WDTの下での無料転送-VATの影響

サービス税

関連する基準を満たすEU請負業者への商品の供給は、ゼロVAT率の恩恵を受ける可能性があります。これは、コミュニティ内での商品の供給を目的としています。典型的な例は商品の販売ですが、ビジネス関係が異なるために、WDTの下で無料転送が行われる場合があります。この現象を詳しく調べる価値があります。

コミュニティ内での商品の供給はいつありますか?

まず、規制に照らして、特定の取引がコミュニティ内の商品供給(以下、ICS)として扱われるために満たす必要のある条件について考えてみましょう。

この点で、私たちは芸術の規制を参照しなければなりません。 VAT法の13。この規定に従い、商品のコミュニティ内供給は、所有者として商品を処分する権利を行使する際に、その国の地域から加盟国の地域に商品を輸出することと理解されます。国の領土以外。

アートに準拠。 13秒上記2 WDTの記事では、商品の購入者が次の条件を扱っています。

  1. 国の領土以外の加盟国の領土でのコミュニティ内取引の目的で特定された付加価値税の納税者。

  2. 付加価値税の納税者ではなく、その国の領土以外の加盟国の領土内でのコミュニティ内取引の目的で特定された法人。

  3. 付加価値税の納税者または付加価値税の納税者ではない法的人物で、国の領土以外の加盟国の領土でそのように活動し、ポイント1および2にリストされていない場合、配達は、物品税の規定に従って、物品税の一時停止の取り決めまたは物品税が支払われた物品税の移動の下にある物品税です。

  4. 配達の対象が新しい輸送手段である場合、ポーランド共和国以外の加盟国で活動(居住)している、ポイント1および2に記載されているもの以外のエンティティ。

コミュニティ内の供給は、商品が別のEU諸国の領域に移動されたときにすでに発生していることに注意してください(他の条件が満たされていると仮定します)。したがって、商品のコミュニティ内供給の発生と診断のために、この転送が検討のため、つまり報酬のためである必要はありません。 コミュニティ内での商品の供給が発生した場合、ポーランドから他のEU諸国への商品の移動に料金を支払う必要はありません。したがって、これは、商品の無料転送もコミュニティ内配送と見なすことができることを意味します。

WDTの下での無料転送

VAT法は、商品の有料供給だけでなく、無料の活動も課税の対象となる可能性があることを規定しています。ただし、これを行うには、特定の条件を満たす必要があります。

アートによると。 7秒付加価値税法の2、特に納税者による彼の企業に属する商品の無料譲渡にも課税対象が適用されます。

  1. 元従業員、パートナー、株主、株主、協同組合のメンバーとその家族、法人の統治機関のメンバー、協会のメンバーを含む、納税者またはその従業員の個人的な目的のための商品の譲渡または消費。

  2. その他の寄付

-納税者が、これらの商品またはその構成部品の取得、輸入、または生産に対する仮払消費税の額だけ、納税額を減額する権利を有している場合。

納税者が商品の購入時に仮払消費税を控除する権利を有していた場合、その後の無料の譲渡には付加価値税が課せられます。ここでの重要な問題は、それ自体を控除する権利であることに注意してください。納税者が実際に控除の恩恵を受けたかどうかは、課税の問題とは無関係です。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

0%のレートを使用したWDTとしての無料転送

これまでに確立された事実に照らして、他のEU諸国から請負業者への商品の無料譲渡は、コミュニティ内供給として分類される可能性があることを明確に述べることができます。

原則として、無料送迎は課税対象です。ただし、コミュニティ内の商品の供給について話している場合、コミュニティ内の商品の供給の下での無料転送が、0%のVAT率を使用する可能性を決定するかどうかはまだ考慮されていません。

アートに準拠。 42秒VAT法の1では、WDTは0%の税率で課税されます。

  1. 納税者は、購入者が納税者に提供した付加価値税に使用される2文字のコードを含む、購入者の加盟国によって割り当てられた、コミュニティ内取引の有効かつ有効な識別番号を持つ購入者に供給を行いました。

  2. 納税者は、特定の課税期間の納税申告書の提出期限前に、コミュニティ内供給の対象である商品が国の領土から輸出され、領土内の購入者に配達されたという証拠を文書に持っています。国の領土以外の加盟国の;

  3. 納税者は、この商品の供給を示す納税申告書を提出すると、EUVAT納税者として登録されます。

問題の文書は、国の領域以外の加盟国の領域にある購入者へのコミュニティ内の商品供給の対象である商品の配送を共同で確認する場合、次の文書です。

  • 国の領土からの商品の輸出を担当する運送業者(フォワーダー)から受け取った輸送書類。これは、商品が国の領土以外の加盟国の領土内の目的地に配達されたことを明確に示しています。商品の輸送が運送業者(フォワーダー)に委託された場合。

  • 貨物の個々のアイテムの仕様。

したがって、上記のすべての条件が満たされていると仮定すると、ICS条件を満たすEU請負業者への商品の無料転送は、0%のVAT率の恩恵を受ける可能性があると想定する必要があります。

これは、2019年4月2日の国税情報局長、No。0115-KDIT1-3.4012.79.2019.1.JCによる個別の解釈にも示されています。ここでは、納税者が権利を有することが重要であることがわかります。取得商品のVATを差し引きます。その後、商品の無料譲渡には付加価値税が課せられます。結果として、その国の領土から、その国の領土以外の加盟国の領土への、コミュニティ内の目的で特定された付加価値税の納税者である事業体への商品のバッチの文書化された輸出国の領土以外の加盟国の領土での取引は、商品のコミュニティ内供給を構成し、構成し、0%の税率で課税されます。 納税者がこれらの商品の購入に対して仮払消費税を控除する権利を有している場合、EUから請負業者への商品の無料譲渡は課税対象となります。ただし、このような無料配達は、コミュニティ内の供給に提供される0%のレートの恩恵を受ける可能性があります。 特定の活動が0%の税率で課税される状況と、特定の取引がまったく課税されない状況との間には大きな違いがあることを強調する価値があります。

前者の場合、0%の税率を適用しても、仮払消費税を差し引く可能性が排除されません。 実際には これは、0%の税率が適用されるため、納税者は仮払消費税を支払わないが、仮払消費税を控除する権利を保持することを意味します。一方、売却が課税対象でない場合、控除の権利は適用されません。

したがって、要約すると、他のEU加盟国から請負業者への商品の無料転送は、コミュニティ内での商品の供給であり、VAT率がゼロの恩恵を受ける可能性があることを示すことができます。