事業の清算後の不動産の賃貸-VATの問題

サービス税

事業活動における不動産の使用は一般的な現象です。しかし、納税者が事業の清算後に不動産を借りることを決定することが起こります。この記事では、VAT法の規定に基づいて、このような訴訟の税務上の影響を分析します。

VAT法に基づくリース

まず第一に、商品やサービスに対する税金の規定に照らして、賃貸借契約と家主がどのように扱われるかを検討する価値があります。 VATは、納税者の​​ステータスを持つエンティティにのみ適用されることに注意してください。しかし、アートによると。 15秒VAT法の1では、納税者は法人、法人格のない組織単位、および段落で言及されている経済活動を独立して実行する自然人です。 2、そのような活動の目的や結果に関係なく。次に、経済活動の定義を想起する必要があります。アートによると。 15秒上記2法の中で、経済活動には、天然資源の収穫者や農民を含む生産者、貿易業者、またはサービスプロバイダーのすべての活動、およびフリーランサーの活動が含まれます。経済活動には、特に、商業目的での継続的な商品または無形資産の使用からなる活動が含まれます。

リースの本質から、それはより長期間締結され、支払われる契約であるということになります-それは商業目的で行われる継続的な活動です。その結果、商品やサービスに対する課税の下では、賃貸は経済活動であり、家主はVAT納税者のステータスを持っています。

さらに、提示された定義は、重要な基準(継続性と収益目標)を満たすことを条件として、特定の活動を経済活動として認定することに注意する必要があります。ただし、CEIDGに会社を登録するなどの正式な理由は関係ありません。つまり、市やコミューンの事務所に活動が報告されていなくても、VAT納税者のステータスを取得することができます。 付加価値税法に照らして、不動産の賃貸は、経済活動の一形態である対価のためのサービスの提供を構成します。一方、賃貸物件の所有者は付加価値税の納税者です。

事業の清算と納税者の義務

起業家が事業活動を清算する場合、彼はVAT法に基づく特定の義務を負います。

まず第一に、アートに示されているように。 96秒VAT法第6条では、VAT納税者として登録された納税者が課税対象の活動を停止した場合、その活動の停止を税務署長に報告する義務があります。この通知は、税務署長が納税者をVAT納税者として登録簿から削除するための基礎となります。 VAT-Zフォームを使用して報告する必要があり、課税対象の活動を実行する最終日に行う必要があります。

さらに、納税者は清算在庫を準備して課税する必要もあります。アートによると。 14秒VAT法の1ポイント2は、課税対象の活動の停止(活動の清算)の場合、自家生産の商品および購入後に商品の配達の対象ではなかった(つまり、そうでなかった)商品に課税されます。仮払消費税額だけ納税額を減額する権利を有していた。

アートに照らして。 14秒VAT法第5条では、納税者は課税活動の停止日現在の商品の実地棚卸を行う義務があります。これを以下「実地棚卸」と呼びます。実地棚卸、それに基づいて決定された商品の価値、および納税額に関する情報を、課税対象活動の停止日を含む期間の確定申告の提出日までに提出する必要があります。

例1。
現役のVAT納税者は、10月10日に事業活動を終了することを決定しました。同日、彼はVAT-Z宣言を税務署の管轄長に提出しました。 11月25日までに、納税者は最後のVAT-7申告書を提出し、実地棚卸を添付します。 事業を清算する納税者は、VAT-Zフォームを介してこの事実を報告し、課税対象となる実地棚卸(清算在庫)を作成する義務があります。

事業の清算後の不動産の賃貸-VATの問題

分析された問題に移ります:事業の清算後に不動産を借りること、非常に重要なことを強調する必要があります。アートの両方のコンテンツのより深い分析。 14秒法と芸術の1。 96秒法第6条は、「事業をやめる」という表現がそこで使用されたという結論に至ります。

この記事の冒頭で、不動産の賃貸(民間賃貸の場合も)は、VAT法の意味の範囲内で経済活動を構成することが示されました。したがって、事業活動の清算後、会社がCEIDGから削除されたと理解された後、納税者がこの活動で使用される不動産を引き続き賃貸する場合、彼は引き続きVAT納税者になります。これは、この規則の下で課税活動を停止していないため、そのような人はVAT-Z宣言を提出し、VAT法の規定の意味の範囲内で清算在庫を準備する必要がないことを意味します。

付加価値税法の観点から、各賃貸は、会社または私有財産の一部として行われるかどうかに関係なく、アートで規定されているように経済活動であることに注意してください。 15秒見せかけの日々。

例2。
現役のVAT納税者は、10月10日に事業活動を終了することを決定しました。その日、彼はCEIDG-1を申請して登録簿から削除した。納税者は、以前は事業活動で使用していた不動産の貸し出しを開始したため、事業の清算にもかかわらず、経済活動を構成する対価サービスを提供し続けています。その結果、VAT-Z申告書を提出したり、実地棚卸を準備したりする必要はありません。 市やコミューン事務所での活動の清算後の不動産の賃貸は、商品やサービスに対する税の規定の意味の範囲内で依然として経済活動です。活動は停止していません。
紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

事業活動の清算およびVAT免税後の不動産賃貸

CEIDGでの事業を停止したが、不動産を私有財産として賃貸しているアクティブなVAT納税者は、引き続きVATで賃貸料に課税することができます。有効な納税者のステータスを維持することで、彼は行われた購入に関連して仮払消費税を差し引くことができます。

ただし、費用が非常に小さいため、アクティブなVAT納税者であり続けることは不採算であることが判明する場合があります。したがって、納税者はアートに従って主観的な免税を選択するオプションがあります。 VAT法の113。この規定は、前の税年度の売上高が合計20万ズウォティを超えなかった納税者による売上は免税とされています。税額は売上高に含まれていません。免税の選択は、VAT-R宣言を更新することによって行う必要があります。

ただし、不動産の目的を課税対象から免税対象に変更すると、以前に控除された仮払消費税を修正する必要があることに注意してください。不動産購入時に控除される税額の場合、修正期間は10年です。
したがって、上記は、事業活動の分野において、納税者が不動産の購入時に付加価値税を控除し、清算後、この不動産を付加価値税免除の納税者として貸し出す場合、控除された税金の関連部分を修正します。物件の利用開始から10年を経過した時点で、必要な調整期間が終了します。修正は、修正が行われた課税年度の翌年の最初の課税期間の確定申告に含まれます。 事業活動の清算後に不動産をリースすると、納税者がプライベートリースに基づく免税を決定した場合、不動産の購入時に以前に控除された仮払消費税を調整する必要が生じる可能性があります。


要約に移ると、VAT法には、民間賃貸を含む経済活動の独自の自律的な定義が含まれていることに注意する必要があります。その結果、CEIDGで正式に清算された後も、会社で使用されている不動産の賃貸は、VAT法の意味の範囲内で依然として経済活動です。これは、所有者が依然として商品やサービスに対する税金の規制の対象であり、VAT納税者であることを意味します。