リバースチャージ清算と分割払い

サービス税

脱税の数を減らすために、政府はVATの分野にさらなる変更を導入します。 2019年11月1日から施行された新しい規制に従い、逆請求は清算され、特定の条件下では義務的な分割支払いメカニズムに置き換えられました。どのような条件で分割払いが必要になるかを確認してください!

国内取引における逆請求

該当する規制に従い、2019年10月31日まで、付加価値税法に定められた条件が満たされた後、逆請求が適用されました。アートに準拠。 17秒VAT法の1ポイント7、次の条件が同時に満たされたときにトランザクションに適用されるメカニズム:

  • 附属書11で指定された商品の配達および附属書14のサービス。
  • 売り手は納税者であり、売上高が200,000ズウォティであるために売却が免除されません。
  • 購入者はアクティブなVAT納税者です。
  • 商品の供給はVATを免除されません。
  • 建設サービスの場合、売り手はサービスの下請け業者です。

VAT-27情報は、国内販売の場合に提出されました。国内販売では、購入者は出力VATを(逆請求メカニズムの下で)決済する必要がありました。国内取引における逆請求の撤廃により、VAT-27情報が撤廃されました(暫定規定に記載されている場合を除く)。 売上請求書の逆請求は、2019年10月31日まで適用されました。立法者はまた、アートに含まれる暫定規定を示した。 2019年8月9日の付加価値税法およびVAT法の改正に関するその他の特定の法律を改正する法律の10。これに応じて、次の場合に逆請求が適用されます。

  • ケース1:納税者が2019年11月1日より前に法律の付属書11または14に記載されている商品/サービスを提供し、2019年10月31日以降に納税義務が発生したか請求書が発行された。
  • ケース2:納税者は、2019年10月31日以降、法律の付属書11または14に記載されている商品/サービスを提供しました。この場合、納税義務が発生したか、2019年11月1日より前に請求書が発行されました。

2019年11月1日からのリバースチャージと国内取引の撤廃

2019年11月1日以降の付属書11および14に記載されている取引は、逆請求メカニズムを使用して決済されません(暫定規定の対象となる取引を除く)。 VAT法の改正に伴い、これらの付録は付録No. 13とともに廃止されます。代わりに、付録No. 15が導入され、義務的な分割払いの対象となります。分割支払いメカニズムは、2019年11月1日から次の場合に義務的に適用されることを強調しておく必要があります。

  • 取引は、VAT法の付属書15に記載されている商品の少なくとも1回の配達またはサービスの提供に関係します。
  • 取引額が15,000ズウォティ以上-外貨での取引の場合、前営業日にポーランド国立銀行が発表した外貨の平均為替レートに従って、金額をズウォティに換算する必要があります。取引日;
  • 売り手はアクティブなVAT納税者です。

請求書の複数の項目から1つの製品またはサービスのみが付録15に含まれていても(たとえば、PLN 10相当)、請求書の合計金額がPLN 15,000を超える場合でも、分割支払いメカニズムを使用する必要があります。 したがって、このタイプの取引の場合、売り手は発行された売上請求書に「分割支払いメカニズム」という注釈を含め、分割支払いメカニズムを使用して支払いを受け入れる義務があります。一方、買い手はこの方法を使用して支払う義務があります。上記がない場合請求書に注釈が付けられている場合でも、購入者は分割支払いによって請求書を決済する義務があります。これは、そのような支払いが義務的に行われるべきかどうかを確認する責任があるためです。

新しい規則に従って売却が決済されない場合、売り手と買い手の両方が罰則と財政的影響に直面する可能性があります。売り手が請求書に「分割支払いメカニズム」という注釈を含めていない場合、付属書15の取引に関連する請求書項目にVATの30%の制裁措置が科せられる可能性があります。この制裁措置は、状況(電子メール、修正の発行など)およびSPMを介した購入者の責任の決済についての購入者。一方、買い手が新しい規則に従って義務を解決しなかった場合、売り手と同じ制裁を受ける可能性があります。売り手が請求書から全税額を決済する場合、ペナルティは適用されない場合があります。

附属書第15号-それは何に関係していますか?

2019年11月1日から適用されるVAT法の新しい付属書15は、150もの項目をカバーしています。ここでは、とりわけ次のことを区別できます。
1.配達:

  • 無煙炭、亜炭、コークス、セミコークス、および練炭
  • 鉄鋼製品の部品-広く理解されている「スクラップ」
  • 金、銀、アルミニウム、亜鉛、銅
  • コンピュータ、メモリユニット、電話
  • テレビ、ゲーム機、カメラ/デジタルカメラ
  • 自動車の特定の部分
  • ジュエリー
  • 廃棄物(ガラス、紙、プラスチックなど)
  • 二次原料;

2.サービスの提供:

  • 建設および一般建設

この付録には、割り当て条件とVATステータスを満たした後、義務的な分割支払いメカニズムの対象となる詳細なトランザクションが示されています。さらに、提供されるサービスや商品の供給を簡単に識別できるように、アイテムの横にPKWiU番号も表示されています。 PKWiU番号は、中央統計局のWebサイトにあるPKWiU検索エンジンに基づいて決定できます。番号の正しい定義の申請書をウッチの統計局の分類および命名センターに提出することも可能です。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

海外取引での逆請求

逆請求は外国取引にも適用されます。の場合には:

  • コミュニティ内の商品の取得、
  • コミュニティ内のサービスの取得と
  • EU外のカウンターパーティからサービスを購入する

商品またはサービスの購入者は、出力VATの決済とVATの控除を同時に行う義務があります。その後、逆請求メカニズムにより購入が決済されます。

リバースチャージ清算および外国取引

リバースチャージの清算は、外国取引の決済には適用されません。したがって、VATを決済する義務(VAT法で指定されている場合)は依然として販売者にあります。したがって、VAT法の改正は国内取引にのみ適用されます。