ZCPとしての不動産-不動産の現物出資または売却

サービス税

不動産は通常、企業で最も価値のある固定資産です。したがって、関連するすべての取引は高い税収を生み出す可能性があります。多くの場合、不動産は現物での寄付として新規事業に譲渡されます。寄付をしている納税者は、上記の活動にどのように課税するか疑問に思っています。 ZCPとしての不動産、現物での売却または寄付はどのように課税されるべきですか?

所得税法におけるZCPの概念

アートに準拠。個人所得税法の5aポイント4は、法律が企業の組織化された部分に言及する場合は常に、特定の経済の実施を目的とした、負債を含む、既存の企業における組織的および財政的に分離された有形および無形資産のセットを意味しますタスク。これらのタスクを独立して実行する独立した企業である可能性もあります。

上記の規定に照らして、基本的な要件は、企業の組織化された部分が有形および無形の資産(負債を含む)のセットを構成する必要があるということです。もう1つの条件は、既存の企業におけるこのチームの分離です。この分離は、組織、財務、機能(特定の経済的タスクの実装を目的としています)の3つのレベルで発生する可能性があります。

組織の分離とは、企業の組織化された部分が、納税者の​​組織構造の中で部門、部門、支店などとして位置付けられることを意味します。教義は、法令、規制、または同様のその他の行為に基づいて行われるべきであると述べています自然。したがって、組織分離の評価は、既存の企業の機能において資産構成要素および関連する重要な権利がどのような役割を果たしたか、つまり、それらが組織的に分離した全体をどの程度構成しているかを判断するという基本的な基準に従って行う必要があります。

経済的分離とは、経済的自立を意味するのではなく、経済的出来事の適切な記録を通じて、企業の組織された部分に収益とコスト、および売掛金と負債を割り当てることができる状況を意味します。

したがって、企業の組織された部分の財務および財産の状況に関する基本的な情報を抽出するという単なる可能性の場合には、すでに話し合うことができます。 したがって、経済的分離は完全な経済的独立と同一視されるべきではありません。 機能的分離とは、企業の組織化された部分が存在するためには、負債を含む有形および無形の両方の要素で構成されている必要があることを意味します。

ZCPを構成する有形および無形のコンポーネントのセットの要素は、特に、固定資産および流動資産、ならびに人的要因、つまりスタッフである必要があります。成分のカタログには、たとえば、これまでに締結された契約からの負債の形で、非プロパティコンポーネントも含まれている必要があります。

コンポーネントは、機能的に関連し、特定の経済的タスクの実装を目的とした組織化された自律的なチームとして扱われるように相互作用する必要があり、ランダムな要素のセットを構成することはできません。その唯一の機能は次のとおりです。それらが単一のエンティティのプロパティであること。

企業の組織化された部分は、実際には、経済的タスクを独立して実行する潜在的な独立した企業であり、その実装は既存の企業で使用されることが重要です。

以上のことから、物件を整理するだけでは不十分であるが、商取引においてそのような必要が生じた場合に独立して機能する可能性があり、完全に組織的かつ財務的でなければならないことを指摘しておかなければならない。そうでなければ、企業の組織化された部分を形成する可能性のあるコンポーネントの組み合わせと見なすことはできません。

つまり、企業の組織化された部分は、個別の企業を運営できる個々のコンポーネントの合計ではなく、組織化されたセットです。ここでの参照点は、企業の機能において資産が果たす役割です。 (それらは、全体として、組織的、財政的、および機能的に別個のものをどの程度構成しますか)。

したがって、特定の資産セットは、それ自体が追加の要素を追加することなく(買収して購入者の事業に組み込んだ後)、事業を運営できる状況で独立した活動を行う能力を持っています。このような状況では、それは企業の組織化された部分と見なすことができます。

企業の組織化された部分の概念は、特定の企業のどの部分もカバーすることはできませんが、アートで設定されたすべての基準を満たす部分のみをカバーします。 5aPIT法のポイント4。

要約すると、PIT法の下では、次のすべての条件が満たされている場合、企業の組織化された部分を扱っています。

  1. 負債を含む有形および無形のコンポーネントのセットがあります、
  2. このチームは、既存の企業で組織的および財政的に分離されています。
  3. これらのコンポーネントは、特定の経済的タスクの実装を目的としています。
  4. これらのコンポーネントのセットは、上記を独立して実装する独立した企業を構成する可能性があります経済的課題。

したがって、分離された資産に依存して事業を運営することが可能な状況では、この資産全体が、関連するすべての負担と収益とともに、企業の組織化された部分を構成すると結論付けることができます。組織的および財務的な分離は、既存の企業内にすでに存在している必要があり、この企業から有形および無形のコンポーネントのセットを何らかの方法で「派生」させた後に形を成すだけではありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

ZCPとしてのプロパティ

ある種の不動産で売却または寄付を行う場合、それがZCPであることを確認する必要があります。問題を説明するために例を使用します。

例1。

納税者はインターネットを介して不動産を借りる事業活動を行っており、建設にも携わっています。 3つの異なる都市に8つのアパートがあります。彼は賃貸活動のために別々の会計記録と財務記録を保持しています。納税者は、活動全体とともに上記の資産を会社に持ち込むことを決定しました。彼らはパートナーと一緒に、ポーランドの10大都市にアパートを提供したいと考えています。株主は会社に資本を寄付します。この場合、ZCPを扱っていますか?

この場合、間違いなくZCPを扱っています。納税者は不動産だけでなく、彼のすべての活動も譲渡します。確かに、この場合、不動産は企業の大部分を占めていますが、私たちがZCPを扱っているという認識には関係ありません。

これは、2010年1月8日のワルシャワの税務署長の個別の解釈によって確認されています。番号IPPB3 / 423-694 / 09-5 / MS:

「申請者の意見では、現物で寄付された不動産は、組織的に分離された全体、すなわち企業の組織化された部分を構成するのではなく、「別個の資産」を構成します。ここでは、次の議論が当てはまります。
1.活動全体、つまりこの活動に組織化された資産として割り当てられた資産の全範囲の分類を生じさせる関係が存在するのは、会社の活動全体のレベルです。計画された取引の場合、現物での寄付の対象は、この活動の選択された資産のみを対象とします。取引の結果、この活動は当社によって中止されることはなく、この活動のみがより少ない不動産に関連して実行されます。この文脈では、計画された貢献の構成要素は、会社全体の事業に関連する資産であるより大きな全体の要素を構成するため、独立した経済的役割を果たしません。
2.現物で寄贈された不動産は、とりわけ以下に示されているように、申請者の資産内の別個の財務全体を構成するものではありません。寄贈された不動産の共通の会計記録を保持できない。財務上の分離は、会社の活動全体のレベルでのみ存在します。上記に関連して、現物で寄付された不動産は、選択された資産のみを構成し、p.d.o.p。に関する法律の目的のために企業の組織化された部分を構成しないことを述べておく必要があります。

要約すると、通常、現物での譲渡または不動産の売却はZCPを構成しません。