VAT現金法と毎月の決済

サービス税

VAT現金法は、VAT決済の特別な原則です。この方法は、出力VATと入力VATの両方の一般的な決済時間とは異なるという特徴があります。 VAT現金会計方式の使用は、すべての納税者が利用できるわけではありません。 VATチェックアウト方法は、いわゆる「小さな納税者」。

小さな納税者は誰ですか?

少額納税者のステータスは、前の税年度の総売上高が1,200,000ユーロを超えなかった企業によって受け入れられる可能性があります。さらに、小規模納税者は、手数料ベースで報酬を受け取る企業でもあります。たとえば、証券会社や投資ファンドを管理する企業などです。このような場合、少額納税者のステータスを取得するために、コミッションまたは報酬の金額は45,000ユーロ相当を超えてはなりません。

金額のユーロで表されたズウォティへの換算は、前の税年度の10月の最初の営業日にポーランド国立銀行が発表した平均為替レートに従って行われ、1,000ズウォティに丸められます。

重要!

2017年の少額納税者の地位にふさわしい販売限度額は5,157,000ズウォティです。

ただし、手数料ベースの納税者の場合、上限は193,000ズウォティです。

VAT現金法-それは何ですか?

VAT現金法は、原則として、支払い時にのみ、期日(販売時)と請求時(購入時)の両方のVATを決済することで構成されます。

したがって、納税者が商品またはサービスを販売し、それらの支払いを受け取らない場合、この取引についてVATを報告して支払う義務はありません。

重要!

アートによると。 106e段落。 VAT法の1ポイント16では、現金法を使用する納税者は、売上請求書に「現金法」という注釈を付ける必要があります。

現金によるVAT決済の開始

現金によるVATの決済を希望する納税者は、税務署の所長に書面で通知する必要があります。アートに準拠。 21秒VAT法の1では、この通知は、納税者が現金法を使用する予定の期間の前月末までに提出する必要があります。

重要!

VAT決済の現金方法の選択は、課税年度中に行うこともできます。

ただし、納税者がVATの決済に現金ベースの方法を選択した場合、納税者はその使用から12か月後にのみ辞任することはできません。

現金による方法の選択の通知は、VAT-Rフォームを送信することによって行われます。このような場合、文書にはVAT決済の現金による方法の選択に関する情報が含まれている必要があり、この方法が適用される期間も示されている必要があります。

現金法で納税義務が発生した日

アートに準拠。 21秒VAT法の1、現金法を使用してVATを決済する小さな納税者では、納税義務が発生します。

  • 支払いの全部または一部を受け取った日-サービスを提供したり、アクティブなVAT納税者に商品を配達したりするとき。

  • 支払いの全部または一部を受領した日、ただし商品の配達またはサービスの実行日から180日以内-アクティブなVAT納税者ではない納税者にサービスを提供または商品を配達する場合。

納税者が支払期日の一部のみを受け取った場合、この規制額に関連して納税義務が発生することに留意する必要があります。

また、外国の取引相手との取引の場合、現金による方法が適用されないことも重要です。この場合、現金による方法の使用に関係なく、このタイプの取引に規定された条件に基づいて納税義務が発生します。

例1。

現金法を使用する納税者は、2017年3月にアクティブなVAT納税者に商品を販売しました。しかし、彼は売られた商品の代金を支払われませんでした。

このような場合、納税者は販売された商品の支払いを受け取らなかったため、VATによる納税義務は発生しません。

例2。

現金法を使用してVATを決済する納税者は、2017年2月に、アクティブなVAT納税者ではない起業家に商品を販売しました。配達された商品の支払いは受領されていません。

支払いを受け取らなくても、納税義務が発生します。次に、商品のリリースから180日後、つまり2017年8月にセールを表示する必要があります。この取引のVAT税は、2017年第3四半期のVAT-7K申告書に表示されます(納税者が四半期ごとにVAT申告書を提出すると仮定)。

現金法と毎月のVAT決済の使用

すでに事業を行っている納税者がVATを現金で決済することを決定した場合、四半期ごとにVATを決済する義務があります。これはアートによるものです。 99秒VAT法の2。

したがって、彼は3か月ごとに、VAT-7KフォームのVAT申告書を税務署に提出します。 VAT-7K申告は、申告が関係する四半期の翌月の25日までに提出する必要があります。月の25日が休業日である場合、申告書の提出期限は翌営業日に変更されます。

重要!

「新規」納税者、すなわち事業を開始する納税者については、毎月VAT申告書を提出する必要があります。

したがって、納税者は、VATの決済方法として現金による方法を選択した場合でも、事業の最初の12か月間は、毎月VAT申告書を提出する義務があります。

記事のこのトピックの詳細:四半期ごとのVATの撤廃-関係者。