主観的および客観的なレジからの免除を組み合わせる

Webサイト

自然人に販売する起業家は、この事実をレジに記録する必要があります。ただし、特定の状況では、主観的または客観的な性質のレジからの免除を利用することが可能です。この記事では、これら2つのタイプの免税を組み合わせることが可能かどうかを検討します。

レジで売上を記録する義務

最初に、アートに従って注意しましょう。 111秒付加価値税法第1条では、事業活動を行わない自然人に販売する納税者と定額農民は、レジを使用して販売の記録を保持する義務があります。同時に、VAT法は、財務大臣が特定の納税者グループがこの義務から解放される可能性のある法的行為を発行するための代表団を規定しています。この法律は、レジを使用して記録を保持する義務の免除に関する2018年12月28日の財務大臣の規則です。冒頭ですでに述べたように、この規制では、客観的および主観的な2種類の免税が定義されています。

レジからの客観的免除

それらの最初のものは活動の主題に関係し、規則の§2に記載されています。ここでは、規則の付録に記載されている活動は、特定の課税年度に記録する義務から解放されますが、それより長くはありません。 2021年12月31日まで。規則の付属書に記載されている特定の活動に関しては、その付属書に記載されている条件に従って、レジの免除が適用されます。それは2つの部分で構成されています。パートIは、33項目にリストされている商品またはサービスを対象とする商品の供給またはサービスの提供を扱います。一方、パートIIは、特定の活動に関連する販売を対象としています。

上記の免税は、売上高によって制限されないことに注意してください。したがって、納税者が附属書に指定された活動を行う場合、売上高に関係なく、説明されているレジからの免除の恩恵を受けます。

レジで売上を記録する義務からの最初のタイプの免除は客観的免除であり、これは附属書で厳密に指定された商品およびサービスに適用され、売上高の量によって制限されません。

レジからの対象の免除

規則に記載されているレジからの2番目のタイプの免税は、個人として定義されています。それは§3秒で規制されました。 1ポイント1、経済活動を行っていない自然人と定額農民の利益のための売上高が、特定の課税年度に記録する義務から前年を超えなかったが、それまででなかったことが示された2021年12月31日税額20,000PLN、および前の税年度に事業活動を行っていない自然人および一時金農家に商品またはサービスの供給を開始した納税者の場合、このアカウントの売上高が前の税年度のこれらの活動の実行期間に比例して、20,000PLNの金額を超えないこと。

したがって、この場合、納税者がどのような活動を行うかは重要ではありませんが、売上高の決定が重要になります。この値が20,000PLNを超えない場合、起業家はレジで売上高を記録する義務の免除の恩恵を受けます。

レジからの2番目のタイプの免税は主観的な免税であり、これは売上高に基づいて決定されます。レジを使用して記録を保持する義務の免除に関する条例は、20,000ズウォティの制限を導入しています。

レジからの両方の免除を組み合わせることは可能ですか?

納税者が利用できる免税の2つの基本的なカテゴリーはすでに知っています。ここで、起業家が売上高と実行された活動の種類の両方のためにレジから免除される可能性があるかどうかを考えてみましょう。起業家が規則の付属書に記載されている活動を部分的に実行し(したがって、この点で彼は客観的な免税の恩恵を受けることができます)、残りの部分は他のサービスを実行しますが、その価値はPLNを超えないと仮定します売上高20,000。このような場合、エンティティとオブジェクトを組み合わせた免除を適用することは可能ですか?

この質問に答えるために、§3秒に含まれる規則に注意を払う価値があります。規則の1ポイント3。この規定は、規則の付属書のパートIに記載されている登録義務を免除された商品を配達またはサービスを提供する納税者は、現金登録簿に登録する義務を免除されると述べています。規則の付属書のパートIに記載されている、事業活動を行っていない自然人および定額農民の利益のために納税者の総売上高に登録する義務(「売上高の割合」と呼ばれる)前の税年度は80%より高かった。

オブジェクトから免除され、規則の付属書のパートIにリストされている活動の売上高のシェアが80%を超える場合、エンティティオブジェクトの免除を利用することができます。

例1。

納税者は、本の定置販売からなる教育サービスと商業サービスを提供します。教育サービスの価値は15,000ズウォティで、本の販売による売上高は2,000ズウォティです。教育サービスはposに記載されています。附属書のパートIの30であり、客観的免除の恩恵を受ける。総売上高に対する教育サービスの価値は88%(15,000 / 17,000×100%)です。これは、納税者が自然人へのすべての販売に関連してレジを所有する義務から解放されることを意味します。附属書のパートIに記載されている活動の割合は80%を超えています。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

レジからの主観的免除と客観的免除を組み合わせることが不可能なのはいつですか?

ただし、離職率に関する規定には、規則の付属書のパートIに記載されている活動が記載されていることに注意してください。一方、附属書には、パートIIに記載されている活動の大規模なグループも含まれています。

このように構築された規定に照らして、起業家が附属書のパートIIに記載されている活動にレジからの免税を使用する場合、売上高の比例配分による免税は適用されないことを示す必要があります。

同様に、主観的免除に関しては、客観的免除の対象とならない他の活動にのみ売上高制限(PLN 20,000)を適用することは認められません。 2016年3月14日の解釈でポズナンの税務署長が示したように、提供されたサービスの特定の部分のみから達成された売上高は、他の部分とは別に、この点での義務は、納税者によって達成された全体の(合計)売上高の基礎。結果として、すべての売上は売上高制限に含まれます。

例2。

納税者は配送システムで商品を販売し、この点で項目に記載されている客観的な免除を使用します附属書のパートIIの36。また、文房具も販売しております。通信販売からの売上高は30,000ズウォティ、固定販売からの売上高は10,000ズウォティです。この場合、総売上高は40,000ズウォティであるため、納税者は主観的な免除を利用できません。したがって、免除の組み合わせは不可能です。

レジからの主観的な免除の制限は、消費者の利益のために納税者によって行われた売上高全体に適用されるべきです。売却の総額が20,000PLNを超える場合、主観的および客観的な免税の組み合わせは除外されます。

納税者にとって、レジによる記録保持義務の免除の問題は非常に重要です。法律で規定されている免除を適切に適用することで、レジの必要性を回避することができます。規則では2種類の免税が規定されていますが、それらの組み合わせが常に許可されるとは限らないことに注意してください。