VATに基づく法定代理人の費用

サービス税

弁護士が提供するサービスには、23%の付加価値税が課せられます。ただし、敗訴した当事者に法定代理人の費用が支払われると、疑念が生じることがよくあります。そのような費用はVAT法の下でどのように扱われるべきですか?

プロセス交換のコスト

法定代理人の費用は、法務大臣の2つの条例で指定されています。

  • 弁護士の活動の料金に関する規制、

  • 法律顧問の活動に対する料金に関する規制。

どちらの規制も、法的代理人の最低費用、つまり、敗訴した当事者が裁判で相手に返還する義務がある最低料金を設定しています。特定の事件がより複雑であるが、最大6倍以下である場合、裁判所は料金を引き上げることができます。

職権および選択的代理費用の課税

公務に関連して法定代理人の費用に課税するための詳細な規則は、国庫の法務大臣の条例に定められており、それぞれ、法律顧問、支持者、および税務顧問によって非公式に提供された未払いの法的援助の費用を負担します。 。

職権上の場合、裁判所はVATの対象となる法定代理人の費用を裁定し、弁護士はサービスを注文する裁判所にこの税金を含む請求書を発行します。

選択した場合にVATを使用して法定代理人の費用に課税することはより複雑であり、とりわけ、弁護士と最終的に授与された金額を受け取る人との間で締結された契約から。

選択した場合の法定代理人の費用-VAT課税

選択した場合の法定代理人費用の課税に関する情報は、法務大臣の他の条例に記載されており、法律顧問、弁護士の活動に対する料金、および税務顧問の活動に対する報酬が規定されています。

裁判所が不成功に終わった当事者に裁判の費用の払い戻しを命じ、その資金が弁護士の口座に送金される場合、原則として、示された金額はVATの対象となります。法定代理人は、クライアントに提供されるサービスです-その後、弁護士は彼に請求書を発行します。

法定代理人費用-純額または総額?

採用された慣行は、契約に法定代理人費用の報酬額に直接関連する他の規制が含まれていない場合、このアカウントの報酬は総額、つまりVATを含むものとして扱われるべきであることを示しています。この立場は、2016年3月10日にウッチの税務署長が発行した個別の判決IPTPP1 / 4512-597 / 15-4 / MWで確認されました。

例1。

Jan氏は弁護士であり、VATの納税者でもあります。法務サービスの提供についてクライアントと締結した契約では、一時金に付加価値税を加えた金額で一括報酬が設定されていますが、法定代理人費用の報酬額に直接関係するその他の規制はありません。交換費用の払い戻しは、請求書がお客様に発行された後に行われます。したがって、弁護士は、法廷で裁定された金額で法定代理人の費用の払い戻しを請求し、裁定された金額を総額として扱います。

ただし、法定代理人費用の総額を総額として扱うことは、規則に明示的に示されていないことに留意する必要があります。つまり、税務当局はこの問題について異なる見解を示しています。したがって、個別の解釈を申請することを検討する価値があります。そのおかげで、可能な管理が行われた場合、法定代理人費用の授与額を総額として扱うことは当局によって疑われることはありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

裁判所によって裁定された法的代理人の費用およびVATを請求する義務はありません

法定代理人の費用の払い戻しがいずれかの当事者に直接送金される場合、そのような活動はVATの対象にはなりません。これは、資金を受け取る当事者が相手方と金銭的契約を締結しておらず、当事者間の契約に法的な関係がないためです。

2018年5月22日、0112-KDIL1-2.4012.174.2018.1.PGの国家税務情報局長の個別の解釈では、法定代理人の費用の払い戻しの課税の分野における商品およびサービスに対する税について、債権回収の分野で事業活動を行っている会社は、債権者から債務者の元の請求を回収するために購入します。元の債権者と締結した契約に従い、現金債権は譲渡されます。取得した債権を友好的に回収することができない場合、会社は債務者に対して訴訟手続きを開始し、それを代表する専門弁護士の報酬の形で法的代理人の費用を負担します。弁護士は、VAT請求書を発行することにより、適切な報酬を受け取る訴訟手続きにおいて会社を代表します。提起された訴訟の結果として出された判決において、裁判所は、訴訟を失った被告を起訴し、法定代理人の費用とその金額の返済を決定します。申請者は、会社が債務者から受け取り、裁判所が裁定した訴訟費用の払い戻しは、商品およびサービスに対する課税の対象となるかどうかを尋ねました。

国税情報局長は次のように述べています。

[…]この活動は、義務契約に基づいて行われ、取引の当事者の1人がこの活動の直接の受益者と見なされる場合にのみ課税されます。ただし、受け取った支払いと支払い当事者への利益との関係は、このサービスの見返りとして支払いが行われたと言えるように、直接的かつ明確である必要があります。”.

[…]裁判所の判決によって裁定された訴訟費用の返済額は、対価の取得とはまったく関係ありません。したがって、この特定のケースでは、会社は債務者から法定代理人の費用の払い戻し額を受け取り、アートの意味の範囲内で債務者にサービスを提供しないと想定する必要があります。 8秒法の1、したがってこの活動は課税の対象ではありません”.

要約すると、契約に含まれる条項は、法定代理人の費用に付加価値税を課す可能性について決定していると言えます。