不当に受け取った金額と営業利益

Webサイト

彼のビジネスで少なくとも一度は各起業家は、彼の請負業者が彼に必要以上に支払ったか、誤って同じ請求書の2倍の金額を支払ったという状況に遭遇しました。この金額は所得として認識され、課税されるべきですか?

営業利益はいくらですか?

アートに準拠。 14秒個人所得税法第1条では、活動からの収入は、実際に受け取られなかったとしても、返品の価値を除いた後、割引や割引が与えられた後の未払い額と見なされます。商品およびサービスに課税される商品およびサービスを販売する納税者の場合、この販売からの収入は、VATを差し引いた収入と見なされます。

不当な金額と収入

上記の定義からわかるように、アクティビティからの収益は、支払われるべき金額、つまり、関連する契約、請求書、または法的根拠から生じる金額です。したがって、相手方から送金された金額が不当な支払いである場合、それは事業所得を構成しません。このような状況では、納税者はそれを事業活動からの収入の登録簿に含めず、それに税金を支払いません。

上記の見解は、ウッチの税務署長が参照番号を付けて発行した個別の解釈からも明らかなように、税務当局によっても提示されています。 2013年6月25日のIPTPB1 / 415-211 / 13-2 / DSで、次のようなケースが提示されました。

2010年2月、申請者はアルジェリアの請負業者から銀行口座への支払いを受け取りました。支払いは、請負業者がすでに決済した2009年からの輸出債権に関するものでした。彼はおそらく誤って2回目の支払いをしました。申請者は、請負業者との連絡がなかったため、この支払いを返金することができませんでした。彼は、口座番号と会社の存在について確信がありませんでした。それは新しい請負業者であり、取引は1回限りであり、彼は電話で商品を注文しました。請負業者は返金を追求しませんでした。この状況では、アートを念頭に置いてください。 14秒個人所得税法の1cで、申請者は、受領日、つまり2010年2月および2010年の年次確定申告で受領した支払いからの収入を示しました。」.

したがって、質問がなされました: 「申請者は、請負業者からの支払いを、受領時の経済活動からの収入として含めることにおいて正しく行動しましたか?」.

税務当局は次のように答えました。 「上記を念頭に置いて、アルジェリアから請負業者から受け取った返済は、受領日に支払われるべき収入に申請者によって誤って含まれていたことを述べておく必要があります。この支払いは不当な支払いの性質であり、支払い義務のない請負業者によって根拠なく行われた。

したがって、申請者は上記で作成する必要があります収益(したがって提出された納税申告書)の修正の範囲。これは、収益が最初に記録されたレポート期間(年)に参照する必要があるため、この場合、修正は2010年の課税年度を参照する必要があります。 「」.