ワクチン未接種の従業員-無給休暇または出向

コサイス変更

COVID-19、その他の感染症およびそれらによって引き起こされる危機的状況の予防、予防および闘いに関連する特別な解決策に関する法律、およびその他のいくつかの法律(UD271)を修正する法律草案の作業が進行中です。改正された規則が発効した場合、ワクチン未接種の従業員は別の職場で働くように委任されるか、無給休暇で雇用主から派遣される可能性があります。

ワクチン未接種の従業員-無給休暇または出張

新しい規則によれば、ワクチン接種を受けていない、またはコロナウイルス感染に苦しんでいない従業員は、別の職場でも別の仕事をするように雇用主から委任されるか、無給休暇に置かれる可能性があります。

「提案された規制は、雇用主がワクチン接種、SARS-CoV-2感染の事実、またはSARS-CoV-2の有効な陰性診断テスト結果を持っているという事実についての情報を入手できるようにするソリューションの導入を規定しています。 COVID-19のワクチン接種を受けていない、またはSARS-CoV-2診断テストの結果によって確認されたSARS-CoV-2ウイルス感染に合格していない、またはSARS-CoV診断テスト-2の有効な陽性結果の場合、雇用主はこの人を彼/彼女の恒久的な職場の外で働くように、または仕事の種類に対応する報酬で別の種類の仕事に委任するか、彼を送ることができます無給休暇について」 -リストに書かれています。

「求職者との雇用関係を結ぶ前に、上記の情報を期待することも可能です」 - 追加した。

予防接種を受けた人の利益のために活動を行う

新しい規制は、もう1つの非常に重要な変更を導入することです。アートで言及されている一時的な制限の範囲内で事業活動を行っている人。人間の感染症および感染症の予防と闘いに関する2008年12月5日の法律の46bポイント2は、経済活動が以下のために実行される場合、そのような制限の対象にはなりません。

  • COVID-19の予防接種を受けた人。
  • SARS-CoV-2の診断テストの結果によって確認されたSARS-CoV-2ウイルス感染の病歴のある人。
  • SARS-CoV-2の有効な陰性診断テストを受けている人。

これは非常に重要な変更です。一方で、そのような変更は起業家にとってプラスになりますが、他方では、それは社会におけるワクチン未接種の人々の機能の強い制限を構成します。

雇用主は予防接種に関するデータをどこから入手しますか?

新しい規制のおかげで、雇用主は彼の従業員の健康状態を確認することができます。この目的のために、e-HealthCenterによって作成されたモバイルアプリケーションまたは医療専門家によって発行された証明書が使用されます。証明書には、IDカードの登録簿から撮影した写真と、発行およびキャンセルされたパスポート文書の記録が含まれます。

保健省はプロジェクト全体に責任があります。