2013年の請求書に記載されている会社名

サービス税

2013年の初めから、請求書の発行に関する修正された規制が施行されました。これには、特にこれらのドキュメントに表示される必要のあるデータが含まれます。これらの変更は、請求書の発行規則を簡素化することを目的としていますが、起業家の間でかなりの解釈の疑問を引き起こします。多くの場合、規制の改正に関連して、請求書に記載されている会社の名前を完全にする必要があるのか​​、それとも省略できるのかという疑問が生じます。

2012年12月31日まで、§5秒。請求書規則の1つは、請求書に「名前と姓、または売り手と買い手の名前または略称とその住所」を含める必要があると規定しています。この規定は何の疑いも引き起こしませんでした-省略名のみを提供することが可能でした(例えば、「有限責任会社」の代わりに「sp.Zo.o.」)。

§5パラの新しい文言。 2013年1月1日から施行された前述の規則の1ポイント3は、請求書に次のものを含める必要があると述べています。

  • 納税者と購入者の名前または名前、
  • それらのそれぞれのアドレス。

請求書に会社名の省略形のエントリはありません。したがって、疑問が生じます-納税者、特に自然人ではない人は、請求書に会社のフルネーム(多くの場合長くて複雑です)を提供する必要がありますか?安心させてください。新しい規制では、売り手と買い手の両方に「短い名前」を使用する可能性が排除されていません。

請求書に取引の両当事者に関する正確な情報を含めることは、主にそれぞれを正しく識別することを目的としています。自然人ではない納税者は、会社登録時に氏名と略称の両方を記載しているため、両方のバリエーションで識別が可能です。最も重要なことは、請求書のデータに基づいて、誰がトランザクションの当事者であるかを正確に判断できることです。これらの要件を満たす文書は、購入者が入力VATを差し引くための基礎になります。

さらに、改正規則に登場する「名前」という用語は一般的な用語であり、フルネームと省略形の両方を意味する場合があります。起業家の疑念は、大蔵省の発表によっても払拭され、自然人ではない納税者の場合、識別データは主に氏名と短縮名で構成されていると述べています。したがって、請求書でそれらの一方または両方を同時に使用することが可能です。