会計帳簿-誰がそれらを設定する必要がありますか?

Webサイト

一般に完全な元帳として知られている会計帳簿は、営利企業だけでなく、特定の自然人、市民パートナーシップ、登録企業、またはその他のエンティティも保持する必要があります。さらに、そうする必要のない事業体は、自発的に完全な帳簿に自分の口座を保持することができます。この記事では、完全な本を保持するために必要なエンティティと、したがって保持する必要があるレコードについて正確に説明します。

会計帳簿-誰が保管しなければなりませんか?

会計帳簿を保持する必要のある事業体に関する情報は、Artの会計法に記載されています。 2節1-それは関係します:

  1. ポイント2の対象となる商業会社(パートナーシップおよび資本会社、組織内のものを含む)および市民パートナーシップ、ならびに国庫およびポーランド国立銀行を除くその他の法人。

  2. 自然人、自然人のパートナーシップ、自然人の合名会社およびパートナーシップ(前会計年度の商品、製品、および金融業務の販売からの純収入が少なくともポーランドの通貨換算で2,000,000ユーロに達した場合)。

  1. 銀行法に基づいて運営されている組織単位、証券取引に関する規定、投資ファンドに関する規定、保険および再保険活動に関する規定、協同組合貯蓄および信用組合に関する規定、または年金基金の組織および運営に関する規定。収入額、

  2. コミューン、poviats、voivodshipsおよびそれらの関連、ならびに:

    1. 州、コミューン、郡および県の予算単位、
    2. 地方自治体、郡および県の予算施設、

  3. ポイント1および2で言及されている会社を除いて、法人格のない組織単位。

  4. ポーランド共和国の領土での経済的売上高への外国人起業家および他の外国人の参加の原則に関する2018年3月6日の法律の規定の意味の範囲内の外国人起業家の支店および駐在員事務所。

  5. ポイント1〜6に記載されていないユニット、州予算、地方自治体ユニットの予算、または割り当てられたタスクの実行のための特別目的基金から補助金または補助金を受け取った場合-補助金があった会計年度の初めからまたは補助金が彼らに与えられました。

上記のすべての事業体は完全な帳簿を保持する必要がありますが、そのような義務を持たない他の事業体は自発的にそれらを保持することができます。

特定の課税年度に超過する必要がある2,000,000ユーロの売上高の制限については、翌年に簿記を開始する必要があります。これは、ポーランド国立銀行の初営業日の平均為替レートで計算されます。 10月の。 2020年の制限は次のとおりです。

2,000,000ユーロx4.3734 PLN /ユーロ= 8,746,800 PLN

会計帳簿-ジャーナル

会計帳簿の仕訳帳には、特定のレポート期間に発生したイベントの時系列のリストが含まれている必要があります。そこに含まれるエントリには、関連する会計文書とリンクできるように、順番に番号を付けてマークを付ける必要があります。仕訳帳のエントリの合計が合成勘定のエントリの合計と一致している場合は、経済イベントが会計帳簿に正しく入力されていることを意味します。企業が複数のジャーナルを保持している場合は、各レポート期間の終わりに売上高のステートメントを作成する必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

会計帳簿-総合的および分析的会計

総勘定元帳としても知られている合成勘定と補助元帳勘定としても知られている分析勘定は、ダブルエントリー原則を使用して経済イベントを記録するために使用されます。この原則は、特定の総勘定元帳勘定に経済イベントが転記され、同じ側の関連する補助勘定に同じ金額と日付で入力が行われるという事実に基づいています。

会計法はまた、補助(分析)勘定の現金の代わりに、またはそれに加えて、報告期間中に自然単位を使用することを許可しています。そのようなエントリの条件は、レポート期間の終わりにそれらの金銭的価値を決定する自然単位でのエントリのステートメントの準備です。

会計帳簿-合成勘定と分析勘定の売上高と残高の要約

複式簿記の原則が尊重されているかどうかを確認するために、売上高と合成勘定および分析勘定の残高のステートメントが作成されます。合成勘定科目の売上高の合計が分析勘定科目の売上高の合計と一致しない場合は、残高と売上高の完全なステートメントから取得したデータを使用してエラーを見つけるのが簡単です。

会計帳簿-在庫

資産と負債のリスト、つまり在庫は、特定の年に簡易会計から完全な帳簿に切り替えた納税者によって作成されます。残りの納税者にとって、前述の完全会計の他の要素は在庫として機能します。会計法は在庫を規定しています。

アート19秒会計法1-2
1.棚卸資産により確認された資産および負債(棚卸資産)の一覧は、これまで法に定められた方法で会計帳簿を保管していない事業​​体によって作成されています。他のユニットでは、在庫の役割は、総勘定元帳の売上高と残高の計算書、および会計帳簿の決算日に作成された補助元帳の残高の計算書によって果たされます。
2.以前に会計帳簿を保持したことがない事業体によって作成された在庫項目は、期首残高の個々の項目の同等物または展開である必要があります。資産および負債は、第4章に記載されている原則に従って在庫で評価されます。