プラスの仮払消費税の修正-サービスの輸入

サービス税

事業を営む際には、取引の修正を考慮に入れる必要があります。調整は、売上高の値の減少と増加の両方に関連しています。外国企業との取引に関しては、訂正の会計処理は特に困難です。このような状況では、ほとんどの場合、仮払消費税と仮払消費税の両方を決済するのはポーランドの納税者です。サービスの輸入におけるプラスの仮払消費税の修正とは何ですか?

仮払消費税により仮払消費税を減額する権利

商品に対する税金の特徴の1つは、その控除可能性です。これは、請負業者から受け取った請求書に含まれる仮払消費税を控除できることです。控除に関する詳細な規制はアートに含まれています。 86秒付加価値税法(以下、VAT法)の1。この規定によれば、商品およびサービスが課税対象の活動を実行するために使用される範囲で、納税者は芸術で言及されます。 15は、第22条に従い、仮払消費税額だけ未払税額を減額する権利を有します。 114、アート。 119段落。 4、アート。 120段落17と19と記事。 124。

記事に基づく。 86秒2ポイント1点灯。付加価値税法では、仮払消費税の額は、商品やサービスの購入のために納税者が受け取った請求書から生じる税額の合計です。

冗談で。 86秒付加価値税法第1条では、特定の条件が満たされた場合、つまり、付加価値税の納税者、および商品とサービスによって控除が行われる場合に、仮払消費税の額だけ納税額を減額する権利が付与されます。税金が課された購入時に、課税対象の活動、つまり納税義務の決定(納税義務の作成)をもたらす活動を実行するために使用されます。したがって、提示された規則は、課税対象の活動に使用されない、つまり、それらが使用される場合に、免税活動に使用され、対象とならない商品およびサービスに関連する仮払消費税の額によって、納税額を減らす可能性を除外します。この税金に。

例1。

アクティブなVAT納税者がサービスを購入しました。サービスの完了時に、彼はサービスの購入を文書化した請求書を受け取りました。納税者は、請求書の仮払消費税を差し引くことができます。彼は後日それができるかどうか疑問に思います。

はい、納税者は、次の2つの決済期間の請求書から生じる仮払消費税によって仮払消費税を減額することができます(VAT法の第86条(11)を参照)。

輸入サービスの仮払消費税の修正

場合によっては、上記の権利が制限されます。アートに定められた原則に従って。 86秒付加価値税法第10条では、納税者は、納税者。入力VATを控除する権利は、納税者がサービスの輸入にかかる税額を税申告書に含めることを条件として発生します。この税申告では、納税者は、税務申告の終了から3か月以内にこの税を決済する義務があります。このタイトルから納税義務が発生した月(VAT法第86条(10b)(3)を参照)。

上記の期限が守られていない場合、納税者は、確定申告の期限が切れていない課税期間の和解において、仮払消費税の額を増額することができます。

例2。

同社はドイツの請負業者にサービスを注文した。サービスは2月に行われました。サービスの実施により、納税者は請求書を受け取りませんでした。同社は5月末まで請求書を受け取らなかったため、5月の申告で仮払消費税(以前に決済済み)を引き下げました。請求書は6月まで届きませんでした。受け取った請求書は、2月に発行されたことを示しています。そのような状況で、会社は宣言を修正しました。会社は7月に減税する権利があります。

課税ベース

アートに準拠。 29a段落。付加価値税法の1、課税基準、段落の対象2-5、アート。 30a-30c、アート。 32、アート。 119とアート。 120段落4および5は、商品の供給者またはサービスプロバイダーが購入者、受領者、または第三者から販売のために受け取った、または受け取る予定のすべての支払いであり、受け取った補助金、補助金、および同様の性質の他の支払いを含みます。納税者が提供する商品やサービスの価格に直接影響を与える。

アートに準拠。 29a段落。付加価値税法の10、課税基準、段落の対象13、によって下げられます:

  1. 販売後に付与された割引および値下げの金額。
  2. 段落の対象となる返品および梱包の価値11および12;
  3. 販売前に受け取った購入者に返還された支払いの全部または一部(行われなかった場合)。
  4. パラグラフで言及されている、補助金、補助金および同様の性質の他の支払いの返還額の価値1.1。

アートの下で。 29a段落。秒で言及された場合のVAT法の13。 10ポイント1〜3、納税者が所定の会計期間の税申告書の提出期限前に取得した場合に限り、指定された税の請求書に指定されたベースに関連する課税ベースの削減が行われます。商品の購入者またはサービスの受信者が修正請求書を受け取りました-商品の購入者または請求書が発行された受信者による修正請求書の受信の確認。

特定の会計期間の税申告書の提出期限後に、商品の購入者またはサービス受領者による修正請求書の受領確認を取得すると、納税者は、この確認が行われた会計期間の修正請求書を考慮する権利があります。得られた。

段落の提供13は、請求書の税額に誤りがあり、期日より高い税額が示された請求書に訂正請求書を発行した場合に準用するものとする(法第29a条(14))。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

訂正請求書の決済の瞬間

修正を確定する場合、修正の理由がいつわかっているかを知ることは非常に重要です。理由に応じて調整を決済する方法は、2017年6月26日の国税情報局長0115-KDIT1-2.4012.93.2017.1.RSの個別の解釈に示されています。解釈は、サービスの輸入に関連する調整の理由がどこにあるかを明確にしています。プラスで「元の請求書の発行時にすでにわかっていたので、金額は納税義務が発生した期間に決済する必要があります。したがって、この状況では、以前の税申告に戻らなければなりません。

元の請求書の発行時に修正の理由が存在しなかった場合は、別の状況に対処します。その後、修正は受領時に解決する必要があります。この場合、外貨で発行された修正請求書に示されている金額のズウォティへの変換は、前営業日にポーランド国立銀行が発表した外貨の平均為替レートに従って行う必要があることに注意する必要があります。修正請求書の発行日、または修正請求書の発行日の前日に欧州中央銀行が発行した最後の為替レートによる。

例3。

納税者は5月にフランスの納税者からサービスを購入しました。サービスの輸入は、5月の和解、つまり納税義務が発生した時点で、出力税と入力税の側の税申告に含まれていました。 3か月以上経過した後、元の請求書に誤りがあったため、彼は肯定的なクレジットノートを受け取りました。アウトプット税とインプット税はどのように調整する必要がありますか?このような状況では、5月の申告(期日および請求済み)のみを修正しますか、それとも現在の申告に入力税が表示され、5月の申告に1か月の納税が表示されますか?

上記を考慮して、サービスの輸入に関する調整、課税ベースの増加は、元の請求書の誤った発行に関連しており(新しい状況の結果ではない)、宣言で説明する必要があります。元の請求書は決済されました。したがって、このような状況では、アートを適用する必要はありません。 86秒VAT法の10i。納税者は5月の申告で訂正を解決する必要があります。

要約すると、サービスの輸入に関する付加価値税の修正請求書を受け取る場合、納税者は、修正を行うときに、発行されたイベント(状況)に基づいて正確に決定する必要があります。これは、 VATでの決済。