信頼性の低い実行された改修-何をすべきか?

サービス

敷地の所有者またはテナントが自分で改修を行うことを決定することはめったにありません。通常、それは、多くの場合、書面による契約を締結することなく、この種の活動に従事する改修および建設会社または自然人にさえ委託されます。良好な建設慣行の規則に反して、または当事者による取り決めに反して、改修が誤って行われた場合、発注者は請負業者に対して特定の請求を受ける権利があります。信頼性の低い改修が行われた場合の対処方法を確認してください。

リノベーションは仕事です

改修の契約はいわゆる結果の契約、つまり、リフォーム業者の善意は重要ではありません-当事者によって締結された契約に従って委託された作業のパフォーマンスとして理解される効果のみがカウントされます。このタイプの契約は、それが勤勉で、しばしば周期的な操作である委任契約とは区別されるべきです。 民法第627条
特定の作業の契約により、注文を受けた人が特定の作業を行うことを約束し、注文者が報酬を支払うことを約束します。

改修は、民法の規定の意味の範囲内での作業です。これは、注文者と呼ばれる改修を注文するエンティティが報酬を支払う義務があることを意味しますが、注文を受け入れるエンティティのタスクは作業の実行です。工事としての改修は、契約の当事者の状況に関係なく、民法(民法第627条)の規定に従うものとします。さらに、ポーランドで適用される契約の自由の原則により、当事者は法的な関係を自由に形成することができます。つまり、リフォーム業者と契約当局は(適用される条項と社会的共存の原則を尊重して)自由に法的関係を形成することができます。契約、とりわけ、不適切に履行された契約に関連する請求を追求する他の方法を確立する。

改修は欠陥なく、契約に従って実行する必要があります

改修の場合、その要素の多くは信頼できない可能性があります。当事者が一般規則を変更しておらず、別段の合意がない場合は、民法の規定が適用されます。

改修が次のように行われる場合:

  • 欠陥がある(つまり、建設慣行の原則に反し、注文された作業に欠陥を引き起こす)

また

  • 契約と矛盾する(すなわち、当事者による取り決めおよび契約当局の合理的な期待と矛盾する方法で)、

作業を注文するエンティティは次のことを行うことができます。

  1. 請負業者に電話して欠陥を修正し、この目的に適した期限を設定します。

  2. 締め切り後-契約からの撤退

また

  1. 欠陥の修理と作業の完了を別の請負業者に委託します。

欠陥を取り除くための費用の正確な計算が不可能な場合、契約当局は、アートの規定に基づいて、見積額の補償を要求することができます。民事訴訟法の322(事件番号III CSK 106/17で発行された2019年3月8日の最高裁判所の判決を参照)。 上記の権利は、芸術の規定に従って、契約当局の権利のカタログを網羅するものではありません。民法第638条では、リフォーム業者は売買契約に適用される保証の規定に基づいてリフォームの欠陥に対して責任を負います。この規則の唯一の例外は、注文者から提供された材料に固有の理由でのみ欠陥が発生した場合です(たとえば、床のひび割れは、建物の所有者が購入したパネルの欠陥のみが原因で発生しました)。 改修契約に基づく請求の制限期間は2年であり、工事の引渡し日または引渡予定日から起算しております。 特に、契約当局は、認識された欠陥の除去を要求する場合があり、欠陥が重大である場合は、契約から脱退する権利があります。修理の費用は、信頼できない請負業者が負担します。欠陥が重大である場合、改修を注文する人は、作業を引き受けて請負業者に報酬を支払う必要はありません(2015年4月17日の最高裁判所の判決を参照。ケースNo. III CZP 8 / 15)。 リフォーム業者は、契約当局に彼が行った作業の保証を提供することができます。売買契約の保証に関する民法の規定は、付与された保証に応じて適用されます。

信頼性の低い改修-計画された改修が遅れた場合はどうすればよいですか?

改修は工事であり、当事者間で締結された契約の性質上、最も重要なことは請負業者によって達成された結果であり、工事自体の過程も契約当局の管理下にあります。改修を注文する事業体は、工事の経過を確認することができ、工事が遅れた場合に対応する権利を有します。 アートの提供。民法の635
受注者が作業の開始または完了により、合意された時間内に作業を完了することができない程度に遅れた場合、契約当局は、追加の制限時間を設定せずに、作業から撤退することができます。作業の実行期限前でも契約します。

この場合、作業を注文した事業体は、修理の受け入れ期限が切れる前であっても、契約を取り消すことができます。撤退の権利は、請負業者が工事を開始したかどうかに関係なく適用されます。最も重要な条件は、所定の期間内に改修が完了する可能性が実際にないことです。このため、各改修工事契約には、工事の納品日を含める必要があります。これにより、遅延が発生した場合、契約当局は合意された日付を証明し、その結果、契約を取り消すことができます。 契約からの撤退は、契約が締結されたことがないかのように扱われるという効果があります。当事者は、契約締結時に受け取ったものを互いに返還する義務があります(たとえば、改修チームは工事に支払われた金額を返還する必要があります)。 契約から脱退する権利については、発注者ではなくリフォーム業者の行動によるものであれば、どのような理由で遅延が発生したかは問題ではありません。 2017年12月8日のBiałystokの控訴裁判所の判決に示されているように、事件番号で発行されました。 I ACa 540/17:

合意された時間内に作業を完了する可能性の欠如が、発注者が責任を負う状況の結果であるかどうかは問題ではありません。したがって、遅延が受注者のデューデリジェンスの結果ではない場合でも、発注者は契約を取り消すことができます。ただし、時間通りに作業を行うことの脅威または失敗は、作業の実行における協力の欠如からなる契約当局に起因する理由によるものであってはならないことが重要です。このような状況では、契約当局が契約から撤退するための条件である、契約当事者側の遅延について話すことは不可能です。」

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

リフォームを注文する際の間違いを避ける方法は?

それぞれの契約関係の場合、当事者によって締結された契約が非常に重要になります。民法は、書面で改修契約を締結する義務を当事者に課していません。それ以外の場合は無効ですが、両当事者の安全のために、この契約はこの形式で締結する必要があります。契約の付属書は、実行される作業を正確に詳細に説明し、それらの実行の方法と日付を指定する必要があります。請負業者が建設資材の配送に責任を負う場合、契約の付属書にはその仕様が含まれている必要があります。当事者の権利と義務を正確に定義することで、起こりうる誤解を回避することができ、紛争が発生した場合の請求の追求も容易になります。改修発注者は、契約に罰則条項を含めることの問題も検討する場合があります。