行政執行とは何ですか?それは誰についてですか?

サービス

行政執行は、義務的な課税および告訴を執行するために行政機関によって使用される手続きおよび強制措置に関係します。ポーランドの行政執行は、1966年6月17日の行政における執行手続に関する法律で規制されました。これには、行政執行のプロセス、主題の範囲、およびセキュリティ手続きの詳細な説明が含まれています。行政執行とは何ですか?その重要な範囲は何ですか?誰が行政執行手続きを行うことができますか?この記事では、これらの質問やその他の質問に答えます。

行政執行とは何ですか?

執行手続の開始は、債権者の要請と債権者が発行した執行令状に基づいて行われます。提出する申請書は、財政担当大臣が作成したテンプレートに従って作成する必要があります。アートに準拠。 26パー行政における行政執行手続に関する法律の第5条では、行政執行は以下に基づいて制定されています。

  • 義務のある当事者への執行令状の写しの送付または

  • このサービスが執行令状の義務付けられたコピーのサービスの前に行われた場合、クレームまたは他の財産権の差し押さえの通知を伴う添付のクレームの債務者のサービス。

行政執行を可能にするには、令状に必要な要素が含まれている必要があります。それらには、とりわけ次のものが含まれます。

  • 債権者は誰ですか。

  • 義務者は誰ですか。

  • 実行の対象となるもの;

  • 強制抵当で現金債権を確保することの表示;

  • 執行手続の法的根拠の表示;

  • 執行令状が発行された日付。

法的根拠:行政における執行手続に関する法律。

執行活動中、執行当局は執行の許容性を調査します。これは、執行令状の有効性を検証するのではなく、実施された行政執行が適切な行政義務に関係しているかどうか、および行政における執行手続の実施コストが執行債権の価値を超えているかどうかのみを検証することを意味します。行政執行を行うことを決定する際には、それに関連する費用を考慮に入れる必要があります。それらの量は、執行活動の種類と執行の対象によって異なります。費用は、執行対象の価値の1%から10%の範囲です。それらの詳細な値は、行政執行手続に関する法律の第6章に記載されています。執行過程において、例えば、手続の過程での請求の制限またはその一部の支払いの結果である執行手続において異議を申し立てることが可能である。所有者が義務者以外の者である場合は、対象物の執行免除を申請することもできます。執行当局がオブジェクトを実行から除外する決定を下すまで、オブジェクトを販売することはできず、財産権を処分する可能性はありません。

材料の範囲は何ですか?

行政執行は、以下の義務を伴って実施される場合があります。

  • 税法に記載されている税金、手数料、その他の料金。

  • 行政機関によって課せられる罰金および罰則。

  • 仕事に対する報酬;

  • 年金、社会保険および社会年金;

  • 銀行口座に蓄積された資金。

  • 証券口座に記録された金融商品から生じる権利。

  • 証券口座に記録されていない証券から生じる権利。

  • 著作権および関連する権利ならびに産業財産権

  • その他の財産権;

  • 可動式;

  • 不動産。

行政執行は、金銭的および非金銭的義務に対して行われる場合があります。

上記の義務の行政執行は、管轄当局によって発行された決定、判決、または判決に基づいてのみ可能であり、行政当局の場合、それは法的規定に起因します。

行政における執行手続に関する法律の第3a条は、法律の規定に起因する限り、すなわち、個人所得税の前払いである限り、決定を下す必要なしに債権を請求する可能性を示しています。法人所得税、税関債務、税関申告書または社会保障負担金に記載されている税金。この場合、法的根拠はそれぞれ次の文書です。

  • 納税者または納税者によって提出された納税申告書または申告書、

  • 義務者から提出された税関申告、

  • 社会保険料の支払人によって提出された和解宣言。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

誰が行政執行手続きを行うことができますか?

法律の規定に従い、財産権、動産および不動産を含む金銭的または非金銭的義務に対して行政執行を行うことが可能です。実施される行政執行の種類によって、どの当局が執行活動を実施するかが決まります。

金銭的義務の行政執行を行う権限を与えられた機関は次のとおりです。

  • 税務署長。

  • ワルシャワ郡に含まれる都市とコミューンのステータスを持つコミューンの管轄当局。

  • 第一に、財政規律に違反した場合の裁定機関の議長。

  • 財政担当大臣によって任命された社会保険機関の支部長。

  • 軍事財産庁の地域支部長。

  • 別の法的規定で指定された範囲の別の機関。

非金銭的義務の行政執行を行う権限を与えられた機関は次のとおりです。

  • ヴォイヴォダ;

  • 地方自治体の所管官庁。

  • 州のサービス、検査または警備の責任者。

  • 郡サービス、検査または警備の責任者。

  • 警察、内部治安機関、外国諜報機関または国境警備隊、国家労働監督局の個人データ保護局長の権限。

  • 平和と安全を守るために設立された他の団体。

金銭的義務の場合に執行を実行する権限を与えられた当局の権限は、義務を負った人の居住地に応じて決定されます。非金銭的義務の場合、当局の権限は、財産の場所と財産の場所に応じて決定されます。

金銭的または非金銭的債権に関する法律の規定に起因する義務が履行されなかった場合、その義務は行政執行の対象となります。債権者の申請書と一緒に執行命令を取得することは、行政における執行手続を開始するための基礎となります。そうすることを決定するとき、私たちはそれに関連するコストを考慮に入れなければなりません。税務署長など、行政執行の実施に責任のある当局は、開始されたプロセスの前向きな結論を確実にするためにあらゆる努力をします。行政の強制が不要になるように全力を尽くしましょう。