機器記録の清算-KPiRへの変更

Webサイト

起業家は事業活動の一環として、会社の資産を構成するさまざまな種類の機器を購入します。資産には、コンピューター、プリンターなどの機器、掃除機などの小さな付属品が含まれます。これまで、特定の要件を満たした後、それらは機器としての資格を取得し、機器登録に含まれることがありました。しかし、歳入と歳出の税務台帳の保管に関する財務大臣の規則に従って、2020年から機器の記録は清算されました!

機器の記録-2019年末まで保持するルール

設備は、法人税法の規定に従い、実施された事業活動に関連する有形資産として定義されましたが、固定資産としては含まれていませんでした。一方、1年未満の活動で使用され、その価値がPLN 1,500(アクティブなVAT納税者の純額、非VAT納税者の総額)を超える購入済み機器は、原則として、締結する必要がありました。機器登録。

2019年末まで保持される機器記録には、次のデータが含まれている必要があります。

  • レコードのエントリ番号、
  • 取得日、清算(売却または寄付)、
  • 請求書または請求書番号、
  • 機器名、
  • 機器の購入価格または製造コスト、
  • 機器の購入に関連するコストが本に入力されたアイテム番号、
  • および機器の廃棄の理由。

2019年1月1日から定額所得税で支払う起業家は、機器の記録を保持する必要はありません。これはArtによって確認されています。 15秒3aおよび秒。一時所得税法の5-7。

例1。

Paweł氏は、彼の事業の一環として、正味1,800ズウォティでカメラを購入しました。購入した機器は固定資産の定義を満たしておらず、その価値は正味10,000 PLNを超えず、機器の使用期間は1年未満です。
このような状況では、ヤンさん、購入したカメラを機器台帳に登録する必要があります。

例2。

カタルジナ夫人は衣料品店を経営しています。彼女はビジネスで使用するために、正味1,000PLN相当のプリンターを購入しました。 Katarzyna氏は、社内で購入したプリンターを1年以内に使用します。
この場合、Katarzyna女史は、プリンターを機器登録簿に入力する義務を負うことなく、発生した支出を税控除の対象となる費用に直接含める権利を有します。

価値が1,500PLNを超え、予想耐用年数が1年未満の事務機器などの資産拠出は、機器の在庫に入力する必要がありました。一方、正味1,500 PLN未満の購入資産は、機器の在庫に含める必要はありませんでした。このような状況では、納税者はその支出を税控除の対象となる費用に直接含める権利がありました。

機器記録の清算-KPiRの維持における変更

2020年1月1日、収支の税務台帳の保持に関する新しい規制が導入されました。これに伴い、機器の記録を保持する義務は廃止されました。

財務省は、導入された変更の目的は、起業家とその従業員を行政手続きから解放するための規制と手続きを簡素化することであると指摘しています。 設備の在庫の清算は、納税者が固定資産の記録を保持することから解放されることを意味するものではありません。 ただし、事業活動が清算された場合でも、納税者はアートで言及されている資産のリストを作成する必要があることを覚えておく必要があります。 24秒個人所得税法の3a。

例3。

マグダさんは2020年に、正味6,000 PLN相当のコンピューターを購入しました。このコンピューターは、1年以上にわたってビジネスで使用されます。
購入した機器が固定資産の定義を満たしていないため、機器の記録は2020年以降清算されているため、マグダ女史は発生した支出を税控除の対象となる費用に直接含める権利を有します。
紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

wFirma.plシステムでの機器記録の清算と機器購入の会計処理

wFirma.plシステムでは、ユーザーは、すでに導入されているものと購入されたものの両方の機器コンポーネントのリストを引き続き保持できます。 wFirma.plシステムで機器の購入を文書化した請求書を投稿するには、タブに移動します:支出»会計»追加»VAT請求書/請求書(VATなし)»機器の購入。購入請求書に従って必須フィールドに入力した後、機器の名前と記録への入力日を入力します。

転記された支出は、KPiRの列13-その他の支出およびVAT購入台帳に含まれます(VAT請求書を持っているアクティブなVAT支払人の場合)。機器は、タブの機器レジスタにも自動的に入力されます:レコード»機器。