プライベートリース-課税のルールについて学ぶ

サービス税

法定の定義によれば、プライベートリースとは、借主が支払う家賃の形での報酬と引き換えに、家主が一定期間または無期限に借主に使用するためにリースの対象を引き渡すことを約束する契約です。 。賃貸の対象は、不動産だけでなく可動もあります。税法の観点から、リースの問題は、いくつかの法律で規制されている広範な問題です。

収入源の差別化

賃貸料の課税の問題を考えると、まず第一に、私たちが扱っている収入源の種類を決定する必要があります。さて、個人所得税法に含まれる収入源のカタログによれば、賃貸借契約は、事業活動の一部として、または別個の収入源として、いわゆる、分類される可能性があります。プライベートレンタル。納税者の事業の一環として賃貸借契約が締結された場合、起業家の規則に従って課税されます。民間賃貸を分析すると、状況はさらに複雑になります。

プライベートリース-課税規則

基本原則は、個人所得税法に規定されている税額(PLN 85,528を超える剰余金の17%または32%)に基づく一般規則に従ったリースの課税です。このような場合、課税対象額は、リースから得られた費用を超える収入の合計の超過分です。収入は一般的に合意された家賃の額ですが、費用に関しては、例としては、リースの対象を保証するための保険料、改修の費用、リースの対象の購入のためのローンの利子、リースの対象を提供します。

一般的な条件での賃貸収入の決済とは、課税年度の翌年の4月30日までに提出される年次決済(PIT-36)にこのアカウントの収入を表示する必要があることを意味します。

例1。

事業活動を行わない納税者は、個人に家賃を貸し出します。合意された家賃は月額600ズウォティで、納税者が敷地内で負担する費用は月額200ズウォティです。これは、リース契約に基づく納税者の月収が400ズウォティであることを意味します。納税者は一般的な条件でリースに課税することを決定したため、翌税年度の4月30日までにPIT-36申告書を提出し、リース契約からの収入を4,800PLNで表示する義務があります。税率は17%になります。

民間賃貸に課税する別の方法は、定額所得税です。この形態の課税は、自然人が稼いだ特定の収入に対する定額所得税に関する法律で規制されています。一時金の場合、課税基準は、税控除の対象となる費用によって減額されない所得です。優先されるのは低い税率で、この場合は8.5%です。

定額方式を選択するには、課税年度の翌年の1月31日までに確定申告書を提出する必要があります(PIT-28)。

例2。

事業活動を行わない納税者は、2020年1月1日から個人に建物を賃貸します。合意された家賃は月額600ズウォティで、納税者が敷地内で負担する費用は月額200ズウォティです。納税者は、一括でリースに課税することを決定したため、翌税年度の2021年1月31日までにPIT-28申告書を提出し、リース契約からの収入を7,200PLNで表示する義務があります。 (2020年全体の税額)。税率は8.5%になります。

課税形態の選択は、所得税の最初の前払いを行うことによって行われ、最初のそのような所得の場合、納税者は課税年度の12月に達成しました-アートで言及されている年次納税申告書を提出することによって。 21秒2ポイント2。

2018年1月1日から10万ズウォティを超えた後の民間賃貸。 PLNは12.5%の均一税率で課税されます。この制限は、共同財産を持つ配偶者にも適用されます。

配偶者の共有を構成するリースの対象に対する課税の特別規則

リースの対象が配偶者の共有の一部である場合、各配偶者はこのアカウントに税金を支払う義務があります。個人所得税法は、共有からの収入における配偶者のシェアが等しいことを前提としています。個人の家賃を個別に決済する場合、各配偶者は課税の形式を選択するオプションがあります。つまり、税の規模または記録された収入の一時金に応じた課税です。

さらに、適切な申告が税務署の管轄長に提出されれば、配偶者の1人がこの口座の全収入に課税することができます。次に、上記の宣言は、一方の配偶者が署名することができ、一方の配偶者は他方の代理として行動し、両方の配偶者に代わって宣言を提出する許可を与えることと同じです。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

原則として、一般規則に基づく課税の場合の申告書の提出期限は、この源泉からの最初の収入が達成された月の翌月の20日までです。

ただし、一括税の場合、申告書の提出期限は、最初の所得が得られた月の翌月の20日、または最初の所得があった場合は課税年度の終わりまでです。 12月に受け取りました。

例3。

配偶者は、2020年3月から賃貸し、一般的な条件で賃貸料に課税することを決定したアパートの所有者です。家賃の額は500PLNに設定されました。敷地内の配偶者の月額費用は100ズウォティです。したがって、賃貸収入は月額400PLNです。原則として、配偶者は所得に半分ずつ課税する必要があります。つまり、1人あたり200PLNです。ただし、2020年4月20日までに、そのうちの1人による賃貸収入の課税の選択に関する宣言を提出した場合、月額400PLNの所得税を決済する必要があるのは1人の配偶者のみです。前述のように、この収入は、2018年4月30日までに提出された年次PIT-36納税申告書に表示される必要があります。