サービスの無料提供とVAT免税

サービス税

特定の財団に特定の種類のサービスを無料で提供することを決定する場合があります。サービスの無料提供は付加価値税を免除されますか?

サービスとVATの無料提供

通常、無料のサービスの提供は、提供されるサービスと起業家が行う事業との間に関連性がない限り、商品やサービスに課税される活動であり、サービスの無料提供はVATの対象ではありません。

アート8秒VAT法の2
報酬のためのサービスの提供は、元従業員、パートナー、株主、株主、協同組合のメンバーとその家族、法人のメンバーを含む納税者またはその従業員の個人的な目的のための無料のサービスの提供と見なされます納税者の事業活動以外の目的での個人、協会の会員、およびその他の無料のサービスの提供”.

例1。

会計分野の個人事業主であるドミニカさんは、友好的な財団の財務諸表を無料で作成することを約束しました。提供されたサービスに対する報酬を受け取らないという事実のために、VAT免税の恩恵を受けることができますか?

ドミニカさんは財団の財務諸表を作成するサービスの報酬を辞任しましたが、彼女は彼女に付加価値税を支払う義務があります。前述のアートによると。 8秒付加価値税法第2条では、事業活動以外の目的でのサービスの無料提供はVATの対象となります。

財団のために子供たちのためにキャンプを組織するサービス-彼らはいつVATを免除されますか?

アートに準拠。 8秒物品およびサービスに対する税法の特定の規定の実施に関する2004年4月27日の財務大臣規則の1ポイント16、子供のためのキャンプによって提供されるサービス(PKWiU ex 55.23.11)は、VATを免除されます。公益活動およびボランティア活動に関する法律で言及されている公益団体による有償および無給の公益活動の一部として実施される範囲。

引用された規定は、財団のために子供のためのキャンプを組織するサービスがVATから免除されることを示していますが、それは公益活動の一環として公益団体によって提供される場合に限られます。その場合、これらのサービスが有料で提供されるか無料で提供されるかは問題ではありません。
公益団体は、法に定められた範囲で公益活動を行い、地方裁判所の経済部門を管轄する非政府組織(または法律に示されている他の組織-例えば社会協同組合)として理解されるべきである。いわゆるの座席のために公益団体のステータス。 一方、公益活動は、法で定められた公務の範囲内で非政府組織によって行われる社会的に有用な活動として理解されるべきである。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例2。

孤児院の子供たちのためのキャンプの組織からなる公益活動を実施することを目的の1つである公益団体は、別の財団に無料のサービスを提供しています。子供のためのキャンプを組織するサービスはVATから免除されますか?

子供のためのキャンプを組織するサービスが公益団体による公益活動の一部として提供されているという事実のために、財団はVAT免除を適用する権利を持っています。

例3。

児童キャンプを組織するのと同じサービスが自営業者によって無料で提供されていると仮定しましょう。財団に提供された子供のためのキャンプを組織するサービスはVATから免除されますか?

この場合、個人事業主を運営する起業家は、すべての条件が満たされていないため、VAT免税を適用する権利を利用できません。つまり、サービスを提供する事業体は、キャンプを組織する公益団体ではありません。公益活動の一環としての子供たち。起業家が財団に提供するサービス(無料サービスであっても)はVATの対象となります。

要約すると、財団に無料で提供されるサービスは、提供されるサービスと起業家が行う事業との間に関連がある場合にのみ、商品およびサービスに対する課税が免除されると見なすことができます。