ヨーロッパのNIP(納税者番号)-誰がそれを持っている義務がありますか?

Webサイト

起業家は、事業を営む際に、外国の請負業者、つまり他の欧州連合諸国または欧州連合外からの取引を行うことがよくあります。このような取引を正しく決済するために、納税者は特別なNIP(納税者番号)を使用します。これは呼ばれますヨーロッパのニップ。それを取得する方法とすべての起業家はそれを持っている義務がありますか?それをチェックしよう!

欧州納税者番号(NIP)とは何ですか?

まず、欧州NIPは、欧州連合諸国との取引にのみ適用されることを強調しておく必要があります。これは、納税者がコミュニティ内で取引できるようにするために付けられる納税者番号です。起業家はいわゆるNIP-EUは、ポーランドの納税者にとって、事業を立ち上げるときに割り当てられたNIPのように見えますが、接頭辞PLが前に付いている点が異なります。この追加のマーキングは、この番号を使用して起業家の出身国を識別します。 ポーランドの起業家の場合、ヨーロッパの納税者番号(NIP)は、PLプレフィックスと10桁のシーケンスで構成されているため、PLXXXXXXXXXXの形式になります。

すべての起業家はヨーロッパの納税者番号を持っている必要がありますか?

コミュニティ内取引には、アクティブなVAT納税者とVAT免税の恩恵を受ける起業家の両方が含まれる場合があります。アクティブなVAT納税者の場合、VAT-EUに登録する絶対的な義務は、取引を完了する前に発生します。

  • コミュニティ内の商品の取得(WNT)、
  • 商品のコミュニティ内配送(WDT)、
  • サービスのコミュニティ内供給。VATの決済はサービスの購入者の責任です。
  • アートの対象となるサービスのコミュニティ内取得。 VAT法の28b、つまり、ポーランドの納税者が、締結された取引のためにVATを決済する義務がある場合。

VAT免税の恩恵を受ける納税者は(客観的または客観的に)、他のEU加盟国の起業家と取引を行う前に、つまり次のような状況でVAT-EUに登録する必要があります。

  • コミュニティ内の商品の取得(コミュニティ内の商品の取得)

コミュニティ内の取得取引を締結するVAT免税の恩恵を受ける納税者の場合、立法者は、欧州の納税者番号(NIP)を取得する義務、つまりVAT-EU登録の免除を規定しています。 アートに準拠。 97秒VAT法の2では、コミュニティ内での商品の取得額が特定の年に50,000 PLNを超えない場合、VAT免税の恩恵を受ける納税者はVAT-EUに登録する必要はありません。

  • サービスのコミュニティ内供給。VATの決済はサービスの購入者の責任です。
  • アートの対象となるサービスのコミュニティ内取得。 VAT法の28b。

ヨーロッパのNIPとJPK_V7

バイヤーまたはサプライヤーが使用するヨーロッパの納税者番号は、その原産国コードと密接に関連しています。これは、納税者番号(NIP)の前に使用されるプレフィックスです。 JPK_V7ファイルでは、このコードはKodKrajuNadaniaTINフィールドに含まれており、税金または付加価値税の目的でバイヤー、サプライヤー、またはサービスプロバイダーを識別するための番号を割り当てる国のコードを表します。国コードの使用に関する財務省の説明によると、取引の場合は次の理由から、取引の種類を確認することが重要です。

  1. 国別-コードが請求書に含まれている場合は、コード「PL」をKodKrajuNadaniaTINフィールドに入力する必要があります。これは、請求書にそのようなデータが含まれている場合は、コード「PL」を入力することを意味します。
  2. EU法-VAT法の規定および請負業者/サプライヤーの国の付加価値税に関する法的規制が、これを割り当てる国の文字コードが前に付いている納税者番号を使用する義務を課している場合番号、Kod KrajuNadaniaTINがわかっている場合は、それを完了します。たとえば、ドイツの請負業者の場合は「DE」です。
  3. EU外-納税者が収集したデータでこのフィールドに入力できる場合は、フィールドKodKrajuNadaniaTINに入力する必要があります(米国の場合は「US」など)。国コードの判別が困難な場合は、フィールドを空白のままにすることができます。

VAT-EUへの登録

VAT-EUに登録するため、つまり欧州の納税者番号(NIP)を取得するために、起業家はパートC.3が記入されたVAT-Rフォームを提出する必要があります。コミュニティ内の実装について。

VAT-Rフォーム(申請書または更新フォーム)は、直接税務署に提出するか、郵送するか、資格のある署名を使用して電子的に送信する必要があります。 非VAT納税者がヨーロッパのVAT番号を取得した場合でも、VAT免税の恩恵を受けることができます。 VAT-EUへの登録は、この権利の喪失に影響を与えることはなく、VATへの登録と同等ではありません。

VAT-UEは誰のために、VAT-EUは誰のために?

他のEU諸国の請負業者からサービスや商品を購入する場合、原則として、販売請求書には販売者のヨーロッパのVAT番号、つまり、請負業者の場合など、特定の国の接頭辞が前に付いたVAT-EU番号を含める必要があります。イタリアからはITであり、売り手がドイツからの会社がある場合は、DEプレフィックスになります。外国取引を締結する際、起業家は、EUプレフィックスが前に付いたNIP番号が記載された購入請求書を受け取る場合があります。これは、そのような取引がコミュニティ内の買収として扱われるべきであることを意味しますか?

アートに準拠。 132秒VAT法の1では、欧州連合の領土に登録事務所、永住権、または常居所を有する個人(事業活動を行っていない)に電気通信サービス、放送サービス、または電子サービスを提供する外国の事業体は、加盟国に通知を提出することができます特別なVAT決済手続きを使用する意図を通知する身分証明書の状態。 アート131秒VAT法の1ポイント6:
特別なVAT決済手続き- 「これは、電気通信サービス、放送サービス、または電子サービスを消費の加盟国に身分証明書の加盟国を介して提供するために支払われるべきVATの決済を意味します。」。 したがって、特別なVAT決済手続きを使用する欧州連合外の起業家は、申告書を提出した後、EUプレフィックスが前に付いた欧州NIPを受け取ります。そのような売り手番号の請求書が事業を営む起業家によって受け取られる状況では、彼はその取引をコミュニティ内の買収としてではなく、EU以外の請負業者からの商品またはサービスの輸入として扱います。

VAT-EU宣言とは何ですか?

コミュニティ内取引、コールオフ株、コミュニティ内サービス、またはコミュニティ内サービスを行う欧州納税者番号(NIP)の起業家は、毎月のVAT-EU要約情報を送信する必要があります。この文書は、税務署に支払うVATの計算に基づく税申告の形式ではありません。 VAT-EUの要約情報は情報提供のみを目的としており、報告文書です。

VAT-EUの要約情報には、次のような取引が表示されます。

  1. コミュニティ内の商品の取得、
  2. 商品のコミュニティ内配送、
  3. アートのサービスのコミュニティ内供給。 VAT法の28b。
  4. コールオフ在庫手続きに基づくコミュニティ内取引および商品の移動

アートに準拠。 100秒VAT法第3条では、VAT-EUの要約情報は、前述の取引の少なくとも1つが行われた月の翌月の25日までに提出されます。この文書は、アクティブなVAT納税者とVAT免税の恩恵を受けている起業家の両方から提出されます。 VAT-EUの要約情報は、電子形式で、毎月の期間のみ提出されます。 起業家が特定の月にコミュニティ内取引を完了しなかった状況では、彼はVAT-EUの要約情報を提出しません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

VAT-EUからの登録抹消

欧州のNIP(納税者番号)は、登録申請書を提出した後、起業家に割り当てられます。ただし、特定の状況では、起業家がVAT-EU納税者の登録から税務署によって削除される場合があることに留意する必要があります。削除は次の場合に行われます。

  • 起業家は、6か月連続または2四半期連続で、JPK_V7MまたはJPK_V7Kファイルを提出します。このファイルには、税額が差し引かれる商品またはサービスの販売または購入は表示されません。
  • 次の3か月間、起業家はそのような義務にもかかわらず、VAT-EU要約情報を提出しませんでした。
  • 起業家はアクティブなVAT納税者の登録から削除されました。

アート97秒VAT法の15:
「第1項から第3項で言及されている事業体が、3か月連続または四半期にわたって、第99条第1項、第2項、または第3項で言及されている、商品の販売、購入、またはサービスも、控除される税額のある商品の輸入も、税務署の長は、このエンティティをEU VAT納税者として登録から削除し、削除を通知します。

例1。

アンナさんは、ヨーロッパの納税者番号を持つアクティブなVAT納税者です。休暇期間中(6月から9月まで)、彼女は活動を停止し、その間収入はありませんでした。しかし、活動を停止することは決定しませんでした。したがって、彼女の納税義務を果たすために、アンナさんは6月、7月、8月にゼロのVAT申告書とJPK_VATファイルを提出しました。 10月、アンナさんは税務署からVAT-EU登録から削除されたという情報を受け取りました。アンナさんは、登録簿からの削除を避けるために、ゼロのVAT-EU要約情報を提出する必要がありますか?

原則として、VAT申告およびJPK_VATファイル(2020年10月以降1つのJPK_V7構造に置き換えられています)とは異なり、ゼロのVAT-EU要約情報を提出しないでください。アンナ女史が3か月連続でVAT申告書に商品またはサービスの販売と購入を示さなかったという事実により、事務所はアンナ女史をVAT-EU登録から削除する権利を有していました。したがって、他のEU加盟国の事業体と取引を行う前に、アンナさんはVAT-EUに再登録し、この目的のためにVAT-Rフォームの更新を提出する必要があります。

例2。

Jan氏は、JPK_V7Mファイルを3か月連続で提出しましたが、売上高は示されていませんでした。しかし、彼はファイルに示した費用を負担したため、納税額を超える仮払消費税があり、それはその後の期間に繰り越されました。さらに、ヤン氏は3か月間コミュニティ内取引を行わなかったため、VAT-EUの要約情報を提出しませんでした。このような状況の事務所は、ヤン氏をVAT-EU納税者の登録から削除できますか?

いいえ、Jan氏はコミュニティ内取引を完了せず、JPK_V7Mファイルに売上を示さなかったにもかかわらず、VAT-EU納税者の登録からJan氏を削除することはできません。ファイルから差し引かれました。したがって、税務署の長は、ヤン氏をVAT-EU登録から削除する理由がありません。

wfirma.plシステムでVAT-UEを生成する方法は?

wfirma.plシステムでVAT-EU情報を生成するには、タブに移動します:スタート»税金»付加価値税»宣言の追加»EU付加価値税情報。この文書は、VAT購入および販売台帳(アクティブなVAT納税者の場合)または外国取引のVAT台帳(VAT免除の恩恵を受ける納税者の場合)のデータに基づいて自動的に完成します。