リースバック-VAT決済の変更の可能性

サービス税

リバースリースは、会社の財務流動性を改善するための優れた方法です。 VATに基づいてリースバックを決済するルールは、市場価値の高い固定資産を持ち、完全に処分したくない納税者にとって特に有益です。 2019年3月のCJEUの判決により、リースバック取引のVATの決済方法が間もなく変更される可能性があります。どのような変化が期待できますか?この記事で答えてください。

リースバックとは何ですか?

最も人気のある資金調達形態の1つとしてのリースは、さまざまな形態をとることができます。ファイナンシャルリースとオペレーティングリースの他に、リースバックもあります。構成は次のとおりです。

  • 起業家による自身の資産のリース会社への売却。
  • 納税者が契約で指定された期間、会社での使用を受け入れるのと同じアイテム(以前に販売されたもの)について、このリース会社とリース契約を締結する。
  • 売却の結果、物件の所有者は変更されますが、オブジェクトは賃貸契約の条件の下で起業家によって引き続き使用されます。

リバースリースは、オペレーティングリースまたはファイナンシャルリースに基づく場合があります。オペレーティングリースの場合、リースされたアイテムは賃貸人の所有物にあり、起業家は、税控除の対象となる費用として、VAT控除を受ける権利があるリースの分割払いのみを含みます。リースバックがファイナンスリースの原則に基づいている場合、リースされたオブジェクトは固定資産台帳で認識され、起業家の税控除可能な費用は減価償却費です。起業家は、賃貸契約を締結した月にVATを全額控除する権利を有します。

リースバックのメリットは何ですか?

通常、リースバック取引は、会社の財務流動性を改善するために締結されます。このような取引のおかげで、固定資産で凍結された資金が解放され、投資や債務の防止に使用できる資本が会社に与えられます。リースバック契約により、リース資産がリース会社に売却されることは事実ですが、このアイテムは元の所有者によって引き続き使用されます。実際には、これは、売却にもかかわらず、納税者は同じオブジェクトを使用し続けますが、契約の締結により所有者ではなくなることを意味します。リース会社は、毎月のリース分割払いに含まれる追加の手数料を請求する可能性があることを考慮に入れる必要があります。これにより、リースバックが不採算に見える可能性があります。それにもかかわらず、課税に関しては、大きなメリットがあります。 リースバックは、次の場合に使用できます。
-車;
-マシン;
- 不動産。

VATリバースリース

原則として、リースバックはさまざまな種類の資産に関係する可能性がありますが、VATの観点からこの種類の取引を説明するときに最も厄介なのは、乗用車のリースバックが原因である可能性があります。

乗用車購入時のVAT控除

会社の乗用車を購入することを決定するとき、納税者は購入を文書化したVAT請求書からVATの50%を差し引く権利があります。控除されないVATの残りの部分は、起業家の税控除可能な費用になります。車がビジネス目的でのみ使用され、次のような追加の手続きを完了した後にのみ、VATの全額が差し引かれます。

  • カウンターの記録と一緒にマイレージ管理;
  • 費用が発生した日から7日以内にVAT-26フォームに車両を登録する。
  • 社内での車両使用に関する規則の作成。

さらに、アートの下で。 86a段落付加価値税法第5条では、再販、販売、または対価としてのこれらの車両の使用が納税者の活動の対象である場合に限り、再販のために購入された自動車に関連して完全なVAT控除が課せられます。

実際には、起業家が乗用車をリース会社に転売してリースバック契約を結ぶという直接の意図で購入することがあります。その場合、再販用の乗用車の購入は、追加の手続きなしで、そのような車両の購入に対して100%のVATを差し引く権利があるように思われる可能性があります。それにもかかわらず、自動車の販売であるビジネスの主題に関して追加の条件が満たされなければなりません。車の販売に関連する活動を行わず、リース会社に転売する乗用車を購入した納税者は、車の購入にかかった費用から50%の付加価値税を差し引く権利があります。上記の条件を満たす。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

車の販売とリースバック契約とVATの締結

VATに基づくリースバック契約を締結する場合、2つの課税対象活動があります。商品の供給とサービスの販売です。固定資産、つまり課税活動に使用される商品の供給を販売する場合、車両購入時に完全なVAT控除を受ける権利がないにもかかわらず、起業家は特定の商品のVAT税率で販売に課税する義務があります。車の場合、23%の付加価値税率です。

乗用車を販売する場合、その用途は多目的(私用とビジネス用)からビジネス目的のみに変更されます。アートの下で。 VAT法の90bでは、起業家は残りの修正期間に比例して仮払消費税を修正する権利があります。修正期間は、車両の価値に基づいています。初期値のある車の場合:

  • PLN 15,000未満では、修正期間は12か月です。
  • PLN 15,000を超える場合、修正期間は60か月です。

実際には、これは、販売時に、納税者が残りの修正期間に比例して控除されていないVATの全部または一部を回収するオプションを持っていることを意味します。 車両の用途変更による仮払消費税の調整方法の詳細については、記事「車両の用途変更とVAT修正」に記載されています。 2番目の課税対象活動は、自動車販売業者のリース会社によるリースサービスの販売です。毎月のリース分割払いの場合、VATが請求された請求書が発行されます。

リースバック取引を文書化するこの方法により、納税者とリース会社は互いの請求書からVATを差し引く権利を持ちます。最近まで、この慣行は税務当局によって広く使用され、受け入れられていました。

リースバックの決済における変更の可能性

リースバックの決済方法の飛躍的進歩は、2019年3月27日の欧州連合司法裁判所の判決によるものでした。この判決は、このタイプの取引にこれまで適用されてきたVAT決済慣行に疑問を投げかけています。 。 CJEUの見解では、リースバックは会社の金融流動性を高めることのみを目的とした取引であり、1つの金融サービスとして扱われるべきです。 CJEUの見解では、起業家からリース資産を購入する借手は所有者としてそれを処分する完全な権利がないため、商品はVATの下で供給されません。

重要なことに、金融サービスはVAT免税の対象となります。したがって、そのような取引を文書化した請求書には、VATを控除する権利はありません。

現在、財務省はリースバックに関する規則の統一に取り組んでおり、納税者はそのような取引の課税方法に疑いの余地はありません。すぐに、上記の疑問を明らかにする一般的な解釈が期待できます。