EUのVAT修正-どのような場合に提出する必要がありますか?

サービス税

コミュニティ内取引、つまり商品の輸出入およびサービスの輸出を行う納税者は、VAT-EUの要約情報を提出する必要があります。情報は、毎月、電子版で提出される場合があります。そこに含まれる情報は、実際の取引を反映している必要があります。状況によっては、提出されたVAT-EU情報を修正する必要があります。起業家の側では、そのような状況でEUVAT修正を提出する理由についての説明も提供する必要があるかどうかという疑問が生じます。 EU VAT修正はどのように提出する必要がありますか?あなたは私たちの記事で答えを見つけるでしょう!

VAT-EUおよびEUのVAT修正の概要情報

コミュニティ内取引を実行する起業家、つまりEUに属する事業体との取引は、そのような取引を適切に文書化し、税務上の理由で示すことを忘れないでください。実行する納税者の基本的な義務の1つ:

  • コミュニティ内の商品供給(WDT)、
  • コミュニティ内サービス提供(WŚU)、
  • コミュニティ内の商品の取得(WNT)

VAT-EU登録です。 VAT-EUの登録は、パートCのVAT-Rフォームを使用して行われます。

アート100秒VAT法の3:
要約情報は、段落で言及された取引に関して納税義務が発生した月の翌月の25日までに、電子通信によって毎月の期間提出されるものとします。 1.1。
VAT法第101条
提出された要約情報に誤りが見つかった場合、要約情報を提出した事業体は、電子通信によってこの情報の修正を直ちに提出する義務があります。

記事「EUVAT情報の登録と提出」でVAT-EUに登録する義務について詳しく説明します。

EUのVAT修正-いつ必要ですか?

したがって、提出された要約情報に誤りが見つかった場合は、EUVATの修正が必要です。 EU VATの修正は、誤った要約情報を提出した事業体によって行われます。

電子通信手段を介して提出されます。個人の場合は、歳入額(2019年にVAT-UEK申告書を送付する場合は、2017年に提出された確定申告の歳入額を使用)または修飾された署名。一方、自然人ではない事業体は、資格のある署名によってのみ提出することができます。 EU VATの修正は、VAT-UEK情報に基づいて行われます。 EU VAT修正フォームには、変更が行われたデータのみを記入する必要があります。つまり、情報の「だった」項目には、誤って入力されたデータが含まれ、「ある」項目には、事実に基づいて配置する必要のあるデータが示されます。 2015年末までに要約情報の訂正を提出する場合、訂正を提出する理由の説明を提供する必要がありました。ただし、2016年の初めから、EUのVAT修正が行われる理由は廃止されました。

例1。

NS。2019年8月のEUVAT要約情報の納税者は、次のデータを使用して、コミュニティ内での商品の取得を示しました。

  • 国コード:DE
  • 請負業者のVAT識別番号:DE 1111111111
  • PLNでの取引金額-PLN5,000

請負業者のEUVAT番号に誤りがありました。正しい番号はDE1111234215です。したがって、EU VAT修正には、表に示す次のデータが含まれている必要があります。

  国コード 相手方のVAT識別番号 PLNでの取引金額
"だった" DE DE 1111111111 5 000
"は" DE DE 1111234215 5 000

要約情報が提出され、税内査定などの取引が転記された場合、「だった」項目のEU VAT修正にはデータが含まれず、「ある」項目の詳細は転記された取引を示す必要があります。

wfirma.plプログラムでのEUのVAT修正

「オンライン会計」および「オンライン会計+倉庫」パッケージのwfirma.plシステムでは、EUVATを修正することができます。それを生成するには、タブに移動します:スタート»税金»付加価値税»宣言の追加»EUK付加価値税情報。表示されるウィンドウで、EU VAT修正の期間を選択し、[次へ]オプションを選択します。

次に、生成されたウィンドウで、元のVAT-EU宣言(「was」)に示されているコミュニティ内トランザクションのデータと現在のデータ(「is」)を手動で入力する必要があります。エントリが以前にレコードで修正されている場合、システムは修正のためにデータを自動的にロードします。

このようにして作成されたEUVAT修正は、税務署に送信できます。出荷はシステムから行うことができます-修正をマークし、SEND / EXPORT»SENDOFFICEオプションを使用するだけです。確実な出荷後、EU VATを修正すると、緑色の封筒が表示され、UPOをダウンロードできるようになります。