クレジットとリース

サービス事業

起業家は積極的にカーリースを利用しており、この種のサービスの人気は年々高まっています。このテキストでは、会社の賃貸について最も重要なことと、それを利用する価値があるかどうかを学びます。

クレジットとリース

ローンとリースのオファーをざっと見てみると、それらは同じであるという結論に達する可能性があります。どちらの場合も、状況は非常に似ています。貸し手または銀行が車を購入し、あなたに引き渡して、あなたが車の返済を処理します。それで、クレジットとリースは同じですか?これが間違っている理由を見つけるために読んでください。

違いはどこですか?

銀行ローンでは、あなたの目標は車両の価値を完全に完済し、その所有者になることですが、リースは所有権を譲渡することではありません。それは二次的なものです。リース契約の終了後、あなたは車の所有者にはなりません。これは、リースが世界で最も一般的なレンタルサービスであり、通常2年から4年続くことを意味します。

リース契約終了後、車はどうなりますか?

ほとんどの場合、顧客は2つの選択肢に直面します。 1つ目は、車両の返却と賃貸人との契約の完全終了です。ただし、2番目のオプションははるかに頻繁に選択され、車を返却して完全に新しい車の別の契約に署名することで構成されます。これのおかげで、あなたは数年ごとに真新しいものに車を変えるユニークな機会があります。

リースは費用に含めることができますか?

これは、ポーランドの起業家にとってリースの最大の利点です。各分割払いは、税控除の対象となる場合があります。さらに、自動車を固定資産台帳に入力して、時間の経過とともに償却することができます。これらの税制上の優遇措置により、起業家は会社の経費の一種の最適化としてリースを選択することを決定することがよくあります。

なぜリースは有益なのですか?

リースは、主に会社のフリートを良好な状態に保ちたい起業家にとって有益です。 2〜3年ごとに車両を交換すると、重大な故障や費用のかかる修理のリスクが大幅に軽減されます。車は新品で、保証とサービスの対象です。また、前述の問題、つまり車を税金から差し引く可能性も忘れてはなりません。あなたが車の所有者になることは決してないので、リースはローンよりもはるかに安いです。もちろん、バイアウトのオプションはありますが、それは賃貸人の本来の目的ではありません。

リースは複雑ですか?

経済的な利点に加えて、リースには、従来のローンに比べて別の重要な利点もあります。シンプルな形がすべてです。営業期間が12か月未満の起業家にリースを提供している企業を市場で見つけることは難しくありません。これは、銀行によって設定された障壁を取り除くため、非常に重要です。営業期間が1年未満の企業が融資を受けることはめったにありません。起業家が貸し手との話し合いを始めて数日後、新車を持ってショールームを離れる場合があります。あなたはあなたの新しい車に保険をかけなければならないことを忘れないでください。したがって、https://najtaniejuagenta.pl/tanie-oc/で最も安い自動車賠償責任保険を確認してください

リースと信用力

一部の人々にとって、この問題は非常に重要であり、言及する価値があります。リースはあなたの信用力に何ら影響を与えません。これは、リースを会社のフリートファイナンスのソースとして使用すると同時に、たとえば銀行ローンで不動産を購入できることを意味します。したがって、多くのレベルで動的な開発を計画している場合は、計画を妨げることのないリースを検討する必要があります。

概要

レーザーはあなたの艦隊を拡大し、あなたの会社のために発展するための良い方法です。控除の可能性、合理的な分割払い、ショールームから直接新車を運転することは、リース契約に署名することを決定する際にしばしば支配的な側面です。

出典:Najtaniejuagenta.pl