KPiRの在庫の余剰と不足

サービス税

課税年度末に税収と経費元帳に基づいて活動する起業家は、実地棚卸を行う必要があります。在庫を作成する際に、商品に余剰または不足があることが判明した場合は、保持されている記録を更新する必要があります。この現象は一般的ですが、KPiRの違いを正しく示すという点で、起業家に繰り返し問題を引き起こします。

実地棚卸には何が含まれていますか?

それは§24パーから直接生じるので。収入と支出の税務台帳の保管に関する財務大臣の規則の1では、納税者は各課税年度の終わりに実地棚卸を準備して帳簿に入力する必要があります。

  • 市販品、
  • 基本および補助材料(原材料)、
  • 半製品、
  • 進行中の作業、
  • 完成品、
  • 不足と無駄。

在庫に含まれる材料および商品は、完成日から14日以内に評価する必要があります。評価は、在庫日の購入または取得価格または市場価格(購入または取得価格よりも低い場合)に従って実行する必要があります。

重要なことに、在庫には、納税者が所有する外国の商品だけでなく、施設外の在庫の日付にある納税者の所有物である商品も含める必要があります。後者は評価の対象ではありません。それらが誰の特性であるかを示すとともに、リストに定量的に入力するだけで十分です。

すべての不足がコストになるわけではありません

実地棚卸を作成した後、起業家が倉庫の記録が実際の状態と矛盾している(つまり、在庫に表示されている)ことに気付いた場合、彼は在庫を実際の状態にする義務があります。在庫の違いは、次の形で発生する可能性があります。

  • 商品の不足-実際の状態は在庫状況よりも低いです、
  • 余剰品-実際の状態は記録よりも高いです。

上記のいずれかがあれば状況では、最初のステップで、過去の倉庫記録への商品の収入と支出の誤った記録の結果ではないかどうかを確認する必要があります。

商品の不足は、特定された違いの調査と適切な文書化を必要とします。この目的のために、不適合とその原因を説明するプロトコルが用意されています。それらには、重大な責任者の書面による説明を添付する必要があります。過失または納税者の意図した行動によって不足が引き起こされた状況では、それは税控除の対象となることができないため、これは重要な手順です。

余剰と不足-記録

購入した商品の価値、納税者は、KPiRの列10に報告する必要があります-購入価格に応じた商品および材料の購入。実地棚卸の準備中に障害のない不足が見つかった場合、その値は前述の列10(「マイナス」記号が前に付いた入力)から認識を中止し、列13-その他の費用に入力する必要があります。

納税者の過失により不足が生じ、税控除の対象とならない場合は状況が異なります。この場合、正しいアクションは、列10から特定された不足の値を帳消しにすることでもありますが、納税者の​​過失により、他の列には入力されません(コストは完全に認識解除されます)。

納税者が実地棚卸中に余剰品を見つけた場合、その価値は彼の収入です。この値は、列8-その他の収入に入力する必要があります。

例1。

Jan Kowalskiは個人事業主(文房具店)を経営し、KPiRに基づいて口座を決済します。 2020年12月31日、彼は実地棚卸を行いました。彼はその価値を在庫状況と比較し、次の商品の不足を発見しました。

  1. 4連のプリンター用紙、購入価格PLN 15(1枚あたり)= PLN 60

  2. フェルトペン7セット、購入価格PLN 11(1個あたり)= PLN 77

総不足:PLN 137

Jan氏は、在庫レベルを確認した後、すべての商品が正しく記録されているため、不足は盗難の結果である可能性が高いと述べました。作成されたプロトコルでは、納税者は、特定された損失の散発的な性質と小さな範囲を強調しました。作成されたドキュメント(プロトコル1/2020)に基づいて、2020年12月31日に、Jan氏はKPiRでそれらの値を再分類しました。

...

口座番号

...

経済イベントの説明

商品や材料の購入

...

その他の費用

...

3

...

6

10

...

13

 

プロトコル1/2020

 

実地棚卸不足

- 137,00

 

137,00