オンラインストアで購入した商品のリリースの失敗-結果

サービス

小規模または大規模でオンラインストアを運営している起業家は、契約締結の招待条件の決定、オファーの提出、契約締結の瞬間の決定に関連する困難に苦しんでいます。これらの問題は、店舗規制の作成段階で発生します。保護されているにもかかわらず、ネットワーク障害、サーバー障害、人為的エラー、商品の枯渇などの予期しない状況が発生する可能性があります。これにより、起業家はそれを顧客に提供できなくなります。それでは店主はどうすればいいですか?消費者の主張にどのように対応しますか?オンラインストアで購入した商品の引き渡しに失敗するとどうなりますか?私たちの記事で調べてください!

消費者

消費者は、民法に基づき、事業や職業活動に直接関係のない起業家と法的な取引を行う自然人です。

したがって、誰かが仕事でまたは専門的な活動のためにそれを使用する目的でコンピュータを購入する場合、彼はそれを消費者として購入していません。ただし、国内専用の場合は、職業や事業活動によるプロジェクトの作成には使用せず、商品の購入は起業家(売り手)と消費者の関係の範囲に含まれます。 (買い手)。

消費者は、起業家との関係において弱い当事者として扱われることがよくあります。彼は、規則を知り、それらを流暢に使用し、申し出と招待を区別し、または契約を締結し、売買契約を締結する瞬間を決定する義務はありません。以下を含むこれらすべてのことについて消費者に通知することは、起業家の責任です。

  1. 製品の名前とその価格。

  2. 契約締結手続きを構成する技術的活動-契約が締結されたときに通知します。

  3. オファーの受領の相手方による確認の法的効果;

  4. 起業家が締結した契約の内容を記録、保護、および相手方に共有するための規則と方法-これは通常、規則で指定されているか、注文の受領を確認する電子メールの内容で送信されます。

  5. 入力されたデータのエラーを検出および修正するための方法と技術的手段。起業家はこれを相手方に義務的に提供します。

  6. 契約が締結される可能性のある言語-特に外国の配送でオンラインストアを運営している場合;

  7. それが適用する倫理規定と電子形式でのそれらの入手可能性。

契約締結の瞬間を決定する

各オンラインストアには、その運営に関する規制が必要です。たとえば、消費者とオンラインストアを運営する起業家との間で契約が締結されたときなどの情報が含まれている必要があります。契約が締結されていない場合、消費者は実際に商品を購入しておらず、起業家が商品の引き渡しを約束していないため、販売者に商品の配達を要求できないため、これは重要です。

オファー

起業家は、価格を表示してオンラインストアに商品を配置することにより、このようにオファーを作成します。その宛先は無制限のオーディエンスです。定期的か偶然かに関係なく、特定のWebサイトにアクセスする人々は、すばらしいオファーを見つけてオンラインストアにアクセスします。オンラインストアの規制で別段の定めがない限り、消費者は、オンラインストアでアイテムを表示し、それらをバスケットに追加して、売り手によるオファーを受け入れます。

ご注文を承り、バスケットを完成させ、お支払い・配送方法を選択した後、売買契約を締結します。そのようなモデルでは、それを受け入れるのは買い手に申し出をする売り手です。

契約締結のご招待

ただし、規則では、オンラインストアの品揃えで入手できる製品に関する情報は、契約を締結するための招待であり、オファーではないことを規定できます。この場合、ウェブサイトに表示されている商品と価格は、起業家から提出されたオファーではなく、情報提供のみを目的としています。次に、規制は、契約がいつ締結されるかを指定する必要があります。

例1。

顧客による注文は、X(店舗名)に対して、注文された製品の売買契約を締結するためのオファーを意味します。 Xがすぐに/ 24時間以内/ 3営業日以内に受領を確認した場合、それは顧客を拘束します。

このようなモデルでは、起業家に特定の製品を購入したいというオファーを起業家に向けるのは消費者であり、これが行われるかどうかの決定はオンラインストアの所有者によって行われます。 Media MarktやEmpikなどの大企業は、各注文を直接表示して確認する余裕がありません。このような大規模な起業家では、即時の自動注文確認が最も人気がありますが、しばらくして商品が利用できないか、指定された価格がサーバーまたはネットワークエラーの結果であり、大幅に過小評価されていることが判明した場合、そのような申し出を提出した消費者に責任があります。

注文数が少なく、独立して、または従業員の助けを借りて注文の流入を制御できる小規模な起業家の場合、注文の受領を確認する期限を設定して、事前に確認することが有利です。適切な品揃えを持っているか、インターネットで価格が正しい場合、商品の在庫がない場合は、メーカーから商品を持参するか、自分で生産することができますか(3の制限時間を設定する価値があります)商品の生産のための時間を与えるための営業日)。

したがって、オンラインストアを運営することにより、2つの方法で契約を締結することができ、契約は両方の当事者を拘束します。買い手は代金を支払い、商品を受け取る義務があり、売り手は自分の財産を買い手に譲渡し、購入した商品を彼に引き渡す義務があります。

アイテムの引き渡しをリクエストする

契約が締結され、売り手によって確認された場合、またはオファーの変形で、消費者が商品を注文し、配達および支払いの方法を選択した場合、売り手は商品を彼に引き渡す義務があります。さまざまな理由で、彼がそれを行うことができない場合-倉庫の不足、販売からの製品の撤退と製造業者からの購入の不能、商品の製造の不能、誤って述べられた低価格と商品の販売の不採算、消費者は彼に商品の配達を要求するかもしれません。

消費者の立場は起業家に対して特権的であるため、彼とコミュニケーションをとることは価値があります。要求に応じて、契約の不履行の理由を説明する必要があります-在庫の不足や生産からの撤退など、客観的に不可能な場合、消費者は商品を入手できないため、説明しますそれに応じた彼への状況は問題を終わらせるはずです。それにもかかわらず、買い手は、注文を確認する前に、起業家が商品を自由に使えるかどうか、そうでない場合は時間通りに持っていくことができたかどうかを確認する必要があることを示す場合があります。価格設定エラーを引用するには、トレーダーは、消費者がエラーについて知っているか、簡単に気付く可能性があることを証明する必要があります。状況が明らかな場合、これまでに10,000ズウォティで提供された商品と10ズウォティの費用は、「000」を入力しなかった結果であっても、明らかな間違いです。たとえば、PLN8,000とPLN3,500の違いはそれほど明白ではありません。さらに、プロモーションに関する情報がこの割引価格で追加された場合、それが消費者が気付いたかもしれないエラーの結果であったことを証明することはより困難になります。

起業家が明らかな誤りを犯さなかった場合、または在庫を確認する義務を省略し、それでも購入者の申し出を受け入れ、契約を締結した場合は、この事件に対する友好的で法廷外の解決策を検討する価値があります-との合意に達する交換品を割引価格で受け取ることが多い消費者は十分であり、訴訟を起こすことはありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

オンラインストアで購入した商品の引き渡しの失敗-商品の配達の訴訟

商品の引き渡しの失敗および召喚状への応答の失敗は、消費者が商品の配達の請求を裁判所に提出する結果となることがよくあります。たとえば、メーカーのウェブサイトで情報が広められた生産の停止など、商品の発行が不可能であることが明らかな場合、訴訟に応じて商品を調達すると、購入者の要求は拒否されます。

価格の誤りを引用しても、起業家の勝利が常に保証されるわけではありません。なぜなら、彼は誤りが重大で明白であることを証明しなければならないからです。彼がエラーについて知っていたならば、彼はオンラインストアでそのような申し出を提示しなかったでしょう、そして同時に買い手はエラーについて知っていたか、それについて簡単に知っていたはずです。そのためには、リリースを要求された商品が入手可能なWebサイトの数と、それらが表示される価格を比較のために示すと便利です。当社のオンラインストアの「大幅に控えめな価格」が他のストアのこの製品の価格と大幅に異ならない場合、裁判所は誤りがあったとは見なしません。この低価格では、プロモーションに関する情報がないことも重要です。プロモーションが発生した場合、起業家が勝つ可能性は低くなります。起業家が負けた場合、彼はまた、彼が事件でそれを任命した場合、彼の弁護士の費用を含む、消費者の利益のための手続きの費用を請求されます。

したがって、商品の配達の失敗、すなわち起業家による契約の不履行が彼の責任の理由によるものである場合、紛争を友好的に解決することを試みる価値があり、したがって両方の配達の義務を危険にさらすことはありません。商品と訴訟の費用を相手に払い戻す。