中小企業の従業員のやる気を引き出す

サービス事業

広範なインセンティブシステムは通常、組織とサービスに関連するコストをカバーできる大企業によって実装されます。福利厚生、無料のヘルスケア、海外旅行への助成金は安くはなく、専門家や専門家は将来の雇用主を選ぶ際にますますそれらに注意を払うようになっています。ビジネスで冒険を始めた若い起業家は、利用可能な財源が彼にそうすることを許さないので、そのような魅力的なインセンティブを提供することができません。それでは、中小企業をやる気にさせるいくつかの効果的な方法は何ですか?

中小企業の従業員のやる気を引き出す-従業員を引き付け、より長く維持する

誰もが零細企業で働くことに興味があるわけではありません。小さな会社で働くことは、必ずしもあなたに昇進または壮大な専門家の成功を達成する見込みを与えるとは限りません。もちろん、中小企業は、国内または国際的なリーチを持つ上場企業になる可能性があります。ただし、一部のエンティティは常に地域規模で運営されます。そのような企業に従業員を引き付ける方法は?

まず第一に、あなたは従業員が大企業では見つけられない何かを提供するべきです。中小企業の従業員のやる気を引き出すには、友好的で家族的な職場環境を作ることに基づく必要があります。雇用主は彼らが個人的に雇う一人一人を知っています。直接の接触のおかげで、彼女は自分の興味、期待、ニーズを知るためにより多くの時間を費やすことができます。従業員との永続的な関係を築き、人々が職場で8時間過ごすことを奨励する雰囲気を作り出すことが重要です。

柔軟な労働時間は、中小企業のインセンティブとして使用できます。零細企業の特徴は、職場にオーナーが常に存在することです。起業家は通常、クライアントへのサービス提供、電子メールへの応答、電話への応答などのエグゼクティブタスクも実行します。従業員に個人的な問題を解決するために長い休憩(明らかに無給)を与えることは問題ではありません。このようにして、あなたは雇用された人の満足を得て、彼らの仕事へのモチベーションに影響を与えることができます。

中小企業の従業員のやる気を引き出す-将来に関連する約束

新興企業も非常にダイナミックに発展している小さな存在です。そのようなプロジェクトの創始者が将来についての約束で彼らの従業員をやる気にさせることは珍しいことではありません。そのような約束には何が含まれているのでしょうか?含むかもね:

  • 利益の分配、

  • 公開時に会社の株式を取得し、

  • 管理職への昇進、

  • プロジェクトが完了した後のより多くの休暇日、

  • 資格を高める魅力的なトレーニング、

  • 会社の独立した支店を管理し、

  • 材料賞の受け取り-ラップトップ、電話、社用車、

  • 国際会議への参加。

将来への約束は、中小企業をやる気にさせる効果的な方法ですか?それはいくつかの要因に依存します。まず第一に、従業員は企業が実際に発展していることを確認する必要があり、スタートアップのオリジネーターの仮定が実現する可能性が高いです。第二に、人の性格、現在の資料、家族の状況が重要です。従業員がせっかちで、さらにアパートのローンを返済する場合、雇用主の約束が果たされるのを待つインセンティブはありません。第三に、風に対する約束は非常に見やすいです。誰かが特定の会社で長期間働いている場合、彼は起業家が想定された目標を達成することを目指しているのか、それとも従業員がより効率的に働くように動機付ける絵画的ビジョンを作成するためにそれらを設定するのかを評価できます。

小さな会社の従業員のやる気を引き出す-会社の生活への参加

中小企業では、財政状況や差し迫った危機を従業員から隠すことは困難です。会社の状況を従業員に知らせ、新たな問題について話し合い、一緒に解決策を探すのは良いことです。従業員は、事業の運営に影響を与えるため、重要であり、感謝されていると感じます。企業の生活に積極的に参加することは、中小企業をやる気にさせる効果的な要素であるだけではありません。協力はまた、支援のおかげで彼のビジネスを発展させる雇用主に利益をもたらすことができます。