不動産賃貸-起業家にとってのメリットは何ですか?

サービス事業

開発の最初の段階で企業の所有者がよく使用するソリューションは、自分のアパートや家でビジネスを運営することです。時間が経つにつれて、あなたのビジネスが成長するにつれて、あなたは良い場所にもっと大きくて適切に設備の整った施設を提供する必要があるかもしれません。起業家には、賃貸、クレジットでの購入、不動産の賃貸など、多くの選択肢があります。最後のオプションを使用する価値があるのはなぜですか?

不動産賃貸-それは何ですか?

リースの仕組み-誰もが知っています。契約に基づいて、貸手は借手が支払いに対して特定のアイテムを使用することを許可します。要するに、起業家は契約で指定された料金(例えば、初期支払いとその後のリース分割払い)を支払います。そのおかげで、彼は融資当事者によって提供されたオブジェクトを使用することができます。

では、賃貸契約と賃貸契約の違いは何ですか?それらの違いは、これらの解決策の最初の場合に生じる、合意の対象であるものに所有権を譲渡する可能性に関係しています。

注意!

所有権が譲渡される時期は、リースの種類によって異なります。それには、オペレーショナルリースとファイナンシャルリースの2種類があります。前者の場合、賃貸物件は契約期間中、賃貸人の所有物に残り、減価償却を義務付けられています。ただし、ユーザーは特定のアイテムを購入して固定資産台帳に表示することができますが、契約期間の終了後です。

一方、ファイナンシャルリースは、契約締結時に借手の固定資産台帳にリースの対象を表示する必要があります。さらに、特定のアイテムの購入は、最後のリース分割払いの支払いで行われます。

リース会社は年々、リース可能な商品のカタログを拡大しています。不動産は、ポーランドの起業家によってますます頻繁に選ばれるものの1つです。所有者は、そのようなソリューションの便利さを高く評価しています。このようにして、商業、サービス、生産、住宅など、さまざまな目的で建物に融資することができます。さらに、賃貸会社の提供には、個々の施設だけでなく、建物全体、生産ホール、倉庫、さらにはホテルも含まれます。

不動産賃貸-利点

不動産賃貸を利用するメリットは何ですか?

  • 企業の財政状態は、事業主がローンを申し込むときほど良くありません(信用度はチェックされていませんが、十分なセキュリティが重要です)。
  • リースによって資金調達された購入の税制上有利な決済、したがって-課税ベースの削減。オペレーティングリースでは、すべての費用(初期支払い、リース分割払い、ランニングコスト)をコストとして含めることができ、ファイナンシャルリースでは、減価償却費と分割払いの利息部分を差し引くことができます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

不動産賃貸-誰が利益を得ることができますか?

不動産の賃貸は、事実上すべての企業が使用できるオプションですが、一部の起業家はより多くの利益を上げ、他の起業家はより少なく支払うことを覚えておく必要があります。

不動産賃貸は主に企業を対象としています。

  • (セキュリティが不動産であるため)十分な信用履歴を持っていない人、
  • 減税を気にする人、
  • 比較的安定した状況にある大中規模の企業に属し、
  • 長期の分割払いの準備ができています。

上記に関連して、不動産賃貸を検討するすべての起業家は、自分の会社の可能性を注意深く分析し、そのような契約に署名できる条件を確認し、たとえば、自分の手の届く範囲にあるローンと比較する必要があります。