VATおよび税法学におけるデューデリジェンス

サービス税

経済生活では、購入請求書から仮払消費税を差し引くことの正当性を検証することを目的とした税務監査が増えています。これは、特に控除の権利の基礎となる取引がサプライヤーによる犯罪に関連している場合、税務判例法のVATデューデリジェンスとして実施されます。納税者がそのような手続きに関与していることに気づいていなくても、売上高の異なる段階で脱税が行われた場合、仮払消費税を控除する権利を疑うことが一般的になります。仮払消費税を控除する権利の否定に対する納税者の弁護の重要な要素は、税法学で広く強調されている、納税者によってデューデリジェンスが実行されていることの実証です。

VATのデューデリジェンス-決定方法

国の教義では、VATのデューデリジェンスは、2018年4月27日に発行された、財務省と国家歳入局が国民と協力して作成した文書に照らして評価する必要があります。起業家によるVATデューデリジェンスの評価。

「」というタイトルのドキュメントで国内取引における商品の購入者によるデューデリジェンスを評価するための方法論「次のように説明されました:」特定の場合に、納税者が仮払消費税額だけ減税する権利を疑うことが正当であるかどうかを評価するために、VAT詐欺があった特定のケースであるかどうかを評価することが非常に重要です。納税者は、VAT詐欺または虐待に関連する取引に参加していることを知っている必要があります。”. 

また、「納税者が取引を開始する際に注意を払わず、したがって取引が侵害または詐欺である可能性があることを示す客観的な状況を無視する場合、その納税者が仮払消費税を控除する権利に疑問を呈する必要があります。 [...]さらに、納税者がとった行動のいくつかの例は、特定の請負業者との取引を行うことを決定する際のデューデリジェンスを実証するために、納税者による取引に関連する状況の検証に貢献する必要があります”.

VATのデューデリジェンスと誠意を持って行動すること

付加価値税法第108条は、法人、法人格のない組織単位、または自然人が税額を記載した請求書を発行する場合、それを支払う義務があると規定しています。同時に、納税者は、納税後に納税者が税務違反に関与したことが確定した場合でも、この供給に対する税金を確実に会計処理するために必要なすべての措置を講じた場合、仮払消費税を控除する権利を有します。

納税者は、取得した商品またはサービスが課税対象活動の遂行に寄与する範囲で、仮払消費税を控除する権利があります。 VATを控除する権利は絶対的な権利ではなく、実際の経済的売上高を文書化した請求書の受領に関連しています。

控除の権利の拒否は、そのような権利の存在である基本原則の例外であり、したがって、税務当局は、法的に義務付けられた方法で、主要な客観的前提の存在を証明する義務があることを覚えておく必要があります納税者は、取引が取引の初期段階で活動しているサプライヤーまたは他の事業体によって犯された犯罪に関連して控除する権利の基礎を構成することを知っていたか、知っているべきであったという結論に達しました。

アートにおける民法。 7は、善意の存在の推定を規定し、法律が法的効力を善意または悪意に依存させる場合、善意があると推定されると述べています。

上記の規定は、問題の財産権を伴う専門的な事業行為に関連して、物を処分するベンダーの権利に対する買い手の信頼を保護することにより、取引の安全性を保護することを目的としています。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

デューデリジェンスに対する州行政裁判所の立場

2018年5月16日の州行政裁判所、VIII SA / Wa 940/17の判決では、デューデリジェンスは納税者の認識の状態であり、したがって、納税者の​​主要な活動への参加を予測する可能性があることが示されました。不当な税金還付の恐喝に。上記の判決において、州行政裁判所は、どのような状況で納税者の「悪意のある」行動を考慮すべきかについても示しました。 「」「悪意を持って」行動するために、納税者は自分の行動(不作為)が法律に違反していることを認識する必要はありませんが、与えられた状況でそのような状況を予見することができ、予見する必要がある場合もあります(過失)。言い換えれば、「悪意を持って」とは、実際の事実を知っている(前向きな知識を持っている)人であり、過失のためにそのような知識を持っていない人でもあります。したがって、誠実さの存在または欠如は事実であり、法の規範ではありません。”.

2018年7月10日の判決で、I SA / Wr 351/18、ヴロツワフの地方行政裁判所は、納税者が知っている、またはできることを確認する客観的な前提に基づいてのみ、納税者が仮払消費税を控除する権利を奪われる可能性があることを強調しました。詐欺行為に参加していることを知っています。納税者の意識的な参加についての論文を提出する税務当局は、それを証明しなければなりません。税務当局の任務は監査を実施することであり、この義務を納税者に譲渡することではありません。このため、税務当局は、納税者が仮払消費税を差し引く商品またはサービスの請求書の発行者が正直な納税者であるかどうかを詳細に調査することを納税者に要求しない場合があります。納税者が商取引の過程で合理的に正当化された行動を取ることを期待することは合理的です(いわゆる比例原則)。

税務当局は、納税者によるVATの控除を拒否することにより、係争中の取引日の納税者の心の状態のイメージを遡及的に再現する必要があります。カウンターパーティでの不正行為の単なる事実は、納税者がVAT詐欺手続きへの参加を認識していたという結論を自動的に生成することはできません。さらに、証拠を自由に評価する場合、税務当局は、慎重な納税者でさえ、詐欺師が非常に秘密主義であったために脱税を発見できなかったという事実を考慮に入れる必要があります。請負業者の詳細な検証では、請負業者の行動の目的がVAT詐欺であることがわかりませんでした。

NSAによって提示された行

2018年5月18日の最高行政裁判所の判決であるIFSK 1308/16は、欧州連合の管轄権に基づいて、納税者から仮払消費税を控除する権利を奪うために、それを証明する必要はないことを示しています。納税者の購入者は、自分が虐待を構成する取引に参加していることを認識していました。そのような取引に参加することを予見できた、または予見すべきだったことを証明するだけで十分です。

商品が購入者に配達された状況で、請求書発行者が商品を配達できなかったことが示された場合、納税者からそのような請求書から生じる仮払消費税を控除する権利を奪うため、納税者がこれらの取引が虐待的であることを認識していた、または予想できた可能性があることを示す必要があります。

次に、2013年12月5日の最高行政裁判所IFSK 1687/13の判決において、税務当局は、取引が疑われた個々の請負業者に会社の態度を関連付け、誠実さの重要性を評価する必要があることを示しました。仮払消費税を控除する権利を維持することは、デューデリジェンスの確認となります。税務当局は、各請負業者に関連して、会社による協力の確立とその実施の過程、配達自体に伴う状況、それらの支払いなどの要素を考慮に入れる必要があります。会社がデューデリジェンスの基準に従わなかった要素、彼女が避けることができたはずのこと、彼女の十分な根拠のある不安を引き起こしたはずの理由、そしてその理由。

CJEUの法学におけるVATデューデリジェンス

デューデリジェンスの決定の分野における欧州連合司法裁判所の確立された法学は、デューデリジェンスを行使するために納税者が取らなければならない明確な行動を示していません。 VATを控除する権利を行使しようとする納税者から、特定の場合に取られると合理的に予想される行動を特定し、貿易の初期段階は、主に検討中の事件の状況に依存します(例:審判の判決:C-80 / 11およびC-142 / 11; C-277 / 14; C-33 / 13)。

CJEUは、その判決の中で、国の行政当局および裁判所は、この権利の行使が犯罪または虐待を伴うという客観的な証拠に基づいて証明された場合、控除する権利を拒否すべきであると述べました。同時に、その取引が税務違反への参加につながらないことを保証するために、企業に合理的に期待できるすべての措置を講じることを要求することは欧州連合法と矛盾しないことを強く強調した。 (2008年2月21日、C-271 / 06、および2011年12月21日、C-499 / 10の判決)。

同時に、納税者は特定の業界で慣習的に行動することしか期待できません。これにより、納税者は商品が詐欺師から購入されていないことを確信できます。税務当局は、基本的かつ合理的なレベル以上の検証活動を要求しない場合があります。つまり、納税者が自分のタスクと義務を管理の範囲から移すために、チェックまたは監査活動を実行する必要がない場合があります( 2012年6月21日の裁判所、C-80 / 11およびC-142 / 11)。