従業員とPITの無料特典

サービス税

雇用主がさまざまな種類の福利厚生を無料または支払いに対して提供することがよくあります。それらのいくつかは従業員のために収入を生み出し、他は免除されます。従業員のどの無料特典をPIT和解に含める必要がありますか?

雇用関係からの収入は、あらゆる種類の支払いと福利厚生、つまり、従業員と雇用者の間の雇用関係から生じるあらゆる形態の金銭的利益(つまり、金銭的および非金銭的)です。したがって、芸術で指定されていない限り、従業員が雇用主から受け取るすべてのもの。 21秒個人所得税法第1条、免税所得または税法の規定により徴税が放棄された所得は、当技術分野で言及されている所得源からの課税の対象となります。 12秒個人所得税法の1。

したがって、従業員が受け取るさまざまな種類の金銭的および非金銭的給付は、アートで言及されている雇用関係からの収入を構成します。 12秒PIT法の1。

無料の従業員福利厚生-価値決定

個別の規制に基づく従業員に支払うべき現物給付の金銭的価値は、他の受取人に適用される平均価格に基づいて決定されます-給付の対象が雇用主の活動の範囲内にある商品またはサービスである場合。その他の無料特典の金銭的価値は次のように決定されます。

  • サービスの対象がサービスプロバイダーの経済活動の範囲内にあるサービスである場合-他の受信者に適用される価格によると、

  • 特典の対象が購入したサービスである場合-購入価格に応じて、

  • サービスの対象が建物または建物の提供である場合-この建物または建物の賃貸借契約を締結した場合に支払われる家賃に相当するものに従って、

  • その他の場合-サービスの提供または同じ種類と種のアイテムまたは権利の提供に使用される市場価格に基づいて、特にそれらの状態と摩耗の程度、および利用可能にする時間と場所を考慮に入れます。

給付が部分的に支払われる場合、納税者の​​収入は、上記の規則に従って決定されたこれらの給付の価値と納税者が支払った料金との差額です。

従業員が部分的に支払われた給付(例えば、サービスの減額された支払いの形で)を得る状況では、収入は納税者が他の受取人に適用した価格と従業員が購入代金を支払います。このようにして決定された価値は、雇用関係からの報酬に含まれ、前払所得税が差し引かれます。

長年にわたり、従業員の追加給付に関連する問題が納税者と税務当局の間で解釈論争を引き起こし、それはしばしば法廷で終わります。税法に基づくさまざまな種類の同等物の決済に関連する最も一般的な問題を提示します。

サービスとVATの価値

現物給付の金銭的価値は、購入価格に応じて決定されます。したがって、従業員がそれらを購入する場合、正味額ではなく総額を支払う必要があるため、総額を従業員の収入に追加する必要があります。つまり、VATを含みます。

同様の立場が、2008年12月31日の書簡、No。IBPB2/ 415-1671 / 08 / BDで、カトヴィツェの税務署長によって提示されました。

(…)したがって、従業員は食事の全額を支払う義務はなく、50%のみを支払う義務があり、残りの50%は申請者が負担するため、経済的利益の恩恵を受けることになります。これにより、従業員は資産を増やすことができます。これは、別のエンティティが50%の財務コストを負担するため、資産を削減する必要がないためです。従業員が特定の食事を一人で購入しなければならない状況では、ケータリングサービスが販売されている価格、つまり総額を支払う義務があります。

以上のことから、会社は従業員の収入に、従業員が受け取った食事に対する補助金の総額を無償の給付として含める必要があります(...)。

従業員への優遇価格での商品の販売

給付が部分的に支払われる場合、納税者の​​収入は、上記の規則に従って決定されたこれらの給付の価値と納税者が支払った料金との差額です。

結果として、従業員に優遇価格で商品を販売することは、雇用関係から収入を得ることになります。

従業員が部分的に支払われた給付(例えば、商品の減額された支払いの形で)を受け取る状況では、所得は、納税者が他の受取人に適用した価格と従業員が支払った価格との差に等しい金額で生成されます購入代金を支払うでしょう。このようにして決定された価値は、雇用関係からの報酬に含まれ、前払所得税が差し引かれます。

これは税務当局によっても確認されています。 2013年2月22日の解釈でポズナンの税務署長の手紙を読んだように、ILPB1 / 415-1139 / 12-2 / AMN:

(...)当社の店舗で購入する場合、従業員は従業員と顧客の2つの役割を果たします(民法売買契約に基づいて購入します)。ただし、購入する場合、そのような人は、購入した事業体との取引関係を維持することに注意する必要があります。結果として、そのような事業体からの利益は、たとえ民法契約の履行から生じたとしても、既存の雇用関係のために付与されます。したがって、従業員に付与されたリベートは、アートで言及されている雇用関係からの課税所得を構成します。 12秒部分的に支払われた給付としての個人所得税法の1。この収益は、割引が使用された場合、つまり割引を含む価格で購入が行われた場合に生成されます。 (...)。

例1。

雇用主は自転車屋を持っています。彼は従業員に5,000PLN相当の自転車を1,000PLNで販売しました。このような状況では、従業員は4,000ズウォティの無料給付から収入を受け取ります。

引退者へのプレゼント

退職した従業員への贈り物を購入するために発生した費用は、免税のカタログに記載されていません。これは、仕事に対する追加の報酬の一形態です。現物で受け取った給付の価値は、特定の月に従業員が取得した雇用関係からの他の収入に加算され、収入の合計額が計算され、収集され、前払い税で税務署に送金されます。

この立場は、以下を含む税務当局によって確認されています2012年11月22日の個別判決におけるワルシャウの税務署長、IPPB2 / 415-785 / 12-4 / AK:

(...)退職した従業員や記念日の贈り物を祝う人々に、たとえわずかな価値であっても、与えることは、これらの人々にとって無償の利益を構成します。上記により、課税所得税の対象となる所得が発生します。この種の活動は特定の使用価値のある商品の譲渡ではないため、花束を配る場合にのみ税収が発生するわけではありません。したがって、個人所得税法の意味での無料給付による所得とは限りません。

申請者の従業員によって生み出された収入は、雇用関係からの収入として一般原則に対する課税の対象となります。従業員に帰属する福利厚生の計算値は、特定の月に従業員に支払われる報酬に加算され、合計値から計算され、収集され、所得税の前払いが規定された規則に従って支払われる必要があります。アートによると、雇用からの収入。個人所得税法の31、32および38。 (...)。

従業員が退職者のステータスを持っている場合は、別の方法で行う必要があります。その後、この口座の所得は、課税年度にPLN 2,280を超えない額まで課税が免除されます(PIT法第21条(1)(38))。