民事訴訟の無効性-結果はどうなりますか?

サービス

民事訴訟の無効性は、欠陥のある民事訴訟の救済策です。その間に重大な誤りまたは脱落があった場合、そのような手続きは無効と見なされるべきであり、裁判所はすべての活動を新たに実行しなければなりません。手続きの無効の制度についてあなたは何を知っておくべきですか?いつ、どのように使用できますか?裁判所は、訴訟が無効と見なされるべきかどうか、および訴訟が無効であるとの宣言の結果はどのようなものであるかをどのように調べますか?記事から調べてください!

民事訴訟の無効性-理由

手続きは無効です。

1)裁判所のルートが許可されなかった場合。

2)当事者に司法または手続き上の能力がなかった場合、その当事者またはその法定代理人を代表するように任命された機関、または当事者の代理人が正式に承認されていない場合。

3)以前に開始された訴訟が同じ当事者間の同じ請求に対して係属中である場合、またはそのような訴訟がすでに法的に裁定されている場合。

4)判決裁判所の構成が法律の規定と矛盾する場合、または法により除外された裁判官が事件の審査に参加した場合。

5)当事者がその権利を擁護する能力を奪われた場合。

6)紛争の主題の価値に関係なく、地方裁判所が有能である場合に地方裁判所が判決を下した場合。

上記の条件に加えて、民事訴訟法はさらに2つ、国の管轄権の欠如と司法権の免除について言及しています。

当事者からその権利を擁護する機会を奪う

公正な裁判を受ける憲法上の権利を確保するという観点から、廃止の最も重要な前提条件の1つは、当事者からその権利を擁護する能力を奪うことです。

2015年11月20日の最高裁判所-民事会議所の和解した判例法、I CSK 888/14は、この前提について議論するとき、次のことを示しています。
「当事者がその権利を擁護する能力を奪われているために訴訟が無効になるのは、裁判所または紛争の反対者による手続きの特定の規定に違反したために、当事者が参加できなかった場合のみです。訴訟の重要な部分。したがって、当事者の弁護の剥奪のために、訴訟の取消のための訴訟への当事者の参加に関連する特定の規定の違反があったことを立証するだけでは不十分ですが、それを証明することも必要です。その違反の結果として、当事者は訴訟の実質的な部分に参加することができませんでした」。 民事訴訟の不規則性の結果として、訴訟の当事者がこれらの訴訟の重要な部分に参加することができない場合、訴訟は無効となります。 訴訟の取消については、侵害がどのような理由で発生したかは問題ではありません。重要なことに(そして明らかに)、当事者がその権利を擁護できないことが自身の過失の結果である場合、訴訟の無効は発生しません。 自分の権利を擁護できないこと、つまり訴訟を無効にすることができないことは、当事者自身の過失が原因ではない可能性があります。 当事者がその権利を擁護することができないという事実のために無効をもたらす侵害の例として、以下が示される場合があります。

  • 当事者の日付が適切に通知されなかったという事実のために、唯一の控訴審で当事者の専門弁護士が不在であった。

  • 当事者が延期の正当な申し立てを提出した状況で、判決の発行の直前に裁判所による聴聞会を実施する。

訴えの根拠としての無効性

裁判所は職権による手続の無効性を考慮に入れます。したがって、上訴において私たちが無効の罪状認否を提起せず、裁判所がその認定の理由を認めた場合、最終判決でこの事実を考慮に入れる義務があります。 裁判所は、当事者が上訴でこの事実を行使したかどうかに関係なく、無効の異議を支持する義務があります。

手続きを再開するための条件としての無効

アートに準拠。民事訴訟法第401条では、以下の無効性により、手続の再開を請求することができます。

  1. 許可されていない人物が裁判所の構成に参加した場合、または法律によって除外された裁判官が判決を下し、当事者が判決が確定する前に除外を要求できなかった場合。

  2. 当事者が司法または手続き上の能力を持っていなかった場合、または適切に代表されなかった場合、または法律違反の結果として行動する能力を奪われた場合。ただし、判決が確定する前に、行動不能が解消された場合、異議申し立てにより代理人の不足が生じた場合、または当事者が取られた手続き上の措置を確認した場合、再開を要求することはできません。

手続の終了の判決が確定した後、手続を取り消す理由がある場合は、手続の再開を求めることができます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

破毀院手続における審理前上訴の前提としての無効性

教義によれば、破毀院の訴訟において、最高裁判所は、第二審裁判所および第一審裁判所の両方で発生した訴訟の無効性を職権で考慮する義務があります(例えば、11月21日の最高裁判所の判決)。 1997、I CKN 825/97)。 民事訴訟の過程で、取消の理由がある場合、最高裁判所は、原因が第一審または第二審の裁判所での訴訟で発生したかどうかに関係なく、この事実を考慮に入れる必要があります。