オープンライセンス-それは何によって特徴付けられますか?

サービス

私たちは、違法に入手したものも含め、あらゆる種類の作品、作品、発明に簡単にアクセスできる時代に生きています。同時に、著者は自分の権利をますます意識するようになり、知的財産法は体系的に制限が厳しくなり、著者に自分の財産を保護するためのより良いツールを提供しています。違法コピーとの戦いは満足のいく結果をもたらし、消費者の意識が高まり、それとともにクリエイターの収益も高まります。とはいえ、最近、オープンライセンスである著作権機関の人気が高まっていることがわかります。

フリーライセンスとも呼ばれるオープンライセンスでは、作品を無料で無制限に使用できます。さらに、このライセンスは非独占的です。つまり、誰でも無制限に使用できます。したがって、オープンライセンスとは、著作者と著作物のユーザーとの間で締結されたパブリックライセンス契約であり、これに基づいて、ユーザーは通常、オリジナルおよび著作物の著作物をコピーおよび変更できると結論付けることができます。

オープンライセンスと法律

オープンライセンスの制度はアートで規制されています。 2000年6月30日の法律の80。-工業所有権法。この規定は、著者が彼の発明の使用のためのライセンス(無料ライセンス)を付与する準備ができているという宣言を特許庁に提出することができると述べています。同時に、そのような宣言を取り消す、または変更する法的可能性はないことを覚えておく必要があります。オープンライセンスの提出に関する情報は、特許登録簿に入力されるものとします。

オープンライセンスの種類

法律実務では、3つの無料ライセンスシステムを区別できます。

  1. 特許独占が永久に失われるシステム-それは、オープンライセンスの付与に関する著者の宣言の取消不能の概念に基づいています。この場合、著者は発明の独占的使用権および独占的ライセンスを付与する権利を失うため、著者の知的財産権は制限されます。

  2. 特許独占が停止されるシステム-著者は彼の作品に対する独占的権利を失うことはなく、この権利を停止するだけです。著者はいつでもオープンライセンスの宣言を取り消すことができ、その結果、ライセンスを付与する準備ができているという宣言がまったく行われなかったかのように、すべての著作権が彼に返されます。

  3. 混合システム(以前の2つのシステムの組み合わせ)-このシステムでは、作成者はオープンライセンスを付与する準備の宣言を取り消すことができますが、特定のモードで関係者が作品の使用目的を開示するまでです。

法律の現在の文言-ポーランドの工業所有権法では、前述のシステムの最初のもの、つまり独占の喪失に関連するオープンライセンスのみが受け入れられます。これは、アートに準拠しているためです。 80秒前述の法律の1では、ライセンスを付与する準備ができているという宣言を取り消したり、変更したりすることはできません。

オープンライセンスの役割

オープンライセンスは、定期的な特許保護に関連する料金を単に望まない、または支払うことができない著者による作品(作品、発明)を提出する可能性を提供することです。このおかげで、彼らの権利には一定の制限があり、彼らは彼らの仕事を保護するために定期的な料金の半分の削減を得る。

あなたの作品を使用するためのライセンスを付与する準備ができているという宣言を提出する上記の権利は、無制限のエンティティのグループに向けられた一種の申し出として読むことができます。次に、そのような提出された申し出の受諾は、ユーザーとのライセンス契約を締結することによって(特に交渉を通じて)、またはユーザーによって事実に基づく行為を行うことによって行われる可能性があります。後者のオプションは、使用開始から1か月以内に著者の書面による通知により、作品の使用が開始された結果として発生します。

オープンライセンス契約を締結するために、アートに記載されているライセンス契約の規定。アートと矛盾しない限り、76および工業所有権法。この行為の80。

工業所有権を規制する法律は、ユーザーが作品の使用の開始について著者に通知する義務を果たさない状況で発生する可能性のある法的結果を定義していないことに注意する必要があります。少数派の教義では、通知義務の不履行はライセンス契約の締結の不履行に等しいという見解があり、したがって、自分の作品の使用について著者に通知しなかったユーザーは特許を侵害します。多数決は、義務を遵守しなくても、ユーザーによるライセンス取得の有効性に影響を与えないという結論を支持します。したがって、作成者に作品の使用開始を通知したり、そのような通知を行ったりすることなく、法定期限を超えても、特許を侵害することはありません。

同時に、そのような通知がないことは、ユーザーがデフォルトである報酬の支払いを請求する著者の権利に影響を与えません。

オープンライセンス契約の当事者の義務

ライセンス契約は、作成者(ライセンサー)に主に次のことを義務付けています。

  1. ユーザー(ライセンシー)による彼らの作品の使用を廃止する。

  2. 作業に関する必要な情報をユーザーに提供する。

  3. 有効な特許を維持するための努力をする(例えば、定期的な料金を支払う)。

ライセンサーの義務の範囲は、特定の状況、特にライセンスの性質、締結された契約の目的、採用された報酬方式、および技術的な範囲などの状況に依存することに留意する必要があります。作品を使用するために必要な情報。

上記のライセンサーの義務を契約から完全に排除することはできませんが、これらの義務が契約上制限または変更されることを妨げるものは何もありません。たとえば、ライセンサーの責任を故意の違法行為に対する責任に制限する、ユーザーに一部または全部の負担をかけるなどです。特許を維持するための費用などの。

同様に、ライセンシーの義務には以下が含まれます。

  1. 現金報酬を支払う義務;

  2. 仕事を正しく適用する。

  3. 特許の有効性に異議を唱えない。

  4. 第三者による独占権の侵害について作成者に通知する。

  5. 特許の無効化につながる可能性のある行動を差し控える義務。

オープンライセンスとライセンス料

オープンライセンスは、法律-工業所有権法によって完全かつ非独占的なライセンスとして扱われますが、ライセンス料の上限は厳密に定義されています。仕事の変更や従業員の報酬などの支出を差し引いた後、仕事を使用した暦年にユーザー(ライセンシー)が得た利益の10%を超えてはなりません。

報酬の支払い請求の満期日を決定するのは、契約の当事者に任されていました。ただし、使用許諾契約でこの問題が規定されていない場合、ユーザーは、作品を使用した各暦年の終了後1か月以内に最大ライセンス料を支払う義務があります。つまり、報酬は、作品が使用された年の翌年の1月31日までに支払われる必要があります。同時に、本発明の使用は一年中続く必要はないことを強調すべきである。ユーザーが12月に作品を使い始めた場合でも、翌年の1月末までに料金を支払う必要があります。

当事者の合意は、議論された問題を異なる方法で規制する場合があります。これは、特に料金の支払いの他の日付と期間の決定に適用されます(たとえば、月次、四半期、または年次ベースでの支払い)。

特許庁に公開されたライセンスを付与する準備ができているという単なる宣言は、著者がユーザーからの報酬を請求する根拠を提供するものではありません。著者がそのような権利を有するためには、作品(発明)に興味を持ち、それを使用したい、または使用を開始するエンティティが存在する必要があります。

オープンライセンスと日常管理の範囲を超えた活動

オープンライセンスは、作業自体に広範囲にわたる法的影響を与えるため、オープンライセンスを付与する準備ができているという宣言を提出することは、特許の通常の管理を超えた活動として分類する必要があります。これは、作品が複数の作者によって作成された場合、その作品のすべての共同承認者が宣言を行う必要があることを意味します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

オープンライセンスを使用する自由の制限

作品を使用、変更、またはコピーする人の自由は完全に無制限ではありません。この自由は、次のようなライセンス契約の条項によって制限されます。

  1. 作者の承認条項-この規定では、ユーザーは元の作品の作者を提供する必要があります。作品を使用、変更、またはコピーするたびに、元の作品に適切なマークを付け、ライセンスの運送業者を提供し、それにどのような変更を加えたかを確認する必要があります。法律はこの活動を正式な側面から規制していないため、自由に行うことができます。同時に、そのような規定は、作者(ライセンサー)がユーザーによる作品の使用方法をサポートしていることを示唆するものではないことに注意する必要があります。

  2. コピーレフト条項-ユーザーは、元の作品と同じライセンスの下で自分の作品を利用できるようにする必要があります。元の作品は変更できますが、新しく作成された作品は、元の作品が利用可能になったのと同じ条件で他のユーザーが利用できるようにする必要があります。

  3. 商業目的での作品の使用を禁止する条項。

オープンライセンス-概要

オープンライセンスまたはフリーライセンスは、その名前や一般的な意見に反して、著作権保護を完全に欠いているわけではなく、他人の作品を使用する人々の完全に無料で無制限の操作を許可していません。重要なのは、作品が特許庁に登録されている場合にのみ、オープンライセンスについて話すことができるということです。このような登録は料金に関連しており、他人の作品を自分の作品に使用したいユーザーは、作者にそのことを通知し、できれば彼とライセンス契約を結ぶ必要があります。

無料ライセンスに関連するすべての制限にもかかわらず、このタイプのライセンスのおかげで、作者は自分の作品を他の人が利用できるようにするために所有権の一部を放棄し、それによって作品を開発して心に広めることができることを認めなければなりません受信者のより大きなグループの。