解散後の大陸法パートナーシップの財産

サービス税

大陸法パートナーシップは、その名前に反して、商法の意味の範囲内の会社ではありません。法人格はなく、共同で定義された目的のために行動する少なくとも2人(パートナー)の義務からなる合意を構成します。その独特の性質により、民法パートナーシップの財産はその財産ではなく、共有です。解散後、大陸法パートナーシップの財産は、小数部分の共有に変わります。

配偶者間の共通性としての市民パートナーシップにおける共通性

実際には、全体的な共通性と部分的な共通性の違いは、主に個々の資産の処分の可能性に関して重要です。 パートナーシップの期間中、大陸法パートナーシップの資産は共有を構成します。会社の解散後、この物件は小数部分の共有になります。 共同所有とは、共同所有者が分割できない方法で物を共同で所有することを意味します。共同所有期間中に、所有権またはその個々の構成要素の共有を処分したり、所有権の分割を要求したりすることはできません。このタイプの共同体は、結婚中の配偶者の特徴です(彼らが財産分離制度を導入することを決定した場合を除く)。 アートの提供。民法の863
§1。パートナーは、パートナーの共同財産の株式またはこの財産の個々の構成要素の株式を処分することはできません。
§2。パートナーシップの間、パートナーはパートナーの共同財産の分割を要求することはできません。
§3。パートナーシップの間、パートナーの債権者は、パートナーの共同財産のシェアまたはこの財産の個々のコンポーネントのシェアに満足を要求することはできません。"。 会社の解散後に有効となる端数の共同所有権とは、各共同所有者が、サイズが端数で表される株式を受け取る権利があることを意味します(たとえば、2人の共同所有者であり、それぞれが1/2)。共同所有者は、たとえば他の人に売却するなど、自分の株式を処分することができます。 分割所有権の出現は、株式の平等の推定に関連しています。以前のパートナーの資産のシェアは、パートナーが別途合意しない限り、同等です。

部分的な共有は、会社の解散時に発生します。つまり、次のようになります。

  • 会社が指定された期間に締結されている場合は、定款に指定されています。
  • 裁判所の決定による民法パートナーシップの有効な解散。
  • パートナーの1人の破産の宣言。
  • 会社を解散するという株主の決議を採択する。

最初に借金、次にカートリッジ

シビルパートナーシップの解散後のパートナーの資産を進める順序は、民法の規定に明記されています。アートの提供に従います。民法第875条、会社の解散後、以下を行う必要があります。

  1. 会社の負債を返済する。
  2. 株主への貢献を還元する。
  3. 余剰がある場合は、会社の存続期間中にパートナーが利益を共有する方法で分割します。

アートの提供。民法の875
§1。会社の解散の瞬間から、小数部分の共有に関する規定は、以下の規定に従い、パートナーの共同所有権に応じて適用されるものとします。
§2。株主は、パートナーが会社から撤退した場合の拠出金の返還に関連する規定を適用して、会社の債務の支払い後に残っている資産から拠出金を返還するものとします。
§3。共同財産の残りの余剰は、パートナーが会社の利益に参加した割合でパートナー間で分割されます。"。 元株主による資金の支払いに関連する措置は、債務が返済された後にのみ行うことができます。第三者に対する責任は、以前のパートナーの考えられる要求よりも優先されます(ケースNo. III CKN 599/98で発行された2000年2月9日の最高裁判所の判決を参照)。

例1。

Jan Kowalski、Zbigniew Nowak、AnnaIksińskaは市民パートナーシップのパートナーでした。解散時に、10万PLNが会社の銀行口座に蓄積されました。同社には他に資産はありませんでしたが、合計10,000PLNの未払いの請求書がありました。そもそも、元パートナーは会社の債務を履行しなければなりません。残りのPLN90,000からの寄付は返還されるべきです。協定の締結時に、以前のパートナーはそれぞれ15,000ズウォティの寄付をしました。これらの債権(PLN 45,000)が支払われた後、残りのPLN45,000は利益の分配と一致する方法で分配されます。会社の任期中、パートナーは1/3以降の利益に参加したため、残りの金額もこの方法で分配されます。つまり、起業家ごとに15,000PLNになります。 大陸法パートナーシップはVATの支払者であるため、会社は会社の解散と清算のためにVATを決済する義務があります。パートナーは、実地棚卸(会社の解散日現在の清算棚卸)を準備する必要があります。 契約の締結時に行われた拠出金の支払いは、民法の規定で指定された方法で行われます。

  • 使用のために会社に持ち込まれたもの(例:寄稿の一部として寄贈された事務機器)は現物で返還されます。
  • 他の寄付に関連して、それらの金銭的価値が支払われます(契約で指定された価値または寄付を行った時点での寄付の価値に応じて)。
  • パートナーの貢献がサービスの提供(会社のウェブサイトの運営など)または物の使用で構成されている場合、これらのサービスの価値は返金されません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

以前のパートナーがうまくやっていけない場合はどうなりますか?

小数部分の共有を確立しても、パートナーは協力から解放されません。たとえば、パートナーは、シェアに対応する部分で共通のものを維持するためのコストを負担する義務があります。 アートの提供。民法の199
共同財産の処分や日常の管理の範囲を超えるその他の活動には、すべての共有者の同意が必要です。そのような同意がない場合、株式が少なくとも半分に達する共同所有者は、意図された活動の目的およびすべての共同所有者の利益を考慮して裁定する裁判所による決定を要求することができます。"。 共有の対象となるものに関連して取られる行動の性質は、決定がどのように行われるかを決定する決定的な要因になります。例えば、通常の管理を超えた活動である商品の販売については、すべての共有者の同意を得る必要があります。アイテムの日常の保管に関連する活動は、そのような同意を必要としません。

通常、前者のパートナーは共同所有権の廃止を求めます。これは、共同所有権契約を通じて、または裁判所の決定に基づいて発生する可能性があります。

共有は次の方法で廃止される場合があります。

  • 物事の物理的分割(分割可能な物事に関連してのみ可能、例えば、共同所有者が所有する不動産内の特定の区画の分離);
  • 共同所有者の1人の独占的財産にアイテムを付与し、他の人の利益のために返済を命じること。
  • 物を売って、こうして得られた資金を分配します。

共同所有権の廃止の要求は、共同所有者によって締結された合意によって制限される可能性があります-彼らはどちらもそのような行動を要求しないと決定するかもしれません。契約上の制限は最大5年間有効です。