国で機能し、税関エリア間、つまり欧州共同体諸国と第三国間(つまりEU外)での商品の移動に関する税関規則が含まれています。 EUと非EU諸国間の通関品の移動を処理する基本的な機能に加えて、EORIシステムは以下を容易にします。

  1. EORI番号を割り当てるための申請書を提出するための手順、
  2. 商品の輸出入に必要な書類を入手し、
  3. 通関手続きの効率的かつ迅速な実施、
  4. EUと非EU諸国間の商品の移動。

一方、EORI番号は、経済主体が将来EU以外の国に商品を輸出したい場合、またはEU以外の国から輸入したい場合に取得するために必要な識別子(識別番号)です。したがって、EORI番号は、税関の目的でのみ機能し、第三国との間の輸出入の一部としての商品の移動に関する税関法の実施に関連して機能する識別子です。 EORIシステムが運用される税関規則には次のものが含まれます。

  1. 付加価値税の共通システムに関する2006年11月28日の理事会指令2006/112 / EC、
  2. コミュニティ税関コード、
  3. 税関法、
  4. 税関法。
  5. 商品やサービスに対する税金に関する法律、
  6. 別。

EORI番号が必要な人

EORI識別番号は、欧州連合に登録事務所を持ち、商品の輸出入を予定しているすべての経済主体に必要です。 EORI番号は、企業が欧州共同体以外の国に最初に購入または販売する前に取得する必要があります。経済主体は、事業活動を行う自然人、パートナーシップ、資本会社、または商品を輸出入するその他の主体である可能性があります。

例1。

事業を営む自然人であるポーランドの納税者は、米国、スイス、あるいはロシアや南アフリカなどから商品を輸入したい場合(EUフリーゾーン内での許容できない移動)、EORIシステムに登録して取得する義務があります。 EORI識別子。

例2。

事業を営むポーランドの有限責任会社は、ウクライナからの個人および企業のクライアントに商品を販売したいと考えています。その前に、彼はEORIシステムに登録し、会社を代表する権限を与えられた自然人を任命し、販売を行う前にEORI識別番号の申請を提出する必要があります。

ただし、欧州共同体で事業活動を行っている納税者(第三国から商品を売買したい)だけがEORI番号を取得する義務があることを強調しておく必要があります。また、EU以外の国で事業活動を行っており、欧州共同体の領土に商品を輸出または輸入しようとする納税者は、EORIシステムに登録する必要があります。

EORI番号-機能

前述のように、欧州連合の税関地域外で商品を売買するには、EORI番号が必要です。さらに、EU諸国に商品を販売したり、これらの国から商品を輸入したりする欧州共同体外の事業体も利用できる必要があります。

EORI番号の本質的な特徴は、1つの経済主体に一度だけ割り当てられることです。商品の最初の輸出入を希望する経済事業者は、最初の通関時までにEORI番号を持っている必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

EORI番号の取得方法

EORI番号の申請を希望する経済団体は、必要な申請書を郵便または宅配便で中央税関登録の住所に送付することにより提出できます。
また、登録申請書を直接(特定の事業体によって承認された人)、税務行政室、税関および税務署、または県税務局に提出することもできます。
ただし、どちらの方法でも、EORI番号を申請する事業体は、登録申請を処理する人の身元を確認するために、EORI番号を表す人を税関および税務当局に(少なくとも1回)送る必要があることを強調しておく必要があります。 EORI番号の割り当て、および場合によっては他の税関の問題を確認するため。 EORI識別子を申請する最後の方法は、PUESCプラットフォームを介して電子申請を提出することです。 EORI番号を取得する最後の方法については、出版物の第2部で詳しく説明されています。