監視-雇用主はそれについて従業員に通知する必要がありますか?

サービス

GDPRの時代では、雇用主は雇用している従業員の個人データを無制限に処理することはできません。テープに記録された画像を含む画像は、個人データの保護に関する規定の意味の範囲内で個人データを構成します。雇用主が自分の企業に監視をインストールしたい場合は、使用された監視について従業員に通知することを含め、そのようなソリューションの許容性を管理する規制に準拠する必要があります。

職場での監視システムのインストールに関連する従業員向けの情報のテンプレートをPDFおよびDOCX形式でダウンロードしてください。

ダウンロードする:

pdf
職場への監視システムの設置に関連する従業員向けの情報-template.pdf説明:手動で記入する印刷物 docx
職場での監視システムのインストールに関連する従業員向けの情報-template.docx説明:編集、印刷、保存

雇用主はいつモニタリングを導入できますか?

現在施行されている規制に従い、雇用主は自分のニーズによってのみ正当化される監視を使用することはできません。たとえば、雇用されている従業員やそのタスクの実行の信頼性を制御するために使用する場合、監視をインストールすることはできません。 労働法第22条第1項
「従業員の安全、財産保護、生産管理を確保する必要がある場合、またはその開示により雇用主が損害を被る可能性のある秘密情報を保持する必要がある場合、雇用主は職場の敷地または周辺地域に特別な監督を導入することができます。画像レジストレーション(モニタリング)を可能にする技術的手段の形での職場」。 監視は、次のことを確認する必要がある場合にのみインストールできます。

  • 従業員の安全;

  • 財産保護;

  • 生産管理;

  • 情報の機密性。その開示は雇用主に害を及ぼす可能性があります。

雇用主はモニタリングについて通知しなければなりません

職場でのモニタリングの導入は、CCTVカメラやその他のデバイスの設置に限定されません。施行されている規制に従ってこれを行うには、雇用主はいくつかの要件を満たさなければなりません。

  1. 労働協約、労働規則、または通知(起業家で有効な文書または従業員とのコミュニケーション方法に応じて)における監視の目的、範囲、および方法を決定する。

  2. モニタリングの導入について従業員に通知する。

  3. 新入社員に情報を提供する。

  4. 使用されたモニタリングについて知らせる標識を職場の敷地内に配置する。

雇用主が衛生施設で監視を適用することを計画している場合、上記の要件を満たすことに加えて、雇用主が採用した方法で選出された企業労働組合組織または従業員代表の同意も得る必要があります(企業貿易がない場合)組合組織)。このような場合、モニタリングを開始する前に、雇用主から関連する同意を得る必要があります。 労働法第22条第6-8条
§6。モニタリングの目標、範囲、および適用方法は、労働協約または労働規則、あるいは雇用主が労働協約の対象外であるか、労働を確立する義務がない場合は通知に記載されています。規則。
§7。雇用主は、特定の雇用主に採用されている方法で、開始の2週間前までにモニタリングの導入について従業員に通知します。
§8。雇用主は、従業員の就労を許可する前に、§6で言及されている情報を書面で提供します。"。 従業員向けの情報には、起業家は、使用される監視に関連する基本データを含める必要があります。これには、次の情報が含まれます。

  • アプリケーションを監視する目的、範囲、および方法を正確に示す文書。

  • 使用される監視のタイプ。

  • モニタリングの対象となる部屋。

  • 録音の保存時間。

  • 録音にアクセスできる人。

従業員向けの情報は、雇用主のニーズと雇用主が採用した従業員とのコミュニケーション方法に応じて、どのような形式でもかまいません。 従業員の署名によって確認された書面のフォームは、使用された監視について従業員に通知する最も効果的なフォームです。

モニタリングの導入に関連して従業員に提供されるべき従業員向けの情報のテンプレートを以下に示します。この式は、以前に監視を使用していた雇用主が新しい従業員を雇用する場合にも使用できます。

使用された監視に関する情報を従業員に提供することは、労働法の規定に基づくすべての義務を果たすのに十分ではありません。雇用主はまた、適切な標識または音声アナウンスを配置することにより、監視によって監視されているすべての部屋とエリアに適切にマークを付ける義務があります。マーキングの特定の方法の選択は起業家にかかっており、彼が使用するマーキングは、従業員にとって目に見えて読みやすいものでなければなりません。標識は、監視システムが起動する1日前までに設置する必要があります。