意図の手紙-署名の法的結果

サービス

法的および経済的取引では、予備交渉はしばしば当事者による同意書の署名で終了します。この文書は、潜在的な従業員に彼らが彼らに興味を持っていることを理解させたい雇用主によって一般的に使用されます。しかし、そのような意向書は契約を締結することを保証するものですか?当事者の1人がさらなる交渉から撤退し、別の事業体との契約を締結することは、法的結果を伴いますか?この記事では、これらの質問に答えます。

意向書を受け取った直後、私たちは成功し、すでに契約をポケットに入れているという安堵のため息をつくことができるように思われるでしょう。これ以上悪いことはありません。同意書はまだ契約に署名していません。さらに、予備契約と同等に扱われていません。約束を撤回することにより、将来的に協力協定を締結する意思を表明した意向書に署名した者は、法的な影響を及ぼさないとさえ言えます。では、なぜ意向表明書の制度が創設されたのか、そしてそれを結論付ける意味は何でしょうか。

意図の手紙とは正確には何ですか?

意向表明書は、過去の法律、商業、または経済活動に関連する、書面による最初の意向表明です。この文書には、両当事者または一方の当事者による意思表示が含まれており、原則として、交渉後に契約を締結する意思を表明するだけです。特定の契約を締結しようとする人は、他の人に宛てた手紙でそれを表現すると同時に、確認を求めます。それは、返送された趣意書の写しまたは別の書簡で行われる場合があります。意向書は、電子書簡の形式をとることもあります。その主な機能は、将来の最終的な契約を締結する当事者の意志を表明すること、および契約の詳細を定義することです。書簡は、自然人と法人の両方の1人または複数の当事者によって発行される場合があります。

簡単に言えば、意向表明書は、将来の合意と意図された活動の範囲を定義し、計画されたプロジェクトのより詳細な説明を含む場合もあります。通常、議論された文書は、特定のプロジェクトへの請負業者の関与を示すためのさらなる協力と意欲に関する合意に達した後に締結されます。

同意書に署名することの法的効果

意向表明書の構造には、交渉の過程で作成された、当事者の将来の権利と義務に関する特定の規定が含まれている必要があります。ただし、意向表明書は、署名する当事者を拘束するものではないことを覚えておく必要があります。これは、この機関がいかなる法的行為によっても規制されておらず、一般裁判所がまだ統一された法学を開発していないという事実によるものです。したがって、意向表明書への署名とその遵守または署名の不履行は、重大な法的結果を伴うものではなく、したがって、この文書から生じる義務に異議を唱えることはできません。これは、2011年10月6日の判決(ファイル参照:V CSK 425/10)で最高裁判所自体によって確認されたようであり、共同意向書は通常、交渉を行った後に契約を締結する意思を表明するだけであると述べています。 。事前契約と同等に扱うのは間違いです。最高裁判所は、意向書は将来的に合意を締結する可能性を規定し、可能な協力の規則を指定しているが、当事者の義務関係を作成するものではないことを強調した。

以上のことは、契約締結の意思が「当事者の意思」という形でしか現れないためです。他方、契約を締結するという単なる意図は、そのような行動が確固たる決定を明らかにしないので、まだそれを締結する決定として扱うことはできません。手紙は、将来それについて決定するための交渉の当事者の能力を奪うことなく、そのようなステップの可能性について通知するだけです。 意図の手紙としての文書の単なる命名は、手紙の法的結果を決定するものではないことに留意する必要があります。受取人が受け入れた申し出の形での意志の宣言は、意向書の形で表現される場合があります。したがって、文書の内容が契約の特徴を明確に示している場合、そのような契約の法的結果が生じます。 法的な意義については、意向書にそのようなものがないとは言えません。この文書は、一般的な規則に従って、つまり誠意を持って、つまり当事者が満場一致で特定の契約を締結しようとしていることを確信して行われるべき交渉の開始を示しています。ただし、それを結論付ける当事者の義務は従わないことを強調する必要があります。

ただし、両当事者が署名した同意書に契約前の合意の提案が含まれている場合は、法的拘束力があると見なす必要があります。意向書に記載された声明の堅固さの欠如は、将来計画されている契約にのみ関係しますが、そのような契約を締結する方法を定義する契約は拘束力があると見なされなければなりません。

意向書はどのように構成する必要がありますか?

レターオブインテントは、ポーランドの法律で詳細に規制されている機関ではありません。その内容、形式、効果、目的は商慣習によって開発されたものであるため、正式な手紙の特徴はありません。したがって、議論された文書は、その内容が当事者の共通の意志に依存している間、任意の形式で結論付けることができます。

書簡には義務的な要素がないにもかかわらず、意向書には以下が含まれている必要があると想定されています。

  • 誠意を持って交渉するというコミットメント。

  • すでに合意された条項を交渉しないというコミットメント。

  • 指定された作業を開始する許可。

  • 適切な金額の支払いを行うことの宣言。

趣意書の規定に違反すると、当事者は責任を問われる可能性がありますか?

将来の契約の可能性を規定し、可能な協力のルールを指定する意向書に署名した結果は、当事者の義務関係の形成ではありません。

書簡は原則として法的効力を生じませんが、特定の状況では当事者が責任を問われる場合があります。いずれかの当事者が書簡に署名した後、同じ問題について競合企業との交渉を継続した場合、契約の利益の違反の結果として責任を問われる可能性があります。したがって、誠意を持って交渉する義務に違反した場合、規定に違反した当事者は損害賠償責任を問われる可能性があります。補償の範囲は、契約の締結を頼りに相手方が被った損害の補償をカバーします。

趣意書では、当事者は責任の範囲を拡大することもできます。つまり、以下を含む悪意のある交渉の追加の結果を定義することができます。交渉中に相手方が負担した費用を返済することを約束する場合があります。

意向書と予備契約

上に示したように、意向表明書は予備契約と同等に見ることはできません。それにもかかわらず、交渉に関与する当事者はしばしばこの間違いを犯します。

まず第一に、予備契約は民法の規定で厳しく規制されており、したがって、その署名は約束された契約の締結という形で当事者の義務をもたらすことに留意する必要があります。これは、当事者が特定の業務を遂行するための契約などを締結することを約束する予備契約に署名した後、当事者は将来この最終契約を締結する義務があることを意味します。したがって、一方の当事者がこの契約の締結を回避しようとすると、他方の当事者は、約束された契約の締結を頼りにしていたために被った損害の補償(補償)を請求する権利があります。さらに、予備契約が約束された契約の有効性が依存する要件、特にフォームに関する要件を満たしている場合、被害者は最終契約の締結を請求する権利があります。

予備契約に基づく請求は、約束された契約が締結された日から1年後に失効するものとします。裁判所が最終契約の締結の請求を却下した場合、予備契約に基づく請求は、判決が確定した日から1年後に失効するものとします。

一方、意向表明書は義務として扱われないため、法的効力はありません。当事者は何もする義務を負いません。これは、契約が実際に将来締結されるという保証がないことを意味します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

予備雇用契約と意向書

実際には、雇用主が一定期間従業員を「予約」したい場合、従業員に意向表明書を発行することを決定することがよくあります。残念ながら、ほとんどの従業員はこの手紙が何であるかを知らず、予備雇用契約と混同しています。

しかし、必ずしも意向表明書を作成しても、そのような「信頼できない」雇用主に説明責任を負わせることにはなりません。これは、そのような文書に予備雇用契約のすべての正式な要素が含まれている可能性があり、そのような契約を履行しないと、雇用者が従業員を雇用する義務を回避し、支払いにさらされるという事実によるものです適切な補償の。

アートに準拠。労働法第29条では、次のような要素が指定されている場合、文書は予備契約になります。

  • 仕事の種類;

  • 勤務先;

  • 仕事の種類に対応する仕事の報酬。報酬の構成要素を示します。

  • 労働時間;

  • 作業開始日。

趣意書-要約

趣意書に法的効力がない場合、それを含める価値はありますか?経済慣行はそれが価値があることを示しており、利害関係者はそれを非常に頻繁に行います。

まず、当事者の意図を書面で確認します。第二に、それは将来の請負業者の交渉が向かっている方向を示しています。さらに、それは当事者に安心感と将来の義務の明確な見方を与える計画された協力の詳細を定義します。また、商取引においては、交渉の当事者が請負業者を信頼し、そのような信頼に値することを示すことが非常に重要です。