請求書の番号付​​けのギャップ-それをどのように処理するか?

サービス税

請求書の記録の保持は、正しい順序と継続性で実行する必要があります。請求書の番号にギャップがあると、問題が発生する可能性があります。以下の記事では、考えられる解決策を示し、そのような場合の対処方法を示します。

請求書の番号付​​け

請求書の番号付​​けの問題を規制する基本的な法的規定はアートです。 106e段落。 VAT法の1ポイント2。請求書には、請求書を一意に識別する1つ以上のシリーズ内で割り当てられた連続番号を含める必要があると規定されています。

上記の規定に基づいて、いくつかの重要な問題を示すことができます。まず、請求書には、発行された請求書の連続番号付けによる継続性を確保し、特定の請求書の識別を可能にするような方法で番号を付ける必要があります。ただし、「"。 VAT法は、この点に関していかなる定義も提供していないため、口語的(言語的)な意味を参照する必要があります。

次々と次々と意味します。したがって、請求は時系列で行う必要があるため、後続の各請求書には、前の請求書よりも1つ大きい番号を付ける必要があります。そのような立場は、とりわけ、によって提示されました2016年11月10日、No。2461-IBPP2.4512.749.2016.1.IKの解釈におけるカトヴィツェの税務署長。

したがって、納税者は、正しい方法は請求書に連続した連続した番号を割り当てることであることを覚えておく必要があります。同時に、数字1で始まる番号付けを要求する規定はありません。納税者がどの番号で番号付けを開始するかは問題ではありません。請求書には、納税者が保管している記録に基づいて、個別の一意の番号を含める必要があります。納税者が番号付けの継続性と識別の可能性を維持することが重要です。 規則の内容は、請求書には、発行された請求書を順番に番号付けして記録し続けることができるように番号を付ける必要があることを示しています。ただし、重要なことに、番号付けシステムは納税者によって決定されます。 したがって、番号付けは、前の番号より1つ大きい次の番号を割り当てることに基づいている必要があります。また、アート。 106e段落。 VAT法の1ポイント2では、一連の請求書を作成して、その中で順番に番号を付けることができます。このシリーズは、決済期間(たとえば、月)に関連する場合もあれば、たとえば、請負業者に割り当てられる場合もあります。

例1。

納税者は2人の請負業者に商品を販売します。そのうちの1つの請求書の発行に関しては、番号はA / 100、A / 101、A / 102などです。ただし、他の請負業者に対して発行された請求書に関しては、番号B / 200、B / 201、 B / 202など。採用されている番号付け方法は正しく、法律に準拠しています。

請求書の番号を変更する機能

また、納税者が年度中に請求書の番号付​​け方法を変更する際の障害もありません。 2016年10月27日、No。1462-IPPP2.4512.647.2016.1.AOの解釈において、ワルシャウの税務署長によって確認されたように、そのような行動は許容されます。当局は、納税者がその年の間に請求書の番号付​​けの形式を変更するのに障害はないことを示しました。唯一の条件は、明確な識別の可能性に影響を与えないことです。

その結果、納税者が以前のシリーズの使用を終了し、いつでも新しいシリーズの使用を開始するのに支障はありません。このような状況は可能であり、唯一の条件は、新しい請求書番号の使用を開始しても、それらの明確な識別の可能性に影響を与えないことです。

異なるシリーズの請求書を同時に使用することができ、連続するシリーズが前のシリーズを置き換える場合があります。以前に使用された番号付けで使用されたものと同じ請求書番号が新しい番号付けで割り当てられる場合、そのような変更のみは不可能です。 納税者がその年の間に請求書の番号付​​けの方法を変更するための法的障害はありません。特定の請求書を時系列で明確かつ明確に識別できることが重要です。

請求書の番号付​​けのギャップ

請求書の番号付​​けのルールについてはすでに学習しました。問題のメリットに移り、番号付けのギャップに対処する方法を考えてみましょう。

本能的には、そのような場合、修正請求書を発行することが最も適切であるように思われます。ただし、請求書の修正に関する規定を分析すると、これは正しくないという結論に至ります。アートによると。 106j段落。 VAT法の1で、納税者は、請求書を発行した後、次の場合に修正請求書を発行します。

  1. 値下げは割引の形で認められました。
  2. 割引と値下げが認められました。
  3. 商品とパッケージは納税者に返還されました、
  4. 購入者は全部または一部が払い戻されました。
  5. 価格が上昇したか、請求書の価格、レート、税額、またはその他の項目にエラーがありました。

上記の規定は、請求書の番号付​​けのギャップには適用されないことに注意してください。結果として、修正を適用することは正しい解決策ではありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例2。

納税者は時系列で請求書を発行します。番号8/2019でマークされた請求書の後の間違いの結果として、彼は請求書10/2019を発行しました。このような状況では、請求書番号10/2019を修正し、その番号を変更することは不合理です。 請求書の番号付​​けのギャップは、請求書の修正を発行することによって解決されるべきではありません。

法律の規定に直接起因するものではありませんが、実際には、採用された解決策は、ギャップの理由を説明するステートメントを作成し、それを税務書類に添付することです。

例3。

間違いの結果、納税者は請求書No. 2/2019を発行した後、請求書No.33 / 2019を発行しました。この請求書は請負業者に送付されました。この場合、納税者は、見落としにより、請求書No. 2/2019が別の請求書No.33 / 2019とともに発行されたのに対し、請求書3〜32は発行されず、経済的流通も行われなかったことを示す声明を出す必要があります。 請求書の番号付​​けのギャップは、納税者が税務書類を作成して保管するという宣言で明確にする必要があります。

請求書の番号付​​けと仮払消費税を控除する権利のギャップ

最後に、商品またはサービスの売り手が行った請求書の番号付​​けの間違いは、請求書から生じる仮払消費税を差し引く買い手の権利に影響を与えないことも強調する価値があります。

請求書に実際の取引が記載されており、その取得が購入者による課税活動の実行に関連している場合、請求書番号が正しくないにもかかわらず、購入者はVATを控除する権利を保持します。請求書の番号付​​けに継続性がなくても、納税者が仮払消費税を控除する権利を奪うことはありません。結果として、売り手側の請求書の番号付​​けのギャップが買い手に悪影響を与えることはありません。

提示された考慮事項を念頭に置いて、納税者は番号付けの時系列が維持されるように、任意の方法で請求書に番号を付けることができることを覚えておく価値があります。ただし、番号にギャップがある場合は、この問題について適切な説明を行う必要があります。訂正請求書を発行することは正しくありません。